他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

最終更新日:2017年1月20日

人のことばかり気になるという人がいますが、そういう人はどうしてそうなのでしょうか。

ある程度ならまだ許容範囲ですが、あまりにもこちらの様子を意識しているようだと、こちらも不安な気持ちになります。

他人の行動を監視したがる人の心理にはどういうものがあるか、それを知ることができればきっと相手を理解できるでしょう。

1.自分に満足していない

他人の行動を監視したがる人の心理には、自分に満足していないという気持ちがあります。

自分自身に納得していないので、人のことばかり気になってしまいます。

心にコンプレックスを抱えていると、人のことに目がいってしまいます。

特別誰かを監視したいと思っているわけではないのですが、つい他人を意識してしまい、監視してしまいます。

「自分が知らないところで何かいいことがあるかもしれない」とか「誰かが得をするかもしれない」という考えが頭をよぎってしまい、他人を常に監視してしまいます。

自分で自分のことを「良い」と思えれば、他の人がどういう行動をしようと、気になることはありません。

人のことが気になり心が乱れるのは、どこか自分に対して不満や不安があるからです。

自分に満足していない人ほど、他人のことが気になります。

その為他人の行動を監視したくてたまらなくなります。

2.相手を自分より下に見ている

他人を監視したがる人の心理にあるのは、相手を自分よりも下に見ているという心理です。

その為自分の監視下に置きたくなってしまうのでしょう。

その人が自分よりも格下だと思うと、相手に対してあれこれ口出しをしたくなります。

相手のためを考えて、良かれと思って目をかけているという気持ちもあります。

それと同時に、自分の方が上の立場である以上「相手のすべてを把握しておくべき」と考えてしまいます。

恋人や友人であるのに、やけに相手の行動を把握したがり監視してくる人は、相手を自分より下に見ているのです。

その為、プライバシーの侵害になりかねないのに、いちいち人の行動を監視したがるのでしょう。

3.仲間外れになるのが怖い

他人を監視したがる人というのは、心理的に「仲間外れになるのが怖い」いう思いがあります。

だからつい人を監視してしまいます。

仲間外れになるのが怖い人は、自分に自信を持っていません。

その為、人から好かれていないと思いこみ、邪推してしまいます。

人気がないから、仲間外れになってしまうと不安になり、そうならないように、いつも周りの様子や他人の行動を窺いたくなるのでしょう。

何かの集まりがあるような時、もし自分が誘われなかったりすると、大変なショックを受けてしまいます。

それを避けるために、常に他人を監視したがるのでしょう。

自分に自信がないからこそ、一人ぼっちになることを恐れてしまいます。

そういう人は、自分だけ孤立することを非常に恐れているので、他人を監視したがるのです。

4.全てをコントロールしたいを思っている

他人の行動を監視したがる人の心理にある気持ちの一つに「傲慢さ」があります。

自分が全てをコントロールしたいと思っているので、他人の動向を把握しておきたいのです。

全てを知って、そして自分の思う方向に進めていきたいという気持ちがあるから、周りの人のことに無関心でいることができません。

自分が知らないうちに、色々な物事が思ってもいないような方向へ進んでいくのが許せないのです。

「こういう風にしたい」というビジョンが自分の中にあり、それを実現しようという気持ちがあります。

そのため、誰かが勝手な行動をとるならば、事前にそれを知って阻止しなければならないと考えているのです。

全てを掌握したいという気持ちがある人は、他人の行動を監視したがる傾向があります。

例えば家族で一人だけ威張っている場合は、他の家族のスケジュールや諸々を監視しようとするはずです。

自分がすべてをコントロールすることができると、ちょっと勘違いしている人です。

5.相手のことが心配でたまらない

他人の行動を監視したがる人の心理に、相手のことが心配であるという思いがあります。

その人のことが心配で、つい監視しようとしてしまいます。

その人が不安定であまり実力もないような人なら、周りの人は「大丈夫かな」と不安を感じてしまいます。

失敗したりしないように、できるだけフォローしてあげたいと思うことでしょう。

その気持ちがいき過ぎてしまい、全てに関して監視しようとすることがあります。

事前に自分が知っていれば、何かを手助けをすることができるからです。

悪気はないのですが、相手のことが心配でたまらないという時は、つい他人であっても監視したがるということがあります。

相手を本当に信頼しているのではないとも言えます。

だから、そうしないと気が済まないのでしょう。

他人の行動を監視したがる人の心理を知ろう

他人の行動を監視したがる人の心理には、相手よりも自分を優先している気持ちが見え隠れします。

だから他人であっても、全てを知っておきたいと思うのです。

相手には相手の世界があるということを理解しないと、人間関係が破綻しかねません。

そのことを、他人の行動を監視したがる人は分かっていないので、こちらが上手に距離をとる必要があると言えるでしょう。