別れの言葉で分かる相手の本音。元カレがどんな気持ちで振ったのかを知ろう

最終更新日:2017年1月4日

別れの時に彼がかけてくる言葉は色々ですが、彼がかけてくる言葉をそのままとらえるのではなく、そこから彼の本音がわかることがあります。

別れ際の彼の言葉にはどんな本音が隠されているのでしょうか。

その言葉と本音についてご紹介していきます。

1.「幸せにする自信がない」というのは、彼女との恋愛に疲れたから

別れ際に「○○のことを幸せにする自信がなくなった」という言葉をかける人は少なくありませんが、そういったケースではあなたとの恋愛に疲れてしまい自信をなくている状態です。

あなたが恋愛において彼を振り回していて疲れた、あなたに結婚を急がされて疲れたなど、合わせることがしんどいという本音が隠れています。

疲れたというぐらいならまだましで、あなたはわがままで一緒にいることが嫌になったという本音が隠れている場合もあります。

そういった時に、幸せにする自信がないという言葉を使うと、自分の力不足でごめんという風に表現することもできますし、オブラートに包んで別れを切り出すことができるので便利な言葉です。

その為によくこういった表現をされることがあります。

2.「仕事が忙しくて恋愛と両立できない」というのは、彼女への気持ちが冷めたから

男性にとって仕事というのは生活の中で重要な位置を占めていて、仕事が忙しいという言葉を使うことで、色々な場面で仕方がないなという風に思ってもらうことができます。

しかし彼女のことが好きであれば、いくら仕事が忙しくても、その合間に彼女と会う時間を作ることもできますし、別れたいとまでは思わないものです。

「仕事が忙しくて恋愛をする時間がないから、ごめん」「仕事に集中したいから」ということを理由にしてくる男性は少なくないのですが、こういったケースの場合は本当に仕事が忙しいのではなく、本音としてはそこまで彼女を大事にする気持ちがなくなったから別れたいという気持ちが隠れています。

「気持ちが冷めたから」という表現を使うことは彼女を傷つけるかなと気を遣う男性の場合は、仕事という納得してもらえそうな理由を持ち出してきて、その為に別れようと言います。

しかし本音のところでは彼女のことが好きではなくなった、恋愛をするのがめんどくさいという気持ちが隠れています。

3.「もう好きじゃなくなったから」というのは、彼女に対して不満を抱えていたことが爆発をしたから

「もう好きではなくなった」「嫌いになった」という表現でストレートに表現をしてくる人もいます。

そういった言葉を彼からかけられるとなぜ?と思って、大きなショックを受けるでしょう。

理由をはっきりと伝えることをせずにキレイな言葉でぼかして伝える人が多い中で、こういったストレートな表現をする人もいます。

しかしこういったきつい言葉を投げかけてくる人ほど、あなたに対して未練を感じている可能性が高いのです。

好きじゃなくなったのには理由があり、嫌いになったのも理由があり、そこを掘り下げて聞いてみることで、改善ことができて二人の仲も元通りにということが期待できます。

きつい言葉を投げかけられてショックという場合にこそ、そこで別れを受け入れるのではなく、なぜそう思うのか?というところを話し合ってそこからやり直すきっかけがないかどうか探りましょう。

場合によっては一時的な不満の感情が爆発してそれをぶつけたというケースもあり、しばらくすると落ち着いているという場合もあります。

4.「他に好きな人ができた」はその通りのこともあるし、揉めたくないという場合もある

「他に好きな人ができた」という言葉で別れを切り出す人もいますが、これを言われると決定的に無理だなという気持ちを受けやすいです。

相手に他に好きな人ができたら、自分にはもうチャンスがないなという風に思ってしまうからです。

この言葉をかける人は本当に好きな人ができたという本音を話している場合もありますし、スムーズに別れたいからこそ好きな人ができたということにしている場合もあります。

別れの時には彼女の方からすがられたりしたらめんどくさいなと思っている場合には、切り出す側にとっては効果的な言葉です。

この言葉を出す時には、彼女のほうにすがる余地を与えないようにしたい、絶対に別れたいという強い意思を持って切り出している場合が多く、ここから別れを覆すのはなかなか難しいと言えます。

別れの言葉から相手の本音を知ろう

男性が別れの時に選ぶ言葉は色々ですが、伝えてきている言葉の内容が本音と一致していない場合もあります。

それを知ることによって別れに至った原因について考えることもできますし、場合によっては復縁を期待することもできます。

なるべく自分が悪者にならないように別れ際の言葉は傷つけない言葉を選ぶ人が多い中で、きついことを言ったり、好きな人ができたということを言う場合には彼なりにその言葉を選んだ本音が隠されているのです。