賢い人に共通する特徴とは

最終更新日:2017年4月10日

賢い人は、どこへ行っても優秀な人材として重宝され、多くの人から尊敬を集めます。

しかし、ただたくさんの知識を持っているというだけでは、本当の意味で賢い人であるとは言えません。

では、賢い人とは、具体的にはどのような人のことを言うのでしょうか。

その特徴についてまとめました。

1.その場の空気を細かく読みながら、TPOに合わせた行動や言動ができる

賢い人は、その場の空気を細かく読むことができます。

そして、その空気に合わせながら、常に適切な行動や言動ができます。

そのため、賢い人は、場にそぐわない行動をしたり、思わぬ失言をしてしまったりすることがありません。

大抵の場合、人は、その場の雰囲気や人々の様子に流されてしまったり「今いる場所がどのような状況にあるのか」ということを冷静に読み取ることができません。

しかし、賢い人は、冷静にその場の様子を観察し、同時に「自分は今ここでどう振る舞うべきなのか」ということを考えながら、焦らず落ち着いて動きます。

その結果、恥をかくこともなく、他の人に対して失礼もない、適切な行動言動を常にすることができます。

その落ち着いた姿に感服する人も多く、彼らはたくさんの人から信頼を集めています。

2.豊富な知識を持ち、その知識を上手に使いこなすことができる

賢い人は、基本的に勉強家です。

自分の知識を増やす努力を日々欠かさないため、その分、他の人よりもたくさんの引き出しを持っています。

しかし、それだけでは賢いとはいえません。

本当の意味で賢い人は、たくさんの知識をただ持つだけでなく、実際の仕事や生活の中で、それらを上手に活用することができます。

頭の中に蓄えただけの知識は、時間が経つと、少しずつ記憶から消えていってしまいます。

これでは、知識を得ても意味がありません。

しかし彼らは、1度知識を得たら「いつどんな時にその知識を使うべきか」「どのような形でその知識を使ったら良いのか」ということまで考える習慣を持っています。

そのため、得た知識を「生きた経験」として自分の中にしっかりと落とし込むことができるので、決してその知識が消え去ることはありません。

知識を得る為の努力と使いこなすための努力の両方ができる人は、間違いなく、賢い人であると言えるでしょう。

3.自分の予定をしっかり管理することができ、時間の使い方が上手

賢い人は、どんなに忙しくても、その忙しさに翻弄されてしまうということがありません。

彼らはどんな時でも自分の予定をしっかり管理することができ、時間を上手に使いこなすことができるからです。

そのため、ダラダラと長時間仕事を続けて疲弊してしまったりするようなことはありません。

彼らは、自分が1日のうちどの程度動くことができるかという許容量を、客観的にしっかり把握しています。

それに基づいて綿密な計画を立て、決して無謀な仕事量を詰め込むようなことはしません。

休むべき時は、頭を切り替えてしっかり休みを取るようにします。

そのため、心身の健康状態を良好に保つことができる上に、常にメリハリのある生活を送ることができます。

その結果、いざという時に全てのエネルギーと集中力を「今、最優先でやるべきこと」に注ぎ込むことができ、納得のいく成果を上げ続けることができます。

4.人に何かを伝える時は、できるだけわかりやすい言葉に置き換えて伝えることができる

人に何かを伝えなければならない時、難しい事柄を難しい言葉を使って相手に伝えても、相手が理解してくれるとは限りません。

これでは、いつまで経っても話が平行線のままになってしまいます。

このようなやり方は、賢いとは言えません。

賢い人には、相手に何かを伝える時、できるだけわかりやすくシンプルな言葉を使って伝えようとするという共通点があります。

相手にものを言う前には、必ずひと呼吸置き「どのような言葉を使ったら、相手がすぐに理解してくれるか」ということを考え「言葉を置き換える」というひと手間を欠かしません。

そのため、賢い人の言葉は、どんなに難しい内容の事柄であっても、小学生でも理解できるくらいシンプルな言葉です。

その結果、彼らが伝えようとすることは、すぐに相手に伝わり、正確に理解してもらうことができます。

5.人の気分を害さないように考えて行動することができ、場を丸く収めるのが上手

本当の意味で賢い人は、どんなタイプの人間関係の中でも、スマートに立ち振る舞うことができます。

彼らの本領が発揮されるのは、その場の雰囲気が険悪になってしまった時です。

このような時、大抵の場合、感情的になって我を通そうとしたり、逆に、その場の空気に怖気づいて何も言えなくなってしまったりすることが多くなります。

しかし賢い人は、その場にいる1人1人全てに気遣いを見せ、誰も傷つくことのない提案を冷静にすることができます。

そして、彼ら自身、決して感情的になることなく、落ち着いて場をまとめることができるので、どんなに厳しい状況になっても、必ず良い方向へと導くことができます。

そのスマートさに尊敬の念を抱く人も多く、彼らはいつもたくさんの人から慕われ続けます。

賢い人の特徴について知ろう

賢い人は「ただ頭が良い」「ただ豊富な知識を持っている」というだけでなく、得た知識を上手に使いこなすことができるという点が特徴です。

言い換えれば、とてもクリエイティブな人であるとも言えるでしょう。

彼らは、どんな人間関係の中においても、人の気分を害することなく、多くの人と良い関係を築くことができます。

「どんな場においても、常に立ち止まって考えながら落ち着いて動く」という彼らの姿勢が、そのような良好な人間関係に繋がっているのです。

賢い人は、正に「誰もが憧れる、理想の社会人」です。