付き合ってても結婚しない男性の特徴。結婚願望がない彼か見極めよう

最終更新日:2016年2月21日

彼と付き合い始めてある程度の期間が過ぎると、自ずと考える結婚。

「いつになったら」という思いが女性の頭にはよぎります。

そこで今回は付き合ってても結婚しない男性の特徴をご紹介します。

1.身内や家族の話題になっても直ぐに話が終わる

普段彼と過ごしていると、身内の話になることもありますよね。

特にどちらかが実家暮らしの場合や、そうでなくてもお盆やお正月の時期になれば、やはり間接的にもその機会は増えます。

こういう時に、例えばあなたが彼の家族のことを何か尋ねたとして、彼はその話題を継続しますか?

逆に、何かしら話題を変えようとして、その話をすぐに終わらせようとしますか?

普通に会話がなされていれば良いのですが、後者のような、さっさと話を切り替えるような場合、結婚というものを彼は全くイメージしていない可能性があります。

なぜなら、漠然とでも二人の将来を考えている彼であれば、自分の家族のことは相手にわかってもらう必要があります。

また逆にあなたの家族のことも何かしら知りたいと思うのが自然だからです。

家族との関係が良くない場合は見極めも必要ですが、それでも結婚を意識するなら理解しあう必要も出てきます。

ですので、こういった場合、彼やあなたの家族の事が話題に上った時には、積極的に話を膨らませて、彼の結婚への意識を推し量るのも良いかもしれません。


2.実現性のない夢を「本気で」追っている

夢を追って生きている男性って魅力的に映りますよね。

彼女としては、その夢が叶い幸せな二人の結婚生活が…などと夢見たくなるものです。

しかし彼のその夢、実現性が低い割に本気度が強固なものなら、結婚は遠のくかもしれません。

なぜなら、男性がそういうことに本気になっている時、そこにたどり着くまで他のことに手をつけようとしない傾向があるからです。

男性は女性と違って複数を同時に処理していくことを好みません。

そのため、その夢が何かしら一段落するまでは結婚の話題は出てきにくくなります。

ただし、彼もただ夢物語を語っているだけの場合は、この限りではありません。

ポイントは「本気で」語りすぎているかどうかです。

そして実現性があるのかどうか。

もちろん、あなたもその彼の夢を本気で信じているのならその方向に歩むことも選択肢としてありますが、あなたがその夢を絵空事と捉えているのなら、結婚相手は別の方を選ぶと良いかもしれません。

3.あなたの作る料理に興味を示さない

付き合い始めてある程度の時間が経過してくると、どこかのタイミングであなたが作る手料理のことが話題に上ることがあったでしょう。

このような時に、彼はあなたの手料理に対して、強く興味を抱いていましたか。

もしくは、今あなたが日常的に彼に何かを作ってあげているなら、彼はあなたの料理にどれくらいの感謝を示していますか。

これは彼が無意識のところで、あなたに家庭的なものを投影できているかの判断基準になります。

もちろん、作ってもらったものに対して感謝を述べるのは礼儀としてあって当然です。

なので「ありがとう」だけで見定めることができる範囲は限られます。

しかし逆に何の感謝も口にせず、後片付けも何も手伝わず、さも当たり前のようになっているのであれば、彼はあなたへの感謝が見い出せていないということになります。

この場合、あなたを「なくてはならないもの」として次のステージに連れ出そうとは、なかなか思わないかもしれませんね。


4.どう考えても仕事が安定する気配がない

仕事面でどう見ても安定する兆しが見えない彼の場合、たとえどれだけ優しく、また浮気のしない彼であっても、結婚へのステップはかなり懐疑的だと言わざるを得ません。

というのも、男にとって結婚とは「責任」以外の何者でもありません。

自分自身で最低限度の経済基盤を確立できていなければ、自分の方から結婚を口にすることはまずないはずです。

もちろん、あなたに彼以上の収入や財産がある場合はそもそもの話が変わってきます。

しかし彼がまだ「非正規雇用」にあるような条件下で、彼との共働きをあなたが考えているような場合、男の立場から積極的に「結婚して二人で働きながらやっていこう」とは言えないものです。

ただこのケースだと、結婚の意志がないとは言い切れないので、その点はご安心ください。

こういう彼とお付き合いをしている場合であれば、あなたの方から提案してみるのも、前向きな選択肢として考えてみると良いかもしれません。

5.自分で何でも出来すぎてしまう

世の中には、何でも器用にこなす男性がいます。

仕事、料理、洗濯、掃除、お金の管理、ペットの世話まで、どれを取っても今のあなたよりも全部優れていると感じられるような場合、彼が結婚を決意するのには余程のことがなければならないでしょう。

ある程度の年齢に達し、しっかりと社会的にも自立できている大人の男性であれば、頼らずに生きていくスキルを既に確立してしまっている場合が多く、わざわざ新しい人を受け入れる結婚を選ぶというのにはメリットがなくてはなりません。

子どもが欲しい、家族を作りたいなど、結婚することでこそ得られる何かに焦点が合っていない限り、こういった男性はなかなか結婚を選ばないかもしれませんね。

器用で非の打ち所のない彼に全面的にトキめいてしまいそうになった時は「結婚に対してどういうイメージを持っているのか」を間接的にでも前もって確認しておけると良いですね。

結婚しない彼氏との付き合い方を考えよう

結婚は女性にとっても男性にとってもやはり人生を変える重大テーマです。

そのため、普段のお付き合いの中でも、そこにつながる何かを前向きに紡いでいきたいものですよね。