占いを信じる理由。占いを信じる人にはそれなりの理由がある

最終更新日:2015年7月29日

「占い」と言えば、眉唾物だとか非現実的などと言う人もいますが、心の底から信じてしまう人もいるのは確かです。

このように、占いを信じる人には、それなりの信じる理由があるのです。

今回は、その占いを信じる人が持つ理由についてご紹介します。

1.ファンタジーが好き

子供の頃から、魔法だとか妖精だとか、ファンタジーの世界にあるものが大好きな人は、占いもそんなファンタジーの一つと捉え、好む傾向があります。

こんな人は、人が占った結果を信じるだけではなく、自分も昔占いの本を読みふけったり、占い師を目指したことがあったり。

その理由は、「占い」というもの自体が魔法のような特殊能力の一つだと思っているので、そんな能力への憧れが強いためです。

確かに、占いは科学の力では説明しきれない部分がありますから、神秘性を求める人にとっては、一番身近で目に入りやすいものです。

そのため、大人になっても夢見る心を忘れない人は、占いを信じることで、ファンタジーを楽しんでいるとも考えられます。

傍から見れば、現実とフィクションの区別が付かない痛い人のように思えるかもしれませんが、それが本人の世界観ですから、それはそれで良いのではないでしょうか。


2.自分自身、もしくは周囲に占いが当たった人がいる

占いが当たる様を目の当たりにした人は、例え科学的根拠が無くても、占いを信じるようになります。

それも、毎日の占いのような小さなものではなく、宝くじが当たるとか、○月に運命的な出会いがあるなど、ピタリと当たると誰もが驚くような結果を見てしまうと、誰だって信じてしまいますよね。

このような理由から占いを信じるようになるのは、以前から占いに理解を示す人よりも、元々は占いに対して否定的な考えを持っていた人の方が多いです。

こんなタイプの人は、当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉がある通り、大きく当たることもあれば、外れることもあるという程度の考えで、占いを信じているようです。

良い占いだけを信じて、「当たればラッキー」と思う程度の信心です。

賭け事をするような気持ちで、占いが当たるのを楽しんでいるのかもしれません。

全てを占いに委ねて、それに傾倒し過ぎるほど、占いにどっぷり浸かっているわけではないということですね。


3.理屈ではどうにもならない事態に置かれた経験がある

占いを信じる人の中では、良い占いだけを信じる人の方が圧倒的に多いものですが、少数ながら悪い方だけを信じたい人もいるようです。

このように悪い占いを信じる人は、以前、もしくは現在進行形で、理屈では説明できない不幸に見舞われたことがある人が多いようです。

なぜなら、自分に降りかかった大きな不幸が、自業自得だとか因果応報だとはどうしても思えず、運勢などのせいにしたくなってしまうからです。

自分の力では避けきれない不幸が降りかかったり、周囲に比べて自分だけに偶発的な不幸が多いという現実を何とか受け止めるために、それを非現実的な力のせいにするのです。

こんな経験をした人は、今後自分に不幸が降りかかった時、「なんで自分だけ……」と思わずに済むように、悪い占い結果を前もって頭に置いておくようになります。

自分の心を、そして周囲を傷つけたり恨んだりしないための、ひとつの処世術のようなものですのでしょう。


4.何か縋るものがないと生きていけない

最後は、良い占いも悪い占いも全て信じてしまう傾向の人についてです。

何か信じるものがないと生きていけない性格のため、その信じる対象が、「占い」になってしまったということです。

何かしたいことがあっても自分から動く勇気が無いため、占いの結果に背中を押してもらい、大事な決断は全て占いに委ねてしまうのです。

このようなタイプは、信心深い反面、決断力が無く、依存心が高い傾向にあります。

自分の力だけで前に進むことができないので、常に占いに従いながら進むのが習慣付いてしまい、占い無しでは路頭に迷うほど、どっぷり浸かってしまいます。

そのため、小さな結果で一喜一憂し、自分の日常生活までもが占いに支配されてしまいがちになります。

人との相性も占いで判断し、実際会ってみて相性が良いか悪いかを自分で判断しようとはしないので、人間関係もうまく行かない場合が多いです。

また、安心するために、星占いや血液型、姓名判断や手相など、ありとあらゆるジャンルの占い結果をかき集め、迷走しやすい傾向にあります。

占いを信じる理由を知っておこう

占いを信じる理由について、4つご紹介しました。

占いは、迷った時にはとても便利なものですが、傾倒し過ぎると、それは危険なことです。

ものごとの本質を捉えようとせず、他人が決めた占いの結果に全てを委ねるようになると、いつか大きな失敗をしでかすかもしれません。

その失敗も占いのせいにすれば良いのかもしれませんが、それではいつまでも精神的に成長しないままになってしまいます。

占いを信じる理由は人それぞれですが、こうした理由をはっきり認識することで生活を豊かにしていきましょう。