職場で「女だから」と見下されない様にするために身につけたい、仕事上の心得

仕事/ビジネス最終更新日:2014年9月21日
仕事で頑張る女性

女性が社会に出てそれなりの役職やキャリアに就くことは
今や当たり前になってきました。

男性と同じように認められ重要な仕事も任されるようになり
働きやすくなった代わりに本来の女性として求められる部分は
どこかに封印してしまったような女性も多くなってきたように思います。

また、職場で目立つと未だに古い考えの男性などから「女のくせに」なんて陰口を叩かれることも。

そこで今回は、仕事で活躍する女性が
職場で見下されたりしないようにする方法についてご紹介します。

1.肩肘をはりすぎないでたまには甘える姿を見せる

職場で見下されないようにするには
女性の場合はやはり仕事が出来る事でしょう。

女性だから甘く評価されているのでは、などと思われることは一番耐えられないことですし
そう見えない様に頑張っているのかと思います。

しかしあまりに頑張り過ぎると、周囲からひかれてしまうなんてこともあるかもしれません。

何でも自分でこなし、自分で処理をしていくと
長続きはしません。

たまには、手の空いている後輩などに手伝ってもらってはいかがでしょう。
○○さんに頼られた!と後輩とのコミュニケーションも深まるはずです。
一人で抱えると何でも自分の手柄にしたいガツガツ女子のイメージがついてしまいますので
たまには後輩や同僚に頼ることで人望を集めることが出来るようになります。

2.旅行や何処かに行った時はお土産を忘れずに配る

職場環境はとても大切です。

自分一人では仕事はこなせないのですから
コミュニケーションを取りながら仕事が出来る環境を作るには
やはり女性の力は大切です。

あまり媚びる必要はありませんが、
男性では気が付かない細かな事に気を付ける事は大事でしょう。

その一つとして旅行などで出かけたときはお土産を買ってくるようにしましょう。

リラックスしてたまには皆の為にお茶を煎れるのも良いかもしれませんね。
仕事も出来て気配りも出来る女性は職場ではポイントがとても高いのです。

3.職場仲間との交流も大切に

職場では思い切り仕事をして、仕事に対してば厳しくても当然です。
敵も作ってしまう事も否めないでしょう。

けれど、たまには仕事場以外のところで同僚や先輩や後輩たちとの交流をするのも大切です。
○○さんて仕事以外興味のない人なのかも?
なんて言われたのでは悲しすぎますし「女と舐められたくないから必死に仕事ばかりしてる」なんて陰口を叩かれてしまう可能性もあります。

仕事場意外だと肩の力も抜けて普段話せないことなども話せ打ち解けられることがあいrます。
あくまでも仕事仲間ですので節度を持った振る舞いをすることは忘れてはいけませんが、
ユーモアがあって仕事が出来る女性は皆から慕われ、見下されたりしなくなります。

女性が活躍をして目立つと、よく思わない古い人がまだ沢山います。
しかしそんな偏見に負けずに頑張っていきたいところですね。

 

    「職場で「女だから」と見下されない様にするために身につけたい、仕事上の心得」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。