ツヤ肌になる方法。自宅で手軽にツヤ肌になろう

最終更新日:2015年8月10日

女性なら誰もがうらやむツヤ肌。

肌がキレイなだけで若く見えたり、美人に見えたりします。

肌の調子が悪く化粧ノリが悪い日は憂鬱な気分になる人も多いと思います。

ツヤ肌になれば自分自身に自身が持て毎日が楽しくなりますよね。

日頃の習慣を変えてツヤ肌になる方法をご紹介します。

1.トマトジュースを飲む

肌は食べたものから作られます。

食べてすぐ効果がわかるものではありませんが日々の食事を変えると肌の調子も良くなります。

トマトジュースがツヤ肌に効くのは、トマトに入っているリコピンがとても優秀だからです。

リコピンはトマトの赤色の色素で強い抗酸化作用があります。

紫外線によるダメージからも肌を守ってくれます。

もちろん生のトマトを食べるのも良いですが、ジュースでもリコピンの効果が変わらないので、経済的で手軽に摂れるジュースがオススメです。


2.お肉を食べる

ツヤ肌になるためには、しっかりとお肉を食べる食生活がオススメです。

肌はたんぱく質で出来ています。

お肉にはたんぱく質が多いので不足すればもちろん肌に良くありません。

食べ過ぎもいけませんが、程よく毎日お肉を食べることです。


3.発酵食品を取り入れる

発酵食品が体に良いのは有名な話ですよね。

発酵食品には乳酸菌が含まれており、腸内環境を改善してくれます。

腸内環境が改善されると便秘がなおり、吹き出物を少なくするだけでなく、食べ物からの栄養をしっかり吸収することが出来ます。

発酵食品は一度にたくさん食べるのではなく、毎日少しでもいいので継続して摂取することです。

納豆やヨーグルトは有名ですが、米麹で出来た甘酒やお漬物、キムチ、味噌、チーズにも含まれています。

毎日いろいろな発酵食品を取り入れるようにしてみましょう。

腸内環境を整えるとツヤ肌に効くだけでなく、便秘が解消され、ダイエット効果も期待できます。


4.顔を触らない

1〜3までは、食べ物を変えるツヤ肌になる方法をご紹介しましたが、ここからは直接肌に与える生活を変える方法をご紹介します。

まずは顔をなるべく触らないようにすること。

肌の表面は角質があり、角質が剥がれかけたり荒れていると肌がザラザラして見えてしまいます。

角質がキレイにキメが整った状態だと、ツルツルのお肌に見えます。

肌を触るとキメが崩れてしまいます。

例えば、お風呂に入ったときに、顔に水がつくのが気になって顔を手で拭ったりしていませんか。

その行動ですら肌を傷つけていっているのです。

自分がいつ肌を触っているかを意識して、肌を触る回数を極力減らしてみてください。

自然とキメが整いツヤ肌になります。


5.顔を洗わない

出来れば理想は顔を洗わないことです。

メイクしているときはもちろんしっかりメイクを落とさなくてはいけません。

でももし1日すっぴんで過ごしたのであれば、洗顔料を使わずぬるま湯ですすぐ程度にしましょう。

朝も洗顔料を使って洗っている人も洗顔料を使わずぬるま湯ですすぐ程度で十分です。

最初は慣れないかもしれませんが、肌を本来の自然な状態にするためにやってみてください。

洗顔をしないことで肌をこする回数を減らすことができキメが整います。

顔の脂を洗顔料で落とすと、顔の脂がなくなってしまい、肌は乾燥を防ごうと脂を過剰に分泌してしまいます。

脂を落とすことをやめると、過剰分泌がなくなり、吹き出物も少なくなります。


6.保湿はしっかりと

ツヤ肌の基本ですが、保湿はしっかりと行いましょう。

高い化粧水である必要はありません。

使ってみて肌に負担のすくない使い心地のいいものを選んでください。

少しでもピリピリする、痒みがある場合は肌に合っていなく、肌を傷つけてしまいます。

化粧水をつけたあと乾かないうちに乳液やクリームを塗る人がいますが間違いです。

化粧水をたっぷりつけ、しっかりと肌に染み込むように時間をかけます。

手の平で顔を覆うようにして手の温度で化粧水をしっかり染み込ませます。

化粧水が肌の上になくなったら、乳液やクリームを塗ります。

乳液やクリームも高級なものでなくてもかまいません。

ドラックストアに売っている1,000円以内のクリームでも、肌に合っていて保湿が出来れば良いです。

そして、肌が乾燥していると思ったときは、すぐに保湿をしてください。

乾燥している時間が老化をしている時間です。


7.ホットタオルで血流アップ

タオルを濡らし電子レンジで温めます。

温めすぎに注意が必要なので1分以内にしましょう。

42度くらいになったホットタオルで顔を温めます。

顔の血流がアップし、顔色が良くなるのと、肌に栄養が行き渡りやすくなり、健康的なツヤ肌になれます。

ホットタオルでしっかり肌に水分が行き渡るので、ホットタオルのあとは化粧水と乳液やクリームでその水分が逃げないようにしっかりと保湿をしてください。

お金をかけずに自分でツヤ肌を目指そう

ツヤ肌になる方法をご紹介しましたが、どれもお金のかかることではありません。

エステや高級化粧品にたよる前に、まず勇気を出して生活を変えてみてください。

ツヤ肌になって自分に自身をつけましょう。