好きな人を怒らせた時の対処法。まず誠意を持って謝罪をしよう

最終更新日:2015年12月8日

好きな人を怒らせてしまうと、非常に焦りますし悲しい気持ちになりますよね。

片思いをしているとき、相手にできるだけいい印象を持ってもらいたいですし、できれば振り向いてほしいと思うのが普通です。

それでも空回りをしてしまったりして相手を怒らせてしまったり不快な思いをさせてしまったら恋も後進してしまうかもしれません。

そこで今回は好きな人を怒らせた時の対処法をご紹介します。

1.メールやLINEで即刻謝罪する

片思いの好きな人を怒らせてしまったと感じた時、直接会って謝るのにどうやって誘おうか迷ってしまったりなかなか会うまでに時間がかかってしまう可能性もあります。

そんな時に便利なのは「メール」などの文書です。

最近ではLINEなどのチャットアプリを使っている人が多いようなのでそれが便利なのであればLINEでも構いません。

怒らせてしまったなと思ったらまずはメール・LINEなどで素早く謝ってしまいましょう。

「さっきは、あんなこと言ってしまってごめんなさい」「先ほどは怒らせてごめんなさい」などと言うように謝罪の言葉だけでOKです。

逆言い訳を長々と書いてしまうと彼が面倒だと感じてしまいますし、本当に怒っている場合には火に油を注ぐ結果となってしまうことも…。

まずは迅速に謝罪をし自分が悪いことをした認識があり謝りたいと思っていることを伝えるようにしましょう。


2.直接謝罪をする

謝罪の正義を伝えるのであればやはり直接会って自分の口から謝罪を伝えるのが一番でしょう。

怒らせた理由が野球の話でケンカをしたなど、忘れてしまうような簡単なことであればメールなどで謝罪をした後、次に会うときに「この前はごめんね」と言うくらいで良いかもしれません。

しかし彼を傷つけるような言動や彼の人生を否定するような発言をしてしまうなど、謝罪があっても時間がたたないと彼の怒りが収まらないような大きなケンカをしてしまうこともあります。

その場合は、誠意の伝え方として直接会って目を見て頭を下げて謝罪をするべきでしょう。

深刻な事態の場合はメールなどで謝罪を済ませようとしてしまうと彼の怒りが大きくなったり「重要なこともメールですませる人」「根本的に考えが合わない人」と言ったように片思いの人に嫌われてしまうかもしれません。

3.他の人に相談しない

人の口に戸は立たずと言うことわざがあるように、片思いの人を怒らせてしまって自分の恋に危機が迫ったとき女友達や親友などに相談をしてどうするべきか考えを出すことも多いでしょう。

それでも、万が一その相談していることが彼の耳に伝わってしまったら彼はどんな印象を受けるでしょうか。

謝罪と言うのはそもそも人を通して行うものではありませんし、あなたから彼に謝罪の気持ちを伝える前に他人から伝わってしまうのもあまり良くないでしょう。

さらに、彼に相談した内容などを言ってしまうような人と言うのは何らかの悪意があってあなたの恋を壊そうとしているのかもしれません。

特に職場の同僚などあなたが知らないだけでもしかしたら恋のライバルで、あなたと彼の間で起こったトラブルを糧に彼を奪ってしまおうとしている可能性だって十分に考えられるのです。

そのため、片思いの好きな相手を怒らせてしまったら下手に周りの人に相談をしたりしないことをオススメします。

どうしても助言を受けたいのであれば親や、彼とは全く関係のない学生時代の友達や幼馴染などにとどめておくと良いでしょう。


4.冷静になって彼の気持ちを考える

片思いの相手を怒らせてしまったとき、好きで付き合いたいと思っている相手なのに自分のせいで怒らせてしまい「嫌われてしまうのではないか」と感じるので焦ってしまいますよね。

焦ってしまうと、変に下手に出て謝って「うざい」と感じさせてしまったり言い訳をぐだぐだと並べ立てて論理的に話しているつもりになって彼をあきれさせてしまい、謝ることが裏目に出てしまうこともあるかもしれません。

何よりも一番よくないのは冷静さを欠いた謝罪です。

女性の気持ち本位で謝るのではなく、男性側の気持ちになって物事を冷静に考え、彼がどんな部分に腹を立てておりどのように改善をしてほしいのかなどをしっかりとわかっている上でひとこと「ごめんなさい」と謝罪をしたほうが良いでしょう。

でも、一方的に話してしまうのはNGです。

というのも人によってはひとこと謝罪がきければそのことについては忘れてすっきりしたい人もいるでしょうし、彼も話したい気持ちや謝りたいことなどがあってあなたと話したいと思っているかもしれないからです。

好きな人を怒らせたら謝罪しよう

片思いの彼を怒らせてしまっても慌てずにしっかりとした謝罪をすることでピンチをチャンスに変えることができるのかもしれません。

女性特有の涙を流したり「でも」「だって」を使った言い訳などはしないようにしましょう。