仕事を遅れない様にするコツ。仕事を納期までに終わらせよう

最終更新日:2016年8月26日

仕事が遅れてしまうと、自分だけでなく人に迷惑をかけてしまったりします。

仕事を期日以内に仕上げることは、働く人間のマナーとも呼べるのです。

仕事を遅れないようにする方法を知って、自分の仕事のやり方に活かしてみませんか。

そうすれば、きっとますます仕事をするのが楽しくなることでしょう。

1.仕事の期限には余裕を持つようにする

仕事を遅れないようにする方法にあるのが、仕事の期限には余裕を持つようにするというものです。

余裕を持って期限を設けることで、より一層クオリティーの高い仕事をすることができるでしょう。

「この仕事は○○日でできる」と思っても、必ず数日余裕を持つようにしましょう。

自分ではできると思っていても、何があるかは分かりません。

こちらは万全の状態であっても、たまたま取引先からの返事が遅く、それによってスタートが遅れてしまうこともあったりします。

それだけでなく、自分が体調を崩してしまうことだってあります。

そういう時、予備の日を数日とっておけば、そこで遅れを取り返すことができるかもしれません。

仕事を遅れないようにするには、ともかく余裕を持つようにするのが一番大切です。

スケジュールが狂ってしまって慌てないように、必ず仕事の期限には余裕を設けるようにしましょう。


2.仕事量を把握して優先順位をつける

仕事を遅れないようにする方法として、仕事量を把握すること、そして優先順位をつけることがあります。

それが仕事を遅れないようにするには、とても大切なことだからです。

今自分が抱え込んでいる仕事の量を確認して、どの位のペースで仕事を進めればいいのか、それをきちんと判断しましょう。

そしてどの仕事の期限が早いか、また重要な仕事はどれか、そういったことも把握します。

そうすれば、どの仕事を片づけるのがいいのか、そのことがはっきりと分かります。

うっかりして納期の迫った仕事に手をつけていなかったなんて、ミスを起こすこともなくなるでしょう。

優先順位をつけることは、仕事の能率アップをはかることにも繋がります。

ただダラダラと仕事をするのではなく、メリハリをつけることもできるようになるはずです。

「どの仕事をいつまでにするのか」「どの仕事が重要か」そこにポイントを置いて、しっかりと仕事に対して優先順位をつけるようにしましょう。


3.時には上司にチェックしてもらうことを心がける

仕事を遅れないようにする方法、それは時には上司に仕事の内容をチェックしてもらうことです。

特に慣れていない仕事なら、ミスをしていないか、方向性に間違いがないか、定期的にチェックしてもらうのがオススメです。

まだ不慣れなのに、一人ですべて抱え込んでしまうと、万が一間違えていても気がつかなかったりします。

自分では仕事が完成したと思っても、実は全然ダメだったりして、もう一度やり直しになってしまうこともあるでしょう。

そうなると、モチベーションも下がってしまいますし、何よりも期限に間に合わなかったりします。

それを避けるためには、時々上司や先輩などに、チェックしてもらう方が確実に仕事を仕上げることができます。

また、職場の上司に定期的に報告を入れることもできるので、上司から見ても安心と言えるでしょう。

上司としても、きちんと仕事を進めているか、気になることもあるはずです。

そういう心配を払しょくして、よりよいコミュニケーションを築くこともできるので、場合によっては時々上司にチェックしてもらうことを心がけましょう。

分からないことは、どんどん聞くようにしてみるのです。

そうすれば、仕事を遅らせることもなく、上司や先輩とミスコミュニケーションしてしまうことがなくなり、まさに一石二鳥となるでしょう。


4.毎日少しずつ仕事を多めに片づけるようにする

仕事を遅れないようにする方法で、ぜひ取り組みたいのが「毎日少しずつ、仕事を多めに片づけるようにする」という方法です。

毎日ほんの少しでも先に進めておけば、意外と仕事は早く終わってしまうはずです。

そうすることで、仕事を遅らせてしまうことはなくなるでしょう。

一日30分だけ残業をしてみるとか、ほんの少しの努力を続けてみるのです。

ちょっとだけプラスして仕事をしても、それほど負担になることはありません。

思った以上にサクサクと仕事が進んでしまって、十分余裕を持って仕事を終わらせることができるようになるはずです。

仕事を少しだけでも前倒しして進めてしまえば、仕事の期限まで十分余裕を持って完成させることができるでしょう。

そうすることで、仕事を遅らせてしまって、周りの人に迷惑をかけることもなくなります。

ほんの少しだけ仕事を多めに片づけることは、誰にでもできて、しかも効果が大きい方法です。

仕事を遅れないようにしよう

仕事を遅れないようにする方法は、どれもそれほど難しいことではありません。

ほんの少し意識して、きちんと仕事に取り組めば、きっと遅れてしまうなんてことにはならないでしょう。

仕事を遅らせないようにするために大切なのは、仕事に対してしっかりと向き合う気持ちなのかもしれませんね。