ワキガが気になる女性の改善・解決方法4選!ポイントはワキに汗を溜めないこと

自分磨き最終更新日:2018年4月26日
ワキをあげる女性

ワキガは汗をかくと余計ににおいが気になるし、
洋服にもにおいが移ったりと気になるものです。

どんなに香水などを使ってごまかそうとしても、
余計ににおいがぶつかり合ってもっと気になってしまいます。

他のにおいでごまかすのではなくワキガ臭が気にならなくなるように根本的なところから改善していく必要があるでしょう。

そこで今回は女性が気になるワキガを改善する方法についてご紹介します。

1.ワキ毛はちゃんと処理する

汗をかいてそれが細菌と混ざり合って臭いが発生しているので、
脇が濡れていなくてサラサラの状態がベストです。

ワキ毛がちょっとでも生えていたら
汗をかいたときに汗が留まってしまう時間が長くなります。

するとワキガ臭が気になってしまうので、キチンと処理をしてツルツルな状態でいることです。

ただワキ毛を毛抜きで抜くのはやめてください。
毛穴に雑菌が入りもっと臭いが酷くなってしまう可能性があります。毛穴に負担を掛けない脱毛方法で処理をしてください。

そうした肌への負担が怖い場合には銀座カラーやTBCといったエステで脱毛することも良いでしょう。

2.汗取りパッドを使用する

通気性が悪い洋服などは汗がなかなか引かない為にワキガ臭を強めてしまいます。

そんな時は汗取りパッドを使用して汗を吸い取るようにしましょう。
今は消臭機能のついた汗取りパッドが有りますし、汗取りパッド付きのインナーも売られています。

普段からそれらを使うことで、脇が汗で濡れている状態を減らしワキガが抑えられていきます。

3.スプレー、クリームをする度に拭いてから使用する

外出先でも、臭いが気になってしまったり、汗をかいてしまったらスプレーやクリームを塗ると思いますが、
その度に脇を拭いてリセットしてから、使用する事でにおい予防に繋がります。

結局のところ消臭スプレーといっても臭いの全てを消せるのではなく抑えている部分も有るのです。

抑えているのであればどんどんと蓄積されていっているわけですから、
クリームをしてもどんどんと厚塗りされていきベタベタしてしまい、臭いを引き起こしていきます。

外出先などで使用する度に、無臭のシートで拭くなり、濡れタオルで拭くなりして清潔にしてから、スプレーやデオドラントクリームを利用してください。

4.こまめにお風呂に入る

清潔に保つ事でワキガの臭いが気にならなくなっていくのですから、
汗をかいて疲れて帰ってきても、すぐにお風呂に入って下さい。

汗をかいたなと思ったら汗を流せる時はシャワーなどで汗を流しましょう。

ボディソープで体を洗ったあとに、塗って流すだけの汗やベタつきを抑えるボディローションを使うと汗がかきにくくなるので良いでしょう。

ワキガ対策を入念にしよう

ワキガは対処方法次第では、臭いを気にならなく出来ます。

日々気を使ってケアをすることで、だんだんと臭いを抑えられていくでしょう。

臭いが気になるときだけにやるのではなく、常に習慣付けて実践すると効果があります。

 

    「ワキガが気になる女性の改善・解決方法4選!ポイントはワキに汗を溜めないこと」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。