自分らしく生きる方法。自分らしく生きるためのポイント6つ

最終更新日:2015年9月27日

人は誰でも、表面上の自分を作り上げて接したり生活したりしている時があります。

それは、その時の状況に応じて必要性がある場合と、そうしなければいけない場合、もしくは無理やりの場合などがあります。

自分らしく生きられれば、気持ちも楽ですが、難しいところでもあります。

今回はそんな自分らしく生きたいと思った時にすべきことをご紹介します。

1.善悪を問う

自分らしく生きたいという事は簡単に言えば、自分の思うように生きるという事になります。

自分の中で、何を善しとして、何を悪しとするかを判断する必要があります。

例えば、自分らしく生きる為に必要な事について、それは自分にとってだけでなく、周囲に対しても善い事なのかどうか。

これを判断ミスすると、自分らしさが、ただたんにわがままで強引である事になってしまいます。

やりたい放題といったイメージです。

人は理性と常識を持っているのである程度のところでセーブしながら生きています。

しかし、自分らしさというものが、わがままな強引で身勝手な事柄になってしまうのは悲しい事です。

自分らしく生きるのは周囲などにも迷惑をかけない事が条件です。

それをまず考える事も必要でしょう。


2.リストアップしてみる

自分らしく生きるとは、なにが自分らしい事なのか、色々考えてリストアップしてみるのも良いでしょう。

今まで無理をしていた時などを思い出して、どういう時が自分をつくっていたか、本来の自分ではなかったかといった場面を書き出してみましょう。

そこから、この場合は自分らしくしたらどういう感じになるのか?といった事などが見い出せるはずです。

自分らしく生きたいと思っても、どれが自分らしい事なのかが、意外とわからない人が多いのが現状。

日々、自分をつくっている時がある分、見失う時もあるからです。

まずそれを見つけてみる事が大事です。

3.誇れるものは全面的に出す

自分らしい中で、なにが1番誇れるか。

誇れる事はどんどん表に出していくべきです。

自分らしくというのは、誇れるなにかがあるからこそ、それが自信に繋がり、自分らしく生きようと思えるもの。

簡単にいうと自分のモチベーションを上げる・自分を慰める・解放するといったような事でもありますので、良い事があればある分だけ全面的に出していく事です。

逆に、ネガティブな考えでは、自分らしく生きようと思えないですし、前にも進めません。


4.雑念などは捨てる

余計な雑念は捨てましょう。

辛みや妬みなど、苦しかった事も全て捨てます。

雑念からは良い事は生まれてきません。

自分らしく生きようと思っても、その雑念が邪魔をして、また引き戻されてしまいます。

「病は気から」と昔から言われているように、気持ちというものは、自分を良くもすれば悪くもします。

自分らしく生きようとする事は悪い事ではなく、前向きな良い事です。

余計な気持ちが邪魔をしないように、キレイに捨ててしまいましょう。

5.気持ちを強くする

自分らしく生きるには、貫き通す強い気持ちを持つ事がポイントにもなります。

これが自分らしいと思って始めたとしても、ちょっとした事でブレてしまっては、本当に自分らしかったのか?と迷いも生じてしまいます。

迷いが出ればすべての事に迷いが出てくるでしょう。

そういった事を解消するには、強い精神が必要です。

貫き通すというと、一見頑固と思えてしまいますが、周囲に迷惑がかからない自分の中だけの頑固であれば良いでしょう。

自分らしく生きるというある意味目標も、貫き通す強い意志があれば、ブレたり迷ったりもしません。


6.時間のゆとり

日々仕事におわれて、休む暇もないという人もいるとは思いますが、時間は自分が作り出すもので、時間のゆとりは心を穏やかにしたり、賢明な判断などもでき、全ての人に大切な事です。

時間にゆちろがなければ、自分らしさを引き出す時間が生まれません。

日々の多忙な生活の中でも自分らしさを出せるようになるには、時間を作り出せる力が身についてからこそ、多忙な中でも自分らしさを出せるようになります。

毎日、長時間仕事づめが自分らしいとする人であればそれで良いかと思いますが、そうでない場合であれば、自分の時間・ゆとりの時間を数分間でもいいので作ってみましょう。

自分らしく生きていこう

人は誰でも心の中では、自分らしく生きたいと少なからず思っているはずです。

それを実行するには、それぞれのライフスタイルや今おかれている環境や状況で、難しい事でもありますが、全てを自分らしくしようとするから難しいのであって、一部分から始めてみれば、可能な事もあるでしょう。

人に合わせたりする事が必要な時などもありますが、それ以外で周囲に迷惑がかからない事であれば、自分らしくした場合、どんな風になるのかを考え判断し、良い事は引き出していく事が大事です。

また、途中で挫折しないよう、雑念などは捨てて強い気持ちで自分らしさを出していきましょう。

そうすれば、きっと素敵な自分らしい生活が過ごせるでしょう。