「もうやだ」が口癖の人の心理とは。近づかない方が無難

最終更新日:2017年4月1日

自分の周りに「もうやだ」が口癖になっている人はいれば、あまり近づきたいとは思いませんよね。

用事を頼んでも断られたり、いつも不機嫌でピリピリしていることも多いので、近づきにくいこともあります。

そこで「もうやだ」が口癖の人の心理についてご紹介します。

1.疲れが溜まっている

人は疲れが溜まってくると何もしたくないものですよね。

普通の仕事をしていたとしても、プライベートな時間で体力を消耗していれば、疲れもかなり溜まっているはずです。

疲れている時はなにもしたくないと思うのと同時に、人に対して攻撃的になることもあります。

新たな仕事を頼もうとしても、疲れが溜まっているので「もうやだ」と言って断れることもあります。

頼んだ人はいきなり「もうやだ」と言われても戸惑ってしまいますが、本人としては疲れが溜まっているので、仕事をしたくないという意思を表したのでしょう。

「もうやだ」が口癖の人は疲れがたまっている人が多く、精神的にも追いつめられていることも多いです。

何か手伝えることがあればサポートしてあげることも必要かもしれません。

2.大変な思いをしたくない

何か大変なことを頼まれた時に、誰でも嫌だと思うことはありますよね。

しかも頼む側としてはできるだけ頼みやすい人にお願いしようとします。

一方頼まれやすい人は頻繁にいろいろと用事を頼まれることが多いので、常に余裕がなくなっていきます。

それでも仕事だからと思ってやったり、元々お人好しな性格の人は頼まれたことをしっかりとやり遂げるでしょう。

だからこそ信頼できる人として、何度も頼まれるようになっていきます。

すると頼まれることが多くなる分、どんどん自分が大変な思いをするので、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

「もうやだ」が口癖なのはそういったストレスが原因で、これ以上大変な思いをしたくないと思っているのかもしれません。

頼まれやすい人にとっては、なかなか断れないことから「もうやだ」という心の声が出てしまうのでしょう。

3.精神的に余裕がない

精神的に余裕がある人はポジティブ思考な人が多いですが、余裕のない人はネガティブ思考になりやすいです。

「もうやだ」はネガティブな言葉ですし、相手に対してはっきりと否定した言葉を投げかけています。

自分の気持をはっきりと伝えているとも言えますが、それほどはっきりと伝えなければストレスが溜まり続けてしまうという思いがあるのでしょう。

精神的に余裕がないからこそ我慢することができずに、つい「もうやだ」と言ってしまいます。

口癖になるくらい言ってしまうのは、相当なストレスが溜まっていると言えるでしょう。

4.自分の大変さを理解してくれないことへの不満

人は誰でも自分のことを重宝してくれり大切にしてくれていると、嬉しくなるものですよね。

しかし頼られ過ぎるのも困りもので、頻繁に頼られるとかなりの重荷になってしまうので、自分だけが大変な思いをすることになります。

自分が大変な思いをしているのにも関わらず、他の人が自分の大変さに気づいてくれない時には、相当なストレスが溜まります。

「もうやだ」が口癖になっている人は、自分の大変さを周囲の人が理解していないという事への不満が募っているのです。

大変さに気づいて欲しいという思いから「もうやだ」と言って相手に同情してもらいたいという心理が働いているのかもしれません。

5.相手のことが放っておけない

「もうやだ」と言う言葉には相当なストレスを感じていることが分かりますが、言い方によっては仕方がないという思いも込められています。

「もうやだ」とはっきり強く断定すれば、本気で嫌だということを相手に伝えたいという意思が分かります。

しかし「もうやだ」と軽く言えば、言葉では嫌だと思っていても、内心では放っておけないので仕方がないなという思いが込められています。

「もうやだ」が口癖になっている人に例えば物を頼むときに、はっきりと強く断定されれば以後は頼みごとはしないようになるでしょう。

しかし優しい口調で「もうやだ」と言われれば、仕方なくやってくれるという確信があるので、何度も頼みたくなってしまいます。

言葉では否定的なことを言っていても、どうせやらなければいけないことだと諦めているのかもしれません。

いずれにしても相手のことを放っておけない性格なので、何とかしてあげたいという心理が働いているのです。

「もうやだ」が口癖の人は余裕がないので近づかない方が無難

「もうやだ」が口癖の人は多くの場合が、自分に余裕がない状態を表していると考えられます。

余裕があれば素直に受ければいいのに、否定的な言葉を使うのはやらなければいけないと分かっているので、せめてもの抵抗なのかもしれません。

例え仕事を頼んだ時にやってくれたとしても「もうやだ」が口癖の人にはストレスが溜まっていることも考えられるので、あまり近づかない方が無難です。