疲れ顔を改善する方法。血流を良くして疲労顔を解消しよう

最終更新日:2015年5月3日

忙しく毎日を過ごしていて、久しぶりに鏡を見て、自分の疲れ顔にゾッとした経験はありませんか?
女性はいつでも美しくありたいという願望がありますよね。
疲れていても疲れを顔に出さず、明るく元気に生活したいですね。
ここでは、すぐにできる、疲れ顔改善をたすけるものを紹介します。

1.カッサでマッサージ

大ブレイクした「カッサ」今はたくさんの店で置いてあります。
今までのフェイスマッサージ器具と違い、平たく、かさばらず、ポーチの中にそっと忍ばせておけるというメリットがあります。

また、力の入れ具合も自分で調節できるので、肌を傷めることも少ないのも良い点ですね。
いつでも気軽にフェイスマッサージができるカッサ、一つは手に入れて持ち歩き、疲れ顔だなと思った時は、そっとマッサージをしましょう。

今、カッサはとてもたくさんの種類があります。ひんやり冷たく気持ちいいものや、イオンが発生しているもの、恋愛成就のパワーストーンでできたものまで、さまざまです。
可愛いお気に入りのカッサを、みつけてみてはいかがでしょうか。


2.とにかく笑う

笑顔は幸せホルモンを出します。
疲れていて笑えないよ…と思った時こそ笑いましょう。

鏡の前で自分に向かって、にっこり笑ってください。
それだけでも疲れ顔が和らぎます。

また、疲れてやつれた顔をしている自分を見て、なんて顔をしているんだ…最悪だ…と思わないようにしましょう。
気分が沈んで、さらに疲れ顔が増してしまいます。

お疲れ自分!頑張ってるね!と慰め、認めてあげてくださいね。

3.いつもより少し明るめのメイクをする

女性には必殺技がありますよね。そう、メイクです。

メイクを変えるだけで顔の印象がかなり変わるのは女性なら誰でも知っている事実だと思いますが、それを逆手にとってしまいましょう。
やつれた疲れ顔化粧で隠してしまうのです。

コンシーラーや、いつもより少し明るめのファンデーションで目の下のくまをカバー、ほんのり明るいチークをのせて、疲れて窪んだ目は明るめの色で立体的にしましょう。

明るいメイクをすると、気分も上がり、疲れ顔が改善するのではないでしょうか。


4.目の周りをマッサージ

目は口ほどに物を言うといいます。

目が疲れていると、疲れた印象を与えます。そこで、目の周りを指でマッサージしましょう。

血流をよくするために目頭から目尻の方向に指を動かします。目の周りなのであまり指圧しすぎないようにしましょうね。

そして、こめかみを親指でぐっと押さえる。
それだけでも顔がすっきりし、印象が変わります。

目薬を持ち歩いて、ケアするのもいいですし、アイスアイマスク、ホットアイマスクを使って、目を休めてあげるのもかなり有効です。
目が疲れていると脳が疲れていると感じやすいため、目を休めることで、かなりすっきりし、頭も冴えてきますよ。

パソコン業務をしているOLの方には特にオススメです。

5.リップを華やかな色にする

応急処置的な方法です。派手なリップが流行っている今なら、自然にできる方法です。
顔の印象を決めるのは目が大きなウエイトを占めてはいますが、その目がどうしようもない時、リップに派手な色を使い、目線をそらしましょう。

明るいリップをつけていると、健康的に見えます。
疲れ顔も一気に華やかな印象になるのです。

リップの色が違うだけでかなり印象が違って見えるので一度お試しください。
ただ、明るい色のリップといえど、誰でも明るいピンクがいいというわけではありません。

あなたの肌の色、顔の印象によって似合う色は当然違います。
化粧品売り場でプロに相談し、一番あなたにあう色を選んでもらってくださいね。


6.血流を良くするマッサージ

頬から耳の下、首筋へと指や手でマッサージしたり、浮腫をとるマッサージをしましょう。
詳しく知りたい人は、リンパマッサージの本を購入することをオススメします。

血流が滞ると顔がむくみ、どんよりとした印象になります。老廃物をためることなく、すっきりさけておきましょう。
知識があれば、エステにも行かなくても、疲れたなと感じたときにすっと自分でできます。

顔がむくみやすい、疲れ顔になりやすいと感じている方は、少し勉強するといいかもしれませんよ。

7.楽しいことを考える

ワクワクして、幸せホルモンを出す作戦です。
楽しいことを考えると自然と顔がほころんでしまう。そんな経験はありませんか。

疲れているなと思った時こそ、これが終わったらこんな楽しいことが…と想像します。
すぐに忘れてしまうのであれば、ポストイットに書いてデスクに貼っておきましょう。自分の部屋のドアに貼っておきましょう。

それを見るたびに疲れ顔は吹っ飛ぶかもしれません。
また、大好きなアイドルの写真を貼っておくのもいいかもしれませんね。

アイドルの彼に癒しをもらえば自然と頑張ろうという気が湧いてきて、キリッとした顔立ちになるかもしれません。


8.リラックスタイムをとる

疲れ顔には休養を与えましょう。
顔が限界を示してくれているのです。リラックスさせてあげましょう。
短期戦であればコーヒータイムやおやつタイムを取る。

長期戦であるなら、少し休みをもらって、パワースポットなどに出かけてみるなど、息抜きをしましょう。
疲れていないのに疲れ顔にはなりません。

精神的にか、肉体的にかはそれぞれですので、それぞれ適した方法で自分を癒してあげましょう