笑いのツボが浅い人の特徴とは。すぐに笑う人の理由を知ろう

人の特徴最終更新日:2018年4月28日

何かあっただけですぐ笑ってしまう人、なんで笑っているのかよく分からない人が身近にいる人もいることでしょう。

笑いのツボは人様々ではありますが、どうしてここで笑っているの?と感じる場合もあります。

笑うところでもないのに笑っている人をみると、不思議に感じますよね。

では、このような人は、どうしてすぐに笑ってしまうのでしょうか。

今回は、笑いのツボが浅い人の特徴をご紹介します。

1.場の空気に流されやすい

笑いのツボが浅い人の特徴として、場の空気に流されやすいといえます。

笑いはおもしろい時に起こるのが普通ですが、言葉であったり、表情であったり、場の空気であったりとその起こる理由は様々です。

笑いのツボが浅い人に多いのは場の空気に流されやすい人であり、場の空気が楽しい状態であれば、自分も楽しくなってしまう場合がよくあります。

場の空気に流されやすい人に多いのは、周囲につられて笑ってしまう人です。

自分は面白いとはとくに思っていないのですが、周囲の人の笑いを見るだけで、なぜか自分までつられて笑ってしまいます。

他の人からすればどうして笑っているの?となりがちなのですが、何か面白いことがあったから笑っているわけではなく、場の空気が楽しかったから、誰かが笑っているからなどの状況につられて笑っています。

そうすると、周囲の人としてはなぜ笑っているのかわからず、笑いのツボが浅いと思われてしまいます。

2.独特なリズムに反応する

笑いのツボが浅い人の特徴として、独特なリズムに反応する場合があります。

笑いのツボが浅い人によくあるのが、話し方が面白かったなどの言葉です。

内容がどうだったかではなく、その話し方に反応して笑っているのです。

また、タイミングに反応する人も多く、本人も何故笑ったのか理解できていない場合もよくあります。

独特なリズムとは音楽のことだけではなく、話し方のタイミング、イントネーションなどなど、あらゆるリズムの事を指します。

笑いのツボが浅い人は物事を感覚的に捉えている人が多く、話の内容を重視していないことが多いのです。

そのため、まだ話が終わっていないのになぜか笑いだす、なんにも無いところで急に笑い出すなどの言動が起こるのは、このようなリズムに反応したからであり、感覚的に物事を捉えやすいところが影響しています。

3.些細なことに気づきやすい

笑いのツボが浅い人の特徴として、些細なことに気づきやすい人だといえます。

笑いのツボが浅いのは他の人とずれているからだと考えがちですが、人によっては他の人よりも先に反応している場合があります。

言い間違えがその一例で、時には話している本人すら気づかない言い間違いなどもあるでしょう。

言い間違えが笑いの場面になることはよくありますが、その多くは誰もが気づく間違いだからです。

そのため、誰にも気づかれない言い間違えは笑いにならないことが多く、些細なことに気づきやすい人がいち早く反応してしまいます。

その他にも、普段との違いから笑ってしまう場合もあります。

些細なことに気づきやすい人は普段一緒にいる人の変化に気づきやすく、いつもと違った話し方などにすぐに反応してしまいます。

その違いに気づいて、違和感があるので笑っているのですが、周囲の人からすれば何で笑っているのかがイマイチ分からず、笑いのツボが浅いと言われてしまいます。

4.雰囲気が明るい

笑いのツボが浅い人の特徴として、雰囲気が明るいといえます。

いつも笑っている人をイメージするとわかりやすく、どんなときでも明るいのです。

明るい人は普段から笑顔が多いために、笑うことも多くなるといえます。

そのため他の人と違う場面で笑ってしまう事も多々あり、その事が笑いのツボが浅いと言われてしまうことになります。

雰囲気がいつも明るい人はよく笑っているのですが、何が楽しいのか周囲からは伝わりにくいことがよくあります。

本人としては本人なりの理由があって笑っていますが、その雰囲気が周囲と同じとは限らないのです。

そのため、いつも通り笑顔で笑っているのにも関わらず、笑いのツボが浅いと言われてしまい、どこか笑いがずれている、しょうもないことでも笑っているなどのイメージを持たれてしまいます。

笑いのツボが浅い人の特徴を知ろう

笑いのツボが浅い人の特徴としては、楽しい人が多いといえます。

些細な事でも笑顔になることのできる人であり、ちょっとした違いに気づいて笑いに変える人だといいかえることも出来るでしょう。

周囲からすれば笑いのツボが浅いのだと感じるかもしれませんが、本人には楽しくなる理由がきっちりとあります。

また、笑いのツボが浅い人に多いのは、感覚的であることです。

理論的な人は言葉に反応しがちですが、笑いのツボが浅い人は感覚的に反応することができます。

そのため、雰囲気などの言葉では表現できないものにも面白さを感じて笑うのですが、理論的な人にはその感覚が理解できず、笑いのツボが浅いと評してしまうこともあります。

 

    「笑いのツボが浅い人の特徴とは。すぐに笑う人の理由を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. Chibikukku2018/05/14(月) 12:49

    楽しくて、いつも笑っている人の側にいると、自分もなんとなく楽しくなってくるから、みんなが集まってくる気がします。

  2. 2. km2018/06/11(月) 21:12

    話をしていてたまに謎のタイミングで吹き出す人とかいますねー。
    感覚的にとらえてるってすごい納得。いい間違いとか噛んだとかすぐ反応するから、細かいことに気づくっていうのもわかるな。

この記事への感想を書く