彼氏へ感謝を伝える方法7つ。日頃の気持ちを伝えよう

最終更新日:2015年8月31日

付き合った当初は、あんなに素直にお互いの心と身体を打ち明けれたのに。

いつからか「恥ずかい」気持ちや「照れくさい」という気持ちが先に出てきてしまって、なかなか感謝ができなくなってきた人はいませんか?

そこで今回は彼氏への感謝の気持ちを伝える方法を7つほどご紹介します。

1.カラオケでさりげなく伝える

カラオケで歌う曲に、さりげなくありがとうの伝わる曲をいれてみるのもいいかもしれません。

例えば、「ハピネス/AI」、「ありがとう/MayJ.」、「ありがとう/いいものがかり」などなど、調べてみればたくさんの感謝の歌がでてきます。

自分にぴったりの曲がきっとみつかるはずです。

デートでカラオケに行こうよっと誘って、「この曲練習中なんだ〜」といいながら歌ってみると、彼氏の心に響くことでしょう。


2.たわいのない日を記念日にする

記念日と言えば、付き合った日の記念日、お互いの誕生日‥。

かと思いきや、もっと増やすことができます。

例えば、付き合って1,000日目の記念日だったり、2人の誕生日の真ん中の日記念日など、自分で作っていけばいいのです。

そしてふいに彼に「そういえば、今日は付き合って1000日目ぴったしだよ」と言って、その流れで日ごろの感謝をスムーズに伝えることができます。


3.普段より尽くす

感謝の基本は、相手を思いやることです。

そこで、普段彼と過ごす中でしてあげたいことを考えて、それを実行すればいいのです。

例えば、普段ごはんがコンビニ弁当の彼に、手作りごはんを差し入れしたり、作ってあげたり、他には、仕事続きの彼にマッサージや、リラックスできるものをプレゼントしたりと、積極的で少ししつこいくらい尽くしてみましょう。

彼が「なんでそんなに優しくしてくれるの?」と言ってきたら成功です。

「いつものお礼だよ」と返事をすれば、出来る彼女だと改めて思い返してくれることでしょう。


4.ラインのスタンプを活かして

ラインのスタンプは、使いようではとても、ストレートに、そしてスマートに相手に気持ちを伝えてくれます。

自分に合ったスタンプを見つけて彼氏にストレートにお礼をしましょう。

「ありがとう」の言葉と一緒にスタンプをそえるのもいいですし、反対にスタンプ一つで伝えてしまうのも悪くないはずです。

また、ラインやメールであれば相手は返事をするでしょうから、彼にきちんと気持ちが伝わったか伝わっていないか、彼の反応を伺えるのも良い点ではないでしょうか。

もちろん、真面目なスタンプもいいですが、コミカルなスタンプも多いので、少しお茶目に彼へ感謝を伝えるのもかわいくていいかもしれません。


5.頼まれごとをされたときに

例えば、「◯◯買ってきて〜」と頼まれたとき、ただ買い物へいき、彼に頼まれたものも渡す。

ではなく、渡すときに、「いつものお礼ね」と付け加えるだけで、さりげなく感謝ができます。

他にも、たわいのない日常の生活の中でも小さな頼まれごとをされたとき、「しょうがないな〜、いつものお礼ね」と言うだけで、普段から相手へ感謝することが当たり前にできます。

小さな頼まれごととは、本当にたいしたことじゃなくていいんです。

例えば、「リモコンとって〜」と言われたときでさえ、「はい、いつものお礼だよ〜」と言えば、ほのぼのと優しい時間が流れるのではないでしょうか。


6.友だちづたいで

もしも、自分の友だちと彼氏が仲良しであったら、友だちづたいで感謝を伝えてみましょう。

友だちが彼に「(彼女)、おまえに感謝してたみたいだよ」と伝われば、2倍に嬉しさが増すのではないでしょうか。

ただ、確実に彼氏に伝わるとは限らないので、絶対伝えたいのであれば、友だちに協力をしてもらうことも、一つの方法かもしれません。


7.かわいいメッセージカードでかわいく

お店にいくと、かわいいメッセージカードがたくさん売られています。

「かわいくてつい買ってしまった。せっかくだから(彼)に書いてみた‥」と、恥ずかしそうにしてみましょう。

それだけで彼はあなたの気持ちが、伝わるはずです。

メッセージカードであれば、いつでも彼は読み返せますし、今は部屋に飾って置けるようなユニークなメッセージカードもたくさん売られています。

一回メッセージカードを送れば、彼に何度もあなたの気持ちが伝わるのも良い点ですね。

彼氏に感謝の気持ちをきちんと伝えよう

「ありがとう」の言葉は、1つですがその表現の仕方は多種多様です。

そして、1番大切なのは相手へのおもいやり。

おもいやりの気持ちがあれば、どんなつたない方法でも、きっと相手に伝わるはずです。