食べること以外の楽しみを見つける方法

最終更新日:2015年8月9日

食べることは楽しく嬉しいことですよね。

しかし、気が付いたら画像フォルダは食べ物の写真だらけ、SNSのトップも食べ物の写真、もちろん、ブログも食べ物のことばかりではちょっと何かがマズイ気がしますよね。

食べること以外の楽しみ方をどうやったら見つけることができるのでしょうか?

1.どんな食べ物やお店が好きなのかを見直してみる

食べることは楽しいことですが、自分は食べることのどこを一番大切にしているのか見つめ直してみてください。

味だけではないはずです。

例えば、沢山のキラキラしたケーキやパフェの中から今日食べる一つを選ぶドキドキ感やどこからスプーンを突き立てようといかという迷い、ラーメンの煮卵を頬張る瞬間、オシャレなカフェの雰囲気などなど。

そこから食べ物を口に入れる意外の楽しい趣味を見つけられるかもしれません。

キレイで美味しそうなスイーツデコに挑戦してみたり、陶芸や絵付けなど大好きな食べ物を乗せるにぴったりなお皿を作るのも楽しそうです。

食べ物の写真を撮るのが好きな人は花や金魚、ガラスの小物などの接写に挑戦してみてはいかがでしょうか?カフェの雰囲気が好きな人は食べることメインではなく、シンプルな飲み物を一つ頼む程度にして、ゆったりと本を読むのも楽しいはずです。


2.自然豊かな食べ物のない場所へと繰り出す

街にいたり、家で暇をしていたりするから美味しそうな食べ物のお店や写真やニュースが気になるのです。

ハイキングや大きめの公園へのレジャーはいかがでしょうか?周りに売店が無い方がいいです。

自分で作ったお弁当とオヤツと水筒だけを持ってハイキングへと行けば、自然と目は話題のお店ではなく、美しい自然へといきます。

友達と広い広場のある公園へ行ってボール遊びに夢中になるのも楽しいはずです。

身体を使っている間は食べ物のことをあまり考えません。

また身体を使ったあとのご飯やオヤツは格別に美味しいはずです。

さらに仲間がいれば言うことなしです。


3.映画を観たり、本を読む

新しく趣味を探すのは億劫だし、急に一緒に遊べる友達もいない時に手っ取り早いのは本や映画です。

本はいつでもどこでも読めます。

楽しい作家やジャンルに出会えれば食べること以外の手軽な楽しみとしてとても良いです。

食べ物を美味しそうに描写している小説やエッセーも多いです。

自分の代わりに登場人物が色々な食べ物を味わっていくのはなかなか満足感のあるものです。

ただ、小説に入り込めないとつまらないし、読みながらいろいろと食べたりしてしまう危険性もあります。

映画は纏まった時間が必要ですが、周りが真っ暗になるので集中してみることができます。

気に行ったら同じ監督や脚本や俳優繋がりでどんどん観るといいでしょう。

また、映画館に行くときはちょっとオシャレしていって、映画の前後にウィンドウショッピングを楽しむのもオススメです。


4.家庭菜園をやってみる

フルーツや野菜が好きなら自分で育てるのはきっと楽しいはずです。

本格的にやる必要はありません。

空いた豆腐のパックに水を張って、食べ終わった豆苗の株を入れておくだけでも始められます。

明るくて暖かい場所なら一週間から二週間でもう一度収穫できます。

オシャレでカワイイ野菜やハーブの栽培セットは雑貨屋さんで沢山売っています。

大根やネギなどの大物もありますが、お椀程度の鉢の大きさでハーブを育てるのはとても簡単です。

毎日成長を見守りながら自分で育てて食べるのはとても楽しいです。

気に行ったら大物の栽培にチャレンジするのもいいでしょう。

葉っぱものは楽ですが、花や実のなるものも面白いです。

オシャレな鉢やジョウロを選べばテンションも上がります。


5.ブログやSNSに食べ物について書かないようにする

マイルールでブログやSNSに食べ物について書かないことにしてみるたり、食べ物の写真を上げないようにしてみるのはどうでしょうか?加えて、食べ物以外のことを書いている人の記事やニュースを積極的に見るようにします。

それによって、今日一日は食べ物のこと以外で、どんなことを考え、何が楽しくて、何に興味を持ったのかを見返す習慣が付きます。

興味をもった事柄や人と新しい出会いが待っているかもしれません。

絶対に食べ物について書かないのではなく、週のうち何日かとか、何回に一回はなど、やりやすい頻度から始めましょう。

SNSやブログが楽しめないのなら意味がありません。

食べることが楽しくて、食べるものに興味があることは本来素晴らしいことです。

ただ、食べることだけにしか興味が持てないのは少し、勿体ない気がしてしまいますよね。

食べ物と同じ位好きなものを見つけよう

食べ物は人生の中心です。

だから食べ物から色々なものが繋がっています。

食べることと同じくらい、時にはそれ以上に素敵なものを見つけることができたらいいですね。

気軽にいろいろとチャレンジをしてみましょう。

きっと自分に合った楽しみを見つけることができます。