復縁に効果があるおまじない6つ。大切な相手との恋をもう一度【復縁専門家監修】

復縁最終更新日:2017年8月25日

別れの形はいろいろ。言うんじゃなかった、あんなこと…と後悔したり、
どうして?何がいけなかった?と、理由が分からず、ただただ呆然としたり。

一度切れてしまった関係を元に戻すのは、容易ではありません。

けれど、心がまだ相手にあるなら、諦めることはとても出来ないもの。

もしも、そうして途方に暮れているなら、ここはひとつ、古くから人が頼ってきた「おまじない」に願いを託してみるのはいかがでしょうか?

復縁に効くおまじないをご紹介します。

1.日常のなかで簡単に出来る復縁のおまじない

画用紙でおまじない

用意するものは、手のひらサイズの画用紙。
そこに、相手と自分の名前を記入してから、折り畳んで両手で握りしめます。

胸の前で、祈るような恰好となります。
その状態で、「あの時は幸せだった、今もその幸せは続いている」と、声に出して10回、唱えてみましょう。
言い終わったら、その紙を燃やし、完了です。

新聞紙でおまじない

10cm四方に新聞紙を切り取って下さい。
それから、復縁したい相手の名前を、赤字で、出来るだけ大きく書きます。

その紙を、48時間(2日間)持ち歩きましょう。
そうして3日目に紙を燃やし、灰を手のひらに乗せます。
熱い灰に触れて火傷しないよう、冷めるのを待ってから行って下さい。

手のひらの灰を笑顔で見つめ、「愛しい人、また、またね?」と声をかけ、フッと灰に息を吹いて飛ばします。

2.相手との思い出の品で

二人の写真でおまじない

二人で写した写真と、満月の夜、これが揃えば出来るおまじないです。

満月の夜に、ガラスのボウルに水を入れます。
そこに月を映し、その下に、二人の写真を置いて、「もう一度やり直したい」と強く念じます。
一生懸命、心を込めて願って下さい。

そして、その後、おまじないに使用した写真を、普段も持ち歩くようにします。
すると、次の満月までには、相手とやり直す機会が来るそうです。

相手の持ち物でおまじない

もし、別れた相手の持ち物が、まだあなたの家にあるのならば、試してみて下さい。
その持ち物を、あなたが寝る前に、自分の前に置きます。

そして両手を胸に当て、楽しかった、恋人との過去の日々を思い出しましょう。
「現在でもそれは続いている、未来でもそれは続く」と、3回、唱えます。

これは、毎晩、寝る前に行います。

3.別れの危機を乗り越えるおまじない

まだ決定的ではないけれど、相手の様子が何かおかしい。
あるいは、自分が良くないことをやってしまった、恋人に別の相手の影が見える気がする…そんなこともあるかも知れません。
別れ自体を未然に防ぐとされるおまじないもあります。

塩を使ったおまじない

何か心当たりがある場合や、原因が明確であれば、それを紙に書き出します。
恋のライバルがいるなら、ズバリその名前を書くのも良いでしょう。

その紙の上に塩を乗せ、包んでから燃やして下さい。
必ず、灰皿やフライパンなどに入れてから火をつけましょう。

燃えた後の灰は、トイレに流します。

ジプシーに伝わるおまじない

これは曜日限定、「金曜日」にやると良いとされるおまじないです。

相手の気持ちが、自分から離れそうなときに行って下さい。

用意するものは、お気に入りのペンと、白い紙。
そこに自分と相手の名前を書き、四角で囲みます。
そして目を閉じ、「Our fate is sealed.We are one.」と唱えます。

四角に囲んだ通りに紙を切り抜き、それを、自分の枕カバーか、下着入れに入れて、完了です。

復縁に向けて最大の努力をしよう

どうしても忘れられない相手や、別れたあとで、はじめて自分にとってどれだけ必要な人であったか分かった、という相手、さまざまな別れの形があります。
それを頭の中で自問自答し、悶々と日々を過ごすのは苦しいでしょう。

しかし、だからといって、焦ってすぐに会おうとしたり、電話やメール攻めにしたりするのも、タイミングが悪ければ逆効果かも知れません。
相手は、あなたのそのアクションを受け入れられる状態でしょうか?接触の機会を間違えば、かえって関係は悪化しかねないのです。

最悪の場合、対話のチャンネルさえ閉ざされかねません。
これ以上拗れることだけは、絶対に避けたい筈です。

お互いに冷却期間が必要な場合もあります。
時機を見極めるためには、例えば共通の知人がいるなら、その人を通じ、相手の状況を探ってみるのも良いでしょう。

ただ、何もせずに待つのも辛いものです。

そんなときこそ、心を静かに願いをこめる「おまじない」、試してみるのはいかがでしょう。
ただし、どんなおまじないでもそうですが、心から信じ、やり抜くことです。
行っている最中、ちらりとでも疑いが浮かんだら、即座にやり直して下さい。

信じて、そうして、続けることが大事です。
すぐに効果があれば何よりですが、基本的には、三ヶ月程は続けるものであるそうです。
それをやると決めたなら、結果が出ることを信じ、忍耐強くおまじないを続けてみましょう。

またおまじないをしたから100%復縁できるとは限りません。
自らの行動も含めて最善の策を尽くしましょう。

 

    「復縁に効果があるおまじない6つ。大切な相手との恋をもう一度」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く