短気を改善する方法とは。すぐカッとなるのを防ごう

人の特徴 自分磨き最終更新日:2017年12月30日

短気は損気という言葉の通り、すぐにカッとなってしまい後悔した事があるという人はいませんか?

短気は自分の意志で改善できます。

ここでは、短気を改善させる方法についてご紹介します。

1.怒りが沸き起こったら、深呼吸を3回してから行動する

短気な人は、怒りが沸き起こったらまずは深呼吸を3回してから行動する事を心がけるようにしましょう。

深呼吸には気持ちを落ち着ける効果があります。

気持ちが落ち着く事で冷静に物事を考える事ができるようになります。

短気な人が改善したいと思う理由の一つに、怒りが沸き上がり言わなくてもいい事を言ってしまう事があります。

それが理由で大好きな人と疎遠になってしまったというケースは多いです。

また、短気な人は敬遠されがちです。

あなたが怒ったところを見て「あの人とは関わりたくない」と思われてしまいがちです。

一度そう思われてしまうとそこから好かれるのはとても難しいです。

ですので、そうならないために怒りが湧き上がったら深呼吸を3回しましょう。

3回深呼吸をする中でだんだん気持ちが落ち着いてきます。

もちろん、怒りが3回では収まらないという時は落ち着くまで何度でもしましょう。

ただ、怒りの気持ちを溜め込みすぎてしまうと今度はストレスが溜まってしまいます。

溜まったストレスはスポーツで発散する、友達に愚痴を言う事で発散する等誰かに怒らない方法で自分なりの発散方法を見つけておく事が大切です。

2.常に相手の気持ちを考えて行動する

短気な自分を改善したいなら、常に相手の気持ちを考えて行動するようにしましょう。

短気な人はつい暴言を吐いてしまいがちです。

暴言を言われた相手は、あなたの暴言を聞いて怒り出してしまったり「そんな暴言を吐く人だったんだ」とがっかりしてしまったりするでしょう。

常に相手の気持ちを考えて行動する事で怒りが沸いた時でも相手の事を考えて発言できるようになります。

短気な時に言う暴言ではなく、相手の事を考えて言う事は相手のためになります。

ですので、どんなにキツイ事を言われたとしても相手は「キツイ一言だけど、自分の事を思って言ってくれている」と理解してくれるでしょう。

怒りが沸いた時でも落ち着いて対処できるように、常日頃から相手の気持ちを考えて発言できる優しい人になる事を心がけましょう。

そうする事で周りの人があなたを短気な人ではなく、いつでも相手の事を考えて行動できる素敵な人だと思ってくれるようになるでしょう。

3.長期的に対応しないといけない事ならまずは書いてみる。

その上で誰かに相談する

何か問題があった時に瞬間的にイライラしてしまう事はよくある事です。

短気な人は、すぐに怒り暴言を吐いたり、対処を間違えたりしてより問題を複雑にしてしまいがちです。

自分でそれを自覚しているなら、問題があり長期的に対処しないと解決が難しい事ならまずは1の深呼吸で落ち着き、怒らずに冷静になる事が大切です。

そして時間がたち、冷静になったらその問題を書き出してみましょう。

どんなに些細な事でも書いてみる事で問題が見えてきます。

問題が見えてきて自分で解決できそうなら、自分で解決してみましょう。

なかなか自分で解決できそうにない事なら、頼りになる人に相談してみましょう。

一人では解決できそうにない事も誰かを頼りにする事で解決方法が見えてくる事もあります。

解決方法が見えてくる事ですぐにカッとならずにすみます。

4.頼りになる人に「怒った時は止めて欲しい」と頼む

自分で努力をしているけどなかなか短気が治らないという時は、頼りになる人に「自分が怒ったり暴言を吐きそうになったりしたら止めて欲しい」とお願いをしましょう。

できれば冷静な人に依頼をしましょう。

何かあった時に冷静な人が近くにいる事で自分自身も冷静になる事ができるからです。

また、その冷静な人の行動を見る事で短気な自分を改善するための参考になります。

5.気が長い人を参考にする

短気な人の反対が気が長い人です。

気が長い人は、何があったとしても悠然とした態度を崩す事はありません。

もちろん気が長いのですぐにカッとなる事もありません。

周りにそういう人がいたら是非参考にしてみましょう。

気が長い人の多くがポジティブです。

そして何かがあっても「何とかなるだろう」と思える心の広さを持っています。

ですので、短気な人から気が長い人になりたいなら、まずはポジティブになる事を心がける事をオススメします。

ポジティブかつ広い心を持つようにしましょう。

短気を改善しよう

短気を改善する方法についてご紹介しました。

短気な人は周りから誤解されてしまいますし、余計な一言で後悔する事になる人がとても多いです。

短気で良い事は何一つありません。

ですので、自分が短気だと自覚しているなら、少しでも改善する事を心がけるようにしましょう。

どんなに短気な人でも、心がけ一つで改善できます。

もちろん、1日や2日では治りません。

ですが、少しずつ治すように様々な事を積み重ねる事でいつか直ることでしょう。

 

    「短気を改善する方法とは。すぐカッとなるのを防ごう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。