悪口を広める人の心理とは。なぜ周囲に悪口をばらまくのか

最終更新日:2016年6月22日

クラスや職場など、どこにでも他人の悪口を言う人っていますよね。

人の悪口を口にし、それを広げる人たちはどういった心理からそのような行動をとってしまうのでしょうか。

今回はそんな悪口を広める人の心理をご紹介します。

1.自分を優位に見せたい

他人の悪口を言う人は、自分にコンプレックスを抱えている場合が多々あります。

そのコンプレックス故に、自分に強い劣等感を抱えてしまいます。

本来、人はその劣等感やコンプレックスを信頼出来る誰かに話して聞いてもらうことで強くなります。

そして、最終的にはその劣等感を自分の力で乗り越えなくてはならないのです。

しかし、間違った方法でその劣等感を解消しようとする人がいるのです。

そういった人は、自分以外の他人の誰かを悪く言います。

その人の悪口を言い、その人の存在が自分より下の存在だと周りに印象づけたいと思っているのです。

特に、自分より優れているのではないかと驚異に感じている相手や、勝手にライバル視している相手の悪口を言う傾向があります。

自分の話す他人の悪口を聞いてくれる人と一緒になって他人の悪口を言い、自分の方がその人より優位な存在なのだと印象づけたいのです。


2.仲間が欲しい

特定の誰かの悪口を一緒に話す人たちを仲間だと認識する人もいます。

共に誰か特定の人の悪口を言うことで、グループの結束力が増す場合があるからです。

このようなケースは、学校のクラス内のイジメ問題にも繋がりやすく、非常に危険です。

ここで一緒に悪口を言わなければ今度は自分が悪口を言われてしまうかもしれない、仲間はずれにされてしまうかもしれないという危機感が生まれてきます。

そういった危機感から、特定の人物の悪口がどんどんと連鎖していってしまいます。

一緒に悪口を言い合う相手は、決して仲間などではありません。

本当の仲間が欲しいのならば、もっと別の方法で探すべきでしょう。

人の悪口を言い合う人たちの中にいては、今度は自分の悪口を言われてしまうかもしれません。

もっと強い心を持ち、本当の仲間を探してください。

3.全てにおいて順位をつけたい

マウンティングという言葉が流行りました。

特に、女性は無意識のうちに相手が自分より上なのか下なのかを考えてしまう生き物のようです。

あの子より私の方が頭が良い。
あの子より私のほうが可愛い。
あの子より私のほうがスタイルがいい。

他人と自分を比べる要素は、未知数にあるでしょう。

しかし、それを自分の中だけに留めておけない人もいるのです。

そういった人は、自分のつけたマウンティングを白日の下に晒したいと思うのです。

そのため、自分の方が可愛いとマウンティングされていた女の子が周囲に可愛がられていると納得が出来ず、悪口を叩きます。

そして、自分の評価を上に上げようとします。

しかし、問題なのはそれらが全て自分本位な順位なので、いろいろな女の子の悪口を叩きまくらなくてはならなくなるでしょう。

そのような女性は周りにどう映るのでしょうか。


4.他人の悪い所が目に付く

人には、誰しも良い所と悪い所があります。

しかし、自分の悪い所には人はなかなか気づきにくいものです。

そして、何故か人は自分の悪い所を棚に上げ、他人の悪い所ばかりが目に付くのです。

それを悪口として周囲に話す人も多くいます。

「○○はだらしがない」「仕事が遅い」など職場で口にしている人って多いですよね。

しかし冷静に見てみると、その悪口を言っている人と悪口を言われている人のやっていることが似ていたりします。

それはどうしてなのでしょうか。

人は、毎日小さな小さな後悔を繰り返して生活しています。

「今日はもっと早く仕事終わらせられたのにな」「もうちょっと丁寧に書類をまとめればよかったな」などと、寝る前にふとベッドで思うことも多いのではないでしょうか。

自分が日々そうやって後悔している行動を、目の前の第三者がとっていると、何故か人ってとても気に障るものです。

自分もついついやってしまう失敗や行動、治したいと思っていることを目の前の人がやっていた時、つい愚痴ってしまいます。

それは同時に自分自信への愚痴でもあるのですが、本人はなかなかそのことに気づきません。

あなたの周りにも、そんな人はいませんか。

いつも細かい指摘や注意ばかりをしてくるのに、注意している本人が出来ていないような人たち。

そんな人たちは、他人の悪い所と自分の悪い所を無意識に重ねて見ているのでしょう。

悪口を広める人の理由を知ろう

このように他人の悪口を広げる人は、自分に自信がなくコンプレックスを抱えているので、そんな自分と誰か仲間になってくれる人はいるのかなといつも不安を抱えています。

その不安ゆえに、自分以外の人の悪口を言い、周りとの結束を固めて安心したいと思うのです。

しかし、そのようなことをしていては本当の絆は生まれません。

周りの悪口を言う前に、まずは自分を見直すことから始めなくてはなりません。