睡眠不足による悪影響5つ。肌荒れや生理の遅れなど

最終更新日:2016年4月12日

ただでさえ忙しい毎日でついつい夜更かしが続いてしまうと、身体に様々な悪影響がおこってしまうのをご存知ですか?実は睡眠不足により起こる悪影響は思ったより多いのです。

今身体に起こっている不調も睡眠不足のせいかもしれません。

1.肌が荒れる

多くの女性が一度は経験がある寝不足による肌荒れです。

夜にしっかり寝ていないことにより、肌の調子を整えるホルモンの分泌が乱れ肌があれてしまいがちです。

特に22時から2時ごろが美肌のゴールデンタイムとも言われています。

なんだか最近肌がカサカサしていたりニキビが治らないという場合は睡眠状況を見直す必要があります。

また寝不足の人に多く見られるクマも中々治りません。

見た目にも不健康そうに見えますよね。

高い化粧水などを使うおよりもしっかりと睡眠をとるほうが早く肌の状態をよくすることができるかもしれません。

寝ようと思っても中々寝付くことができない人は、なるべく運動をするようにしたりお風呂では湯船にしっかりつかるようにすれば、血行がよくなり夜も寝つきやすくなります。

運動をする時間があまりとれない場合はストレッチをするだけでも多少は違いますよ。


2.肥満になりやすい

海外の研究でも検証がされていますが、睡眠不足の人は肥満になりやすいというデータがあります。

睡眠不足が続くと、満腹中枢が正常に機能しなくなりいくら食べてもお腹いっぱいになりにくくなります。

そのため日中に食べても食べても何だか物足りないという気持ちになってしまいます。

しかも、夜中に起きていることによりその時間帯にも食べたくなってしまい、一番食べるタイミングとしては最悪の時間に食事をしてしまう可能性もあります。

睡眠中は脂肪の燃焼も抑えられていますので寝る直前に食べたものはそのまま身体に吸収されてしまいます。

そういった乱れた食生活が続くことにより肥満のみならず様々な病気も引き起こしてしまう可能性もあります。

健康的なダイエットを意識しているのであればまず睡眠時間の確保を心がけるようにしたいですね。


3.感情が不安定になる

睡眠不足が続くと訳もなくなんだかイライラしてしまうことがありませんか。

睡眠不足だと脳もゆっくりと休むことができなくなり、ちょっとしたことでも怒りっぽくなってしまいます。

やる気もでないので毎日生活することがおっくうになってしまったり、ひどい場合にはうつ等の精神的な病気になってしまったりとかなり深刻な悪影響も及ぼしてしまいます。

訳もなくイライラされていては周りにとっても迷惑な話ですし、人間関係にも悪影響を与えかねません。

また脳が休まらないことにより記憶力や集中力も低下してしまうということがわかっています。

よく夜通し勉強して覚えようとする学生さんも多いですが、睡眠をとることにより脳に必要な情報が書き込まれるとも言われていますのであまり効果的な勉強方法とは言えないようです。

夜の間はしっかりと寝て、朝早めに起きて勉強したほうが記憶には残りやすいのです。


4.生理周期が乱れる

睡眠不足によるホルモンの影響で生理周期が乱れ、ひどい生理不順になってしまうこともあります。

女性にとって生理周期はとても大切なものですよね。

生理が遅れがちになってしまったりひどい場合には生理が長期間こなくなってしまいます。

若いうちは生理周期は自然にも乱れがちですが、20歳を過ぎても生理が落ち着かない場合は睡眠不足のせいかもしれません。

しかし睡眠をとっても変化がない場合は婦人科で診てもらう必要があります。

また妊娠したいと思っている女性にとって生理周期が乱れているということは中々妊娠しずらくなる原因でもあります。

生理が乱れるということは排卵も乱れているということなので子づくりのタイミングがとりづらくなってしまいます。

これから妊活を考えている人はまず自身の睡眠状態の見直しが必要です。


5.免疫力が落ちる

睡眠不足が続くことにより、身体への負担も大きくなり知らず知らずのうちにストレスがたまりがちになってしまい身体も免疫力が落ちてしまいます。

結果的に風邪をひきやすくなったり病気がちになってしまいますし、それでも寝不足が続く場合は完治するのも遅くなってしまうでしょう。

特に季節の変わり目に流行る感染症にもかかりやすくなったりします。

また寝不足により脳卒中などの恐ろしい病気にかかるリスクも上がってしまうというデータもあります。

ストレスがたまってしまうことにより身体そのものの老化も早まってしまい、疲れやすくなったり健康的な生活が送れなくなってしまいます。

睡眠不足による悪影響は沢山ある

人間の生活にとって欠かせないもののひとつである睡眠は、不足することで思っている以上に身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

現在寝不足が続いているという人はできるだけ余裕のある生活を心掛けて睡眠時間の確保をしたいですね。

しかしどうしても寝付けなかったり深刻な状態だと感じられる場合は無理をせず病院で相談してみましょう。