職場で「女だから」と見下されない様にする方法。社内で味方を沢山作ろう

仕事/ビジネス最終更新日:2019年2月23日
仕事で頑張る女性

女性が社会に出てそれなりの役職やキャリアに就くことは今や当たり前になってきました。

男性と同じように認められ重要な仕事も任されるようになってきています。

しかし職場で目立つと未だに古い考えの男性などから「女のくせに」なんて陰口を叩かれることもあります。

そこで今回は、仕事で活躍する女性が職場で見下されたりしないようにする方法をご紹介します。

1.他の人を頼ることで神保を得る

職場で見下されないようにするには、やはり仕事で成果を出すことが大切です。

だからと言って、肩肘を張りすぎてはいけません。

あなたは女性だから甘く評価されているなどと思われない様に既に沢山頑張っているかと思います。

しかしあまりに頑張り過ぎると、周囲から引かれてしまうことがあります。

また、何でも自分でこなし、自分で処理をしていくと長続きはしません。

たまには手の空いている後輩などに手伝ってもらいましょう。

頼ることで、後輩とのコミュニケーションも深まるはずです。

一人で抱えると何でも自分の手柄にしたいガツガツ女子のイメージがついてしまいます。

たまには後輩や同僚に頼ることで人望を集められる様になります。

その結果、職場で見下されることはなくなっていきます。

それでも陰口で「女だから」と言う男性もいるかもしれません。

けれどその時点では自分の味方が多くいるはずですので、その陰口も見逃さず、あなたの代わりに指摘してくれます。

2.旅行や出張時にはお土産を忘れずに一人ひとりに配る

見下されない環境を作るためには、味方を多くすることが大切です。

特に仕事は自分一人では完結しません。

コミュニケーションを取りながら仕事が出来る環境を作るには、やはり女性としてのパワーは大切です。

あまり媚びる必要はありませんが、男性では気が付かない細かな事に気をつけましょう。

その一つとして旅行などで出かけたときはお土産を買ってくるようにしましょう。

仕事ができて気も配れる女性は、職場で人望を集めます。

特にお土産を配る時には、お土産置き場などに置くのではなく一人ひとりに手渡ししましょう。

そうすることで、コミュニケーションをとることができ相手と親密さを増すことができます。

3.職場仲間との交流も大切にする

仕事だけ頑張っても見下されてしまうケースがあります。

見下す理由は、仕事でしか関係性がないからかもしれません。

これを避けるためには、面倒でも仕事終わりに職場の人と飲む機会を作りましょう。

仕事一筋でプライベートを謎にしておくと「女と舐められたくないから必死に仕事ばかりしてる」なんて陰口を叩かれてしまう可能性もあります。

仕事以外の場で肩の力を抜いた姿を見せてあげましょう。

すると相手も警戒心を解いてくれます。

そして交流を重ねることで、職場で見下されることをなくすことができます。

4.見下してくる人物をホメる

職場で女性を見下してくる人物は、職場における女性を敵だと認識しています。

そのため、敵ではないことを示していく必要があります。

手っ取り早い方法は、相手をホメることです。

その人の仕事振りをホメることで、彼に警戒心を解いてもらいましょう。

この時は少し大げさでも良いので、とにかく褒めちぎります。

そしてその話が、相手の耳に入るように仕向けます。

敵対する関係ではなく、あくまでも同僚であり一緒に仕事をする仲間だと認識してもらうのです。

そうすることで、彼は見下すという行為をしなくなります。

職場で味方を多くつけることが、見下されなくなる一番の方法

女性が職場で見下される理由は、男性の仕事を奪う敵だと思われているからです。

そのため、敵ではなく味方であると認識させていきましょう。

味方になる人が増えていけば、職場で誰もあなたのことを見下す人はいなくなります。

 

    「職場で「女だから」と見下されない様にする方法。社内で味方を沢山作ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。