後ろ姿をキレイに見せる方法

最終更新日:2016年8月14日

後ろ姿がキレイだと思わず目がいってしまいます。

そして人は後ろ姿から顔や年齢を想像しているのを知っていますか?

人はキレイな後ろ姿を見ると、どんな顔の持ち主なんだろうと興味をそそられますし、同性の女性から見ても魅力的です。

折角ならジャッジの厳しい女性からキレイと思われる後ろ姿を手にいれませんか?後ろ姿はその人の年齢や容姿を語っています。

それを踏まえて後ろ姿をキレイに見せる方法をご紹介します。

1.後ろ姿を常に意識する

基本の基本、後ろ姿をキレイに見せたいならば、まず常に後ろ姿を意識しましょう。

もしかしたら、少し気を抜いている時に誰かから見られているかもしれません。

意識するだけで何か変わるの、という疑問が出てくるかもしれませんが、意識するということは大きなことで全然変わってきます。

そして意識すると、後ろ姿をどうやってキレイに見せようかと考えるようになりますし、努力や工夫をするようになります。

芸能人の人が人に見られていると意識するようになって一段とキレイになると言われることからも分かるように、意識が全てを変えていきます。

まずは常に後ろ姿はいつも見られていると意識してみましょう。

そこから、身体に変化が起こっていきます。


2.背筋を伸ばす

では実際に後ろ姿をキレイに見せる為にどうするのか?常に背筋を伸ばすことを意識してみましょう。

お腹に力を入れて引っ込め、胸を張ることで自然に背中は伸びてきます。

背中を伸ばすと、後ろ姿をキレイに見せることができるのは勿論の事、自信があり堂々として見えますし、明るく前向きな人に見えます。

そしてやってみると分かるのですが、胸を張ることで心である心臓が前に出て前に向かって開かれますので、自然に心も前向きになっていることに気付きます。

それに伴って行動も前向きになっていきます。

たったひとつ、背筋を伸ばすことで、心にもポジティブな変化を起こすことができますのでこれは試してみるしかないです。


3.恥骨に力を入れてお尻をキレイに見せる

そして上半身と同じように下半身、お尻も意識してみると後ろ姿はキレイになります。

特に男性は女性の後ろ姿を見た時におしりに無意識に目がいくそうです。

そして、およその年齢を予想しているというのです。

やはり人は若く見られたいですし、それは実現可能なことです。

具体的な方法ですが、恥骨に力を入れてきゅっと引き締めるのを意識するだけです。

それだけで自然にお腹も引っ込み、背筋も伸びてきます。

そして常に意識して恥骨に力を入れるだけで、ヒップアップの効果も期待できますし、腹筋も鍛えることができます。

恥骨に力を入れるだけでこれだけ効果があり、後ろ姿をキレイに見せることができますので、是非実行してみましょう。


4.背中の筋肉をつける

背中の筋肉をつけることでも後ろ姿をキレイに見せることができます。

お腹を引っ込める為に腹筋をつける、といった方法はよく聞いたことがあると思うのですが、背中はあまり聞いたことがないでしょう。

簡単な方法としては、両腕を上に上げて下ろす、両腕を前に伸ばして後ろに曲げる運動です。

この運動であれば道具がいりませんしコストもかからないので、仕事の合間やテレビを見ながら簡単にできます。

そして背中に筋肉が付くと背筋を伸ばす筋肉もつきますし、筋肉がついた後ろ姿はとてもキレイです。

女性ならば少し背中の空いた服を着ることもあると思いますが、筋肉のついた後ろ姿は同性から見てもキレイです。

運動選手やダンスをしている人の背中を見ればそれは分かるでしょう。

後ろ姿でドキッとさせることができます。


5.食生活にも気を付ける

食生活にも気を付けることで後ろ姿をキレイに見せる為の筋肉をつけてあげることができます。

代表的な食べ物は肉類、魚類で高タンパク、低カロリーな食品を摂るといいです。

肉類であれば牛ヒレ肉、豚ヒレ肉、鶏の胸肉、ささみ。

魚類であれば、サケ、サバ、タラ、マグロの赤身等です。

こういった食品を積極的に摂ることで、後ろ姿をキレイに見せる為に必要な筋肉を付ける助けになります。

運動やエクササイズをする等の外からの働き掛けと一緒に食生活にも気を付けて、より後ろ姿をキレイに見せるように努力していきましょう。



6.均整のとれた筋肉をつける

後ろ姿をキレイに見せる方法として、均整のとれた筋肉を手に入れることも有効です。

ジム等でトレーニングをして筋肉が欲しい箇所に筋肉を付けるのもいいのですが、全身運動をして均整のとれた筋肉を手に入れることもできます。

例えば水泳とか、エアロビクスとかダンスがオススメです。

水泳は水を掻かないといけないないので、腕を必ず使うことが必要になってきますので、背中の筋肉をダイレクトに鍛えることができます。

そして水泳は水中で行うので、負荷をあまり感じることなく楽に行うことができます。

他にエアロビクス、ダンスは常に恥骨に力を入れて姿勢を正すのが基本になりますので、背中をキレイに見せる為に意識するコツが自然に身に付きます。

楽しくストレス発散して、欲しかったキレイな後ろ姿も手に入れましょう。