「腹立つ」が口癖の人の心理や性格とは

最終更新日:2017年4月1日

自分の周りに「腹立つ」が口癖の人がいると、ちょっと近寄りがたい存在ですよね。

腹が立って機嫌が悪ければ、機嫌が悪いのが自分に飛び火するかもしれません。

そこで「腹立つ」が口癖の人の心理についてご紹介します。

1.ちょっとでも自分に嫌なことがあるとき

「腹立つ」と言えば相当なストレスが溜まっていて、許せないくらいに腹が立っていることを想像しますよね。

しかし「腹立つ」を口癖のように言っている人は、それほど大きなことでなくても、ちょっとでも嫌なことがあれば「腹立つ」と口癖で言ってしまいます。

「腹立つ」とは自分が怒っているということをストレートに相手に伝えられる言葉なので、自分の気持を相手にはっきり言いたいと思っています。

しかし「腹立つ」の程度については考えていないので、腹が立つこともちょっとだけ嫌なことがあったことも、同じように「腹立つ」と言ってしまいます。

普段から「腹立つ」を口癖のように言っている人ならば、自分にとってちょっと嫌なことがあった時でも言ってしまうので、それほど気にすることもないでしょう。

もしも本気で腹が立つことがあれば、表情から伺い知ることができるはずです。

2.納得できない

仕事やプライベートでは自分の納得できないことも多いですが、自分の気持をストレートに表現したい人がすぐに「腹立つ」と言ってしまいます。

心理としては納得できないので、誰かに聞いてもらって自分の意見に賛同してくれる人を求めているのです。

「腹立つ」と言えば大抵の人は「どうしたの?」と話を聞いてくれるでしょう。

仲が良い人ならば当然話を聞いてくれるので、自分が納得できないことを聞いてもらいたいと思っています。

どうしても自分では納得できずに受け入れられないことでも、いずれは納得しなければならないことは分かっています。

しかし自分が納得していない気持を誰かに知ってもらいたいと思っているので、口癖として「腹立つ」と言ってしまいます。

3.口に出すことで落ち着こうとしている

「腹立つ」と言えば自分が納得できなことや嫌なことがあっても、少しはストレス発散することができますよね。

自分が思っていることを声に出して言うことは、ストレス発散にも効果的です。

嫌なことや納得できないことがあった時に、自分の気持に素直になって「腹立つ」と口に出すことで、少しでもストレス発散をして落ち着こうとしています。

口癖のように「腹立つ」を言う人は、自分にとって嫌なことが連続して起きているのかもしれません。

特に職場では自分が嫌なことでもやらなければいけないので、腹が立つと思うことも多々あるでしょう。

黙々と仕事をしていてもストレスが溜まる一方なので、自分なりに「腹立つ」と言葉にすることで、ストレスを軽減しようとしています。

周りの人からは機嫌が悪いと思われてしまいますが、腹が立つことでもやらなければいけないことは理解しているので、あまり気にすることもないでしょう。

4.自分の気持を分かってもらいたい

誰でも納得しないことや理不尽なことが起きた時には、誰かに聞いてもらいと思いますよね。

「腹立つ」が口癖の人の心理としては、自分の気持を誰かに聞いてもらいという心理が働いているのです。

しかもただ聞いてもらうだけではなく、自分の気持を理解してもらいたいと願っています。

「腹立つ」が口癖の人はかなりのストレスを受けていることが予想されるので、普段からの愚痴も溜まっているでしょう。

自分なりにストレス発散をしているつもりですが、それでも理不尽なことに対しては簡単に納得することはできません。

誰にも頼れない時にはつい「腹立つ」と言葉に出してしまいますが、心の中では誰かにこの気持ちを分かってもらいたいと願っているのです。

5.思い通りにうまくいかない

自分の思い通りに何でもできれば、これほど楽しいことはないですよね。

仕事で自分の思い通りにできればいいのですが、実際には逆でうまくいかないことの方が多いでしょう。

プライベートでも同じで大変なことは多いですが、それでも何とか生活している人も多々います。

「腹立つ」が口癖の人は自分が思い描いと通りにうまくいかないので、つい言葉に出してしまいます。

思い通りにいかないことが多いと、だんだんとストレスが溜まっていきます。

するとちょっとしたことでもすぐに怒ってしまうこともあるので、自分でも平常心ではないことに気づくはずです。

思い通りにいかないことが多くなると、ストレスから口癖で「腹立つ」と言ってしまいます。

ストレスが溜まるほど感情的になってしまうので、周りの人を気にせず「腹立つ」と言ってしまいます。

うまくいく時もあればうまくいかない時もあるので、自分なりに冷静になる努力をする必要があります。

腹立つが口癖になると腹立つことばかり起こる

「腹立つ」と口癖で言ってしまう人の心理としては、自分の気持を相手に伝えたいと思っていることが多いです。

またストレスが溜まっていることも多いので、自分だけでなく周囲の人にも協力してもらって落ち着きを取り戻しましょう。

「腹立つ」が口癖になると本当に悪いことばかり起こるので、早く口癖を止めることをオススメします。