「なんだろう」が口癖の人の心理や性格とは

最終更新日:2017年3月29日

「なんだろう」が口癖の人は、自分の言葉でうまく表現できないことが多くなります。

しかし自分の考えがまとまっていないのは分かりますが、伝えようとする気持ちはしっかりと伝わってきますよね。

そんな「なんだろう」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.モヤモヤした気持ちを伝えたい

「なんだろう」が口癖の人は、自分の気持をなかなかうまく表現できないことが多いです。

誰でも相手に伝えたいことが伝わらない時に、モヤモヤした気持ちになりますよね。

そんなモヤモヤした気持ちの状態を相手に分かってもらいたいという気持ちから「なんだろう」とつい言ってしまいます。

自分の気持を相手に伝えるのは簡単なようで難しく、言葉のニュアンスによってはまったく違った意味になってしまうこともあります。

「なんだろう」は自分の中にあるモヤモヤした気持ちを、そのままストレートに伝えたいという心理から「なんだろう」が口癖となっているのです。

2.自分でもよく理解できてない

「なんだろう」は自分でも理解できないことに対して使いますが、分からないなりに自分で理解しようとしますよね。

「なんだろう」が口癖の人の心理として、自分でもよく理解できていないことを相手に伝える時に、保険をかけておきたいという心理が働きます。

自分でもよく理解していないことに対して、自分が言った言葉によってトラブルになってしまうと大変ですよね。

「なんだろう」と付け加えることによって、自分でもしっかりと理解していないことを相手に伝えることができます。

よく理解していないがとりあえず自分の意見を言うために「なんだろう」を保険として利用しています。

自分の発言に対して反論があった時でも「なんだろう」と言っていれば自分もよく理解していないので、よく分からないと逃げることもできますよね。

自分が理解していなくて自信がない時の保険として使うため「なんだろう」が口癖となっているのです。

3.適当な言葉が見つからない

自分の中ではある程度考えがまとまっているのに、そのことを相手にそのまましっかりと伝えるのは大変なことですよね。

「なんだろう」が口癖の人は、自分の言葉を的確に相手に伝えたいという心理から、適当な言葉が見つからない時に言ってしまいます。

適当な言葉が見つからないと、どうしても自分の伝えたいことがしっかりと伝えられないと考えてしまいます。

ニュアンスの近い言葉や代わりの言葉を探すことで、ある程度の自分の考えを伝えることはできます。

普段の会話の中でもよくあることで、思い出せない単語があっても違うニュアンスで相手に伝えることがありますよね。

しかし「なんだろう」が口癖の人はニュアンスの近い言葉ではなく、適切で適当な言葉でしっかりと相手に伝えたいと思っています。

「なんだろう」は考えたり悩んでいるように捉えられるので、相手にもしっかりと考えてから話をしたいのだと言うことが伝わります。

4.自分の気持をうまく表現できない

自分の気持をストレートに相手に伝えたい時に、どんな言葉を使えばいいか思いつかないこともありますよね。

言葉によってはニュアンスが大きく変わってくるので、自分が言いたいことと実際に相手に伝わることが違ってくることもあります。

恋愛においては相手に自分の気持を伝えたい時に、なかなかうまく伝えられないことは多々あります。

単純に好きだけを伝えるのではなく、好きな人には今の自分の気持を伝えたいと思いますよね。

恋愛の結末は誰にも分かりませんが、自分が伝えたいことを全部伝えられれば後悔することはありません。

しかしどうしてもうまく自分の気持を伝えられないこともあるので、つい「なんだろう」と口癖のように言ってしまいます。

伝えたいのにうまく気持ちを表現できる言葉が見つからないと、伝えられないモヤモヤ感と焦りの気持が出てきます。

「なんだろう」が口癖の人は自分の言葉をうまく表現できない人なので、言葉に重みがあるとも言えます。

5.相手にどうにかして伝えたいと思っている

自分の気持を相手に伝えたいのに伝わらない時、だんだんと焦りの気持が大きくなっていきますよね。

焦るほどどうすればいいか分からず「なんだろう」と口走ってしまいます。

「なんだろう」が口癖の人の心理として、相手にどうしても伝えたいという強い気持ちを持っている心理の現れです。

適当な言葉で伝えてもいいのですが、的確に伝えたいという気持ちの強さから、自分の頭の中にある言葉をフル回転して探しています。

相手にどうしても伝えたいという心理から「なんだろう」が口癖になってしまいますが、それだけしっかりと相手に伝えたいという気持ちの表れです。

「なんだろう」が口癖の人の心理を知ろう

「なんだろう」が口癖の人の心理として、自分でもうまく表現できないことが分かっているが、しっかりと気持ちを伝えたいという心理が働いています。

そのためしっかりと考えて適切な言葉を選んで話をするので、言葉に重みと深みがあります。

「なんだろう」と悩んでから話す人は、自分の考えを的確に相手に伝えたいという気持ちが強い人なのかもしれません。