自然な気配りができる人になる方法とは。周囲へ気遣いができるようになろう

仕事/ビジネス 友達との付き合い方最終更新日:2018年4月27日

気配りができる人とそうでない人、その違いはどこから来てしまうのでしょうか。

周りの人にナチュラルに気を配ることができる人というのは、とても素敵でそばにいてほしい人となります。

自然な気配りがでいるようになる方法を知って、もっとスムーズな人間関係になるようにしてみましょう。

1.まずは周りの様子をよく観察する

自然な気配りができるようになる方法とは、まずは「周囲の様子をよく観察する」ことです。

そうすれば、自分がどうすればいいのか、周りの人の手助けになるのはどういうことか、それを知ることができるでしょう。

気配りとは、まさに自分の周りに「気を配る」ということです。

周囲の人は今どういう状態なのか、それをつかむようにしていくようにすれば、段々と自然に気配りができるようになります。

職場の様子を観察していたら、皆大変忙しそうだなんてことが分かったら、さりげなく「お手伝いすることはありませんか」と声をかけてみるようにしましょう。

お客様がいらしたなら、誰かがやる前に来客用のお茶を入れるようにしてみましょう。

そうやって周りの様子を見ることによって、ナチュラルな形で気を配ることができるようになるでしょう。

2.「相手が何を求めているのか」を考えてみる

自然な気配りができるようになる方法で大切なポイントとなるのが「相手が何を求めているのか」を考えてみることです。

そうすれば、相手が望んでいることをサポートしてあげることができて、きっと喜んでもらうことができるでしょう。

明日の会議の準備で何だかバタバタしている人がいるなら、その人がこれから何をするのかを想像してみましょう。

「会議に使う資料をコピーする」ということが察せられたら、コピー機の周りに必要な分のコピー用紙を置いておいてあげることができます。

そうすれば、その人は何度も自分で在庫のあるスペースまでコピー用紙を取りにいく必要がなくなり、作業がはかどるでしょう。

そうやって、相手が「これをしてほしい」というものを考えてみることで、まさに「かゆいところに手が届く」というような気配りをすることができます。

最初はその気配りに相手は気が付かずに「たまたまコピー用紙が置いてあった」と思ってしまうかもしれませんが、何回かそういうことが続くうちに、こちらのさりげない気配りを感じて、きっと喜んでくれることでしょう。

3.身近にいる「気配りができる人」をお手本にしてみる

自然な気配りができるようになる方法には「気配りができる人」をお手本にしてみるという方法があります。

そういう人をじっくりと観察することで「自然な気配りをするためのポイント」を知ることができるでしょう。

自然な気配りをすることができる人は、ただひたすらに気を配っているわけではないはずです。

周りの様子をきちんと把握していて、絶妙なタイミングで手助けする言葉をかけていたりします。

そういうものを学ばせてもらうために、身近にいる「気配りができる人」を参考にしてみましょう。

そうすれば、自分が気をまわしたつもりでも、それが押しつけがましくなっていたなんて事態を回避することができるでしょう。

「あの人って気が利くなあ」とか「自然な気配りが上手だな」と思った時、どうしてそう思ったのかをしっかり覚えておきましょう。

そうやって気配り上手な人を見習うようにしていけば、段々と自然な気配りができるようになるでしょう。

4.「人が嫌がること」にも目を向けるようにする

自然な気配りができるようになる方法の一つには「人が嫌がること」に目を向けるということがあります。

人がやりたがらないこと、面倒くさいと思うことを率先してやるようにすれば、自然な形で気配りをすることができるでしょう。

来客が来た後、応接室を片付けなくてはいけないということが分かっていても、実はみんな面倒だと思っていて、見てみぬふりをしていることがあります。

そしてそのうち本当に忘れてしまったりします。

そういう時こそ、面倒だとは思わずに、率先して片付けをするようにしましょう。

周りの人は応接室を片付けてもらったことには気が付かないかもしれません。

しかし、次に来客がいらした時、再び応接室にすぐに案内できるので「あ、誰かが(または○○さんが)片づけてくれたんだな」と感謝してくれることでしょう。

人が嫌がること、面倒くさいことは、周囲の人もどうしても見落としがちです。

そういうことにあえて目を向けることで、もっと自然な形で気配りをすることができるようになるでしょう。

5.気配りをする時には「大げさ」に声をかけたりしない

自然な気配りができるようになる方法として、しっかりと覚えておきたいのは「大げさにしない」ということです。

気配りをしようとする心構えは大切ですが、あからさまに「気を配っていますよ」という態度をとってしまうと「自然な気配り」どころか鬱陶しい態度となってしまうからです。

気配りをする時には、相手にはそっと声をかけるようにしてみましょう。

そうしないと、もしかしたら言われた方は「周りの人に知られたくなかった」と思ってこちらの気配りを鬱陶しく感じてしまうかもしれないからです。

「残業大変そうだね、良ければ手伝うわね」と声をかけられたらありがたいですが、近くにいる上司に「仕事が終わっていない状態」を知られてしまって、気まずい思いをしているなんてことになりかねません。

気配りをするなら、周りの誰にも気が付かれないようにすること、そこを意識することで、自然な気配りができるようになります。

そしてそういう人は、知らず知らずのうちに周りの人から尊敬されるようになるでしょう。

気配りをする時こそ、黙ってそっと行うそれを心がけることで、自然な形で回りをヘルプすることができます。

そういう人こそ、まさに「自然な気配りができる人」と言えるでしょう。

自然な気配りができる人になろう

自然な気配りができる人というのは、相手の気持ちを考えてあげることができる人、そして周りの状況が読める人です。

だから、周りのペースを乱さないでさりげなくナチュラルに周囲をサポートすることができます。

気配りをする本当の意味とはどういうものか、それを考えてみることで、今まで以上に周りの人に配慮することができるようになるでしょう。

 

    「自然な気配りができる人になる方法とは。周囲へ気遣いができるようになろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。