友達と相性が合わない時の解決方法4つ

最終更新日:2017年2月4日

友達と相性が合わないと感じた時の対処法を知っておくことは、人間関係をスムーズにするためには、とても大切なことです。

全ての友達と、いつでも楽しく過ごせるわけにはいかないからです。

何となく相性が合わないと感じても、うまく対応して乗り切ってしまいましょう。

1.相手に対して少し距離を置く

友達と相性が合わないと感じた時の対処法は、相手に対して少し距離を置くようにすることです。

すべての友達と、親友のように付き合う必要はありません。

友達と言えども、場合によっては少し距離がある方が、かえって上手に付き合うことができます。

親しくなればなるほど、お互い本音が出てしまい、気になることが増えていきます。

「知り合った頃はああいう人とは思わなかった」なんて、心の中で不満を抱えてしまうこともあるはずです。

この人とは何となく相性が合わないと思ったら、少し会う時間を減らしてみたり、あまり深い話をしないようにしましょう。

そうやって、上手に距離感を出すことによって、その場を楽しむ会話ができるようになります。

人生の色々なことを話したり相談しあうのも大切ですが、軽い会話で笑いあうことができる友人がいても良いでしょう。

友達だからといって、全て同じように付き合うことはありません。

「この人とはいまいち相性が合わない」と感じたら、少し距離を置くようにしてみましょう.そうすれば、お互いぶつかり合うこともなくなり、楽しい友人関係を作ることができるでしょう。

2.相手の言うことをうまくスルーする

友達と相性が合わないと感じたら、ある程度相手の言うことをスルーするようにしましょう。

それがその友達とうまく付き合っていくための対処法となります。

人によって、それぞれ違う考え方を持っているはずです。

友達だからといって、同じように考えるとは限りません。

自分とは違う考え方をする友人の言葉をすべてまともに受け止めてしまうと、心がしんどくなって、その人と付き合っていくのが嫌になってしまいます。

「ああ、また言っている」という感じで、適当に相手の言葉をスルーすることで、こちらの心理的負担を減らすことができます。

そして相手を否定してしまい、ケンカとなることもありません。

友人関係を良好に保つためには、時には「大人の対応」が必要となることもあります。

「自分とは合わない」と感じても、適度に聞き流すことで、その友達と良い関係をキープすることができるでしょう。

3.「相性が合わない」ということを思い切って認めてしまう

友達と相性が合わないと感じた時は、そのことを素直に認めてしまいましょう。

思い切って「あの人とは相性が合わないのだから」と考えてしまえば、心をグッと軽くすることができるはずです。

「友達だから仲良くしないと」とか「分かりあわなくては」などと考えてしまうと、心の逃げ場がなくなってしまいます。

その友達と上手に接することができない自分に対して、ダメ出しをしたくなるでしょう。

しかし、沢山の友人の中には、正直相性が合わないという人は必ずいるはずです。

そういう人もいるんだと思うようにすれば、相性が合わないことを気にしないですむでしょう。

その友達の発言や行動に「違う」と感じても、もともと「相性が合わないのだから」という風に思えれば、落ち込むこともなくなります。

相性が合わないなりに、お互いを尊重して「あの人はそういう考えをするのだから」と思うようにすれば、きっと程よい距離感を持ったまま、友達同士でいることができるでしょう。

4.他の友達と複数で遊ぶようにする

友達と相性が合わないと感じた時の対処法でオススメなのは、他の友達と複数で遊ぶようにすることです。

別の誰かが加わることで、相性の合わない友達とダイレクトにぶつかることを回避できます。

相性が合わない友達と、二人でずっと一緒にいると、精神的にも辛くなります。

相手の一言一言に、いちいち腹がたったりして、疲れてしまうことでしょう。

しかし、別の友達がそこに加わることで、雰囲気を変えることができます。

もし相性が合わない友達が何か言っても、他の人と共に「え~、、そうかなあ」なんて言うことができれば、ストレスを感じなくてすむでしょう。

また、二人きりでいる時に「それ違うんじゃない」と言ってしまうと、どうしても対立してしまいがちです。

何人かがそれぞれ意見を出し合うような感じにすれば、相性が合わない友達とも、気まずい雰囲気になることがないでしょう。

相性が合わない友達とは、別の友達と一緒に会うようにしましょう。

そうすることで、ダイレクトにぶつかり合うことを避けることができて、友人関係をこじらすことがなくなるからです。

友達と相性が合わないことは良くあること

友達と相性が合わないと感じても、それは「よくあること」です。

沢山の人がいるのですから、いまいち相性が合わないと思っても、あまり深刻に捕らえないようにすることが、人間関係を維持するためには必要なこととなります。

心を冷静に保って、きちんと対処することで、今まで以上に良い関係を作ることができるでしょう。