誠実な彼氏

彼氏が誠実なのか不誠実なのかを判別する方法3つ

最終更新日:2014年10月14日

付き合って3ヶ月、半年、1年と経つごとに、
彼氏との間に起こる様々な問題で不安になることがあります。
この人ってこれで大丈夫なのかしら?あれ、意外と真面目でしっかりしている?

そんな彼の本性を見抜く方法をご紹介いたします。


誠実な彼氏

1.お金を貸してみる

人間性を見る上で、経済面がしっかりしているかどうかが重要です。

事あるごとに自分から「お金を貸して」という男性はそもそも信用できません。しかし、自分からお金を貸してと言わない男性でも、貸してみるとその本性がわかります。

例えば彼がお金を出すときに手間取ったら「あ、私すぐ出るから出しておくね」とお金をササッと払ってしまいます。その後、彼がどのタイミングでお金を返してくるのかを見てみましょう。

手元にお金がすぐあるからすぐに返す人。「じゃあ後でね」と言ってデートの最後に返す人。「あ、ありがとう」と言いながらそのまま返すのを忘れしばらく返さない人。

そんなことで彼を試せるのかと思うかもしれませんが「お金を出してもらった・借りている」ということが彼の頭の中でどんな位置づけにあるのかがポイントです。

男性にはお金を稼ぐという使命があります。少額でも借りたままの状態が許せない、というくらいしっかりした男性が安心です。

2.ありがとう、ごめんなさい、わかりましたが言える彼氏か

会話の中で上記3つの言葉がちゃんと言えるかどうか、よく観察しましょう。

何かしてあげた時に「ありがとう」というのは当たり前ですが、あなたが何かした時ではなく、別の誰かに何かしてもらった時にも言っているかどうかをチェックします。

レストランでお水を入れてもらった時に「ありがとう」と言っているか、などです。「ごめんなさい」は街中で誰かにぶつかってしまった時。すれ違いざまにちゃんと「ごめんなさい」というか「あっ」で済ましているかどうかです。

「分かりました」はショッピングをしている時、洋服を買おうかどうか悩んでいる彼に店員さんが洋服の説明をしますよね。その説明を聞いたあとに「分かりました」というか「ふーん」というか。店員さんからしつこくしたのではなく、彼が服を見ていたから一生懸命説明してくれたはずです。要するにその後会うこともないような人に対しても、その一瞬を誠実に対応できるかどうかが重要なのです。

3.会話の出だしが言い訳になっていないか

自分を取り繕っていたり、何か隠していたり、そんな男性は決まって「言い訳」から会話が始まります。

「僕って○○で○○なんだけど、・・・・」といったように自分のことを前置きするのです。

注意して聞いてみると、言い訳する内容の話、言い訳しない内容の話までもがわかってきます。彼がどんな話の時に言い訳から話し出すのか、その癖に気がつくと彼の本性が少しずつ見えてきます。

言い訳の内容がたわいのないものなのか、何か人間的に問題がありそうな内容なのか、よくチェックして見極める必要があります。

「あれ?こんな大事なことなのに毎回言い訳から話してない?」なんて思うことがあれば、彼のことをもう一度よく考える必要があるかもしれません。

大切なことはあなたにとって誠実かどうか

誠実か不誠実か、人には色々な要素があるので「全てが誠実な人」「全てが不誠実な人」はなかなかいないと思います。大切なのは「あなたにとって彼が誠実か不誠実か」という点です。自分にとってこの部分が誠実でないと困る、この部分は不誠実でも大丈夫、と柔軟に考えながら彼のことをよく観察してみて下さい。