ヤキモチや嫉妬心をコントロールする方法とは。辛い気持ちをなくしていこう

恋愛最終更新日:2018年1月11日

ヤキモチや嫉妬心は、相手に重く感じられる以外にも、自身も苦しい思いをすることが多いです。

苦しい思いを上手くコントロールできるようになれば、相手に対しても、また自分にとって都合が良いのではないでしょうか。

苦しいヤキモチや嫉妬心をコントロールする方法をご紹介します。

上手くコントロールすることで、また更なる魅力を手にしてみましょう。

1.自分に自信を持つこと

誰かと比べたり、自分の劣っている点を見てしまうと、相手に嫉妬してしまうことがあります。

「負けてしまうかも」「自分には無理」と相手に対抗心を持つと同時に比較してしまい、自信が持てないでしまうと、相手にヤキモチや嫉妬心を持ってしまいます。

相手と比較した時に、自分に自信が持てていないと、それが醜い感情へと変化してしまうものです。

ヤキモチや嫉妬心をコントロールするためには、まず自分に自信を持つ必要があるでしょう。

その相手よりもすべてにおいて優れるように努力することは難しいですが、何か一つだけでも上回ること、輝かせることは可能なはずです。

外見では勝てないのであれば中身を磨くといったように、違う角度から責めてみると良いでしょう。

「この人よりも優れている所がある」という自信が一つでも持てるようになると、自然とヤキモチや嫉妬心をコントロールできるようになるでしょう。

2.相手と距離をとる

ヤキモチや嫉妬心は、身近な人に対して持ってしまう傾向にあります。

例えば「この人のことは自分が一番知っているのに」「一番仲が良いのは自分なのに」と、その人との距離が近いために「自分のもの」という意識を強く持っている状況です。

ヤキモチや嫉妬心をコントロールするためには、こうした感情を持ってしまう相手と距離をとることもひとつの方法です。

距離が近すぎるために、相手の行動や仕草まで気になり、ちょっとのことでヤキモチや嫉妬心を持ってしまうようになります。

例えばその相手と一日連絡を取らないでみる、会わないでみるという距離の取り方でも良いでしょう。

相手を見ない、声を聞かないという状況をあえて作り距離をとることで、ヤキモチや嫉妬心を持たないように工夫します。

こうした感情を持ってしまう相手を、視界に入れないでみることも、コントロールする方法になります。

近すぎる距離や関係には、醜い感情が生まれやすくなってしまいます。

3.信頼関係を築く

ヤキモチや嫉妬心を持つ人の中で「相手を信用できない」「相手が分からない」という関係が曖昧な状態の中でこうした感情を持ってしまう人もいるでしょう。

このような場合のヤキモチや嫉妬は、相手との間に信頼関係ができておらず、まだ相手を信用しきれていないことが多いです。

相手にこの気持ちを解消してもらいたいと願うだけではなく、お互いの関係をもっと深いものにしていく必要があります。

相手のことをもっと知ること、受け入れることが必要で「こういう人なんだ」ということを認識することが大切になります。

相手がどのような行動に出るのか、どんな人間性の人なのかをまだ把握できていないからこそ、ヤキモチや嫉妬心を持ってしまっている状態。

もっと相手と話をする時間を設ける、相手の意見や考えを真剣に聞く、周りの交友関係や家族関係を見てみるなど、相手を知ることで妄想や想像によるヤキモチや嫉妬は持たなくて済むようになります。

今あなたに大事なのは、ヤキモチや嫉妬をしないようにすることではなく、相手との信頼関係を築くことです。

多少時間がかかるかもしれませんが、信頼関係ができていないと、いつまで経っても醜い感情を持ち、さらにエスカレートしてしまうこともあります。

4.素直に相手に伝える

意外とヤキモチや嫉妬心をコントロールできる方法は、素直になることです。

自分の中で我慢したり、嫉妬し続けたままでいることで、その思いは苦しいものになっていきます。

もし相手に伝えることができるのであれば、その思いを素直に伝えてみることも良い方法です。

「今の嫉妬しちゃった」「ヤキモチ妬いちゃう」と、相手に伝えることで自分の感情を表に出せたことに多少の満足感が得られます。

また、相手もあなたの気持ちを理解することができます。

「こういうことをすると嫉妬しちゃうんだ」「こういう顔をしている時はヤキモチを妬いているんだ」と、あなたをもっと知ることができる機会でもあります。

お互いの価値観をこうして知っていくことで、どこからしていけないことなのか、どうすることが良いのかということを、考えることができるでしょう。

素直に伝えることに勇気が必要かもしれませんが、自分の中で我慢し続けたり、強がっているばかりでは、相手もあなたの気持ちを察することができません。

お互いに理解を深めるためにも「素直に」自分の気持ちを伝えてみると良いでしょう。

ヤキモチや嫉妬心をコントロールしよう

ヤキモチや嫉妬心は「可愛い」と思えるケースもあれば「重い」「うざい」「怖い」と思えるケースもありますよね。

相手との関係性、伝え方によって、その感情は醜いものとなってしまうことがあります。

自分のこうした感情をコントロールすることができれば、あなた自身も楽になれるはずです。

これらの方法を用いて上手くコントロールし、相手にも負担にならないように努力してみると良いでしょう。

    この記事へのコメント

    現在のところ、まだコメントはありません。