ずっと地元に暮らす人の心理とは

最終更新日:2017年6月30日

生まれ育った街を出て都会に働きにいく人もいれば、地元に残って住み続ける人もいます。

都会と地元では生活がまったく違うことが多いですが、地元が好きな人は都会への憧れはないのでしょうか。

そこでずっと地元に暮らす人の心理についてご紹介します。

1.友達や知り合いが多いので楽しい

地元に住み続けることによって、子供の頃からの友達や知り合いと一緒に暮らすことができます。

地元にいれば友達がどこにいるかわかりますし、ちょっと連絡すれば何人もの友達が集まってくるでしょう。

都会に出てしまうと友達関係も希薄にはりますし、都会で新たな交友関係を築かなければなりません。

地元に比べて都会の人間関係はうわべだけなことが多いので、心から友達だと言える人を作るのは難しいと思っています。

そのため子供の頃からの友達との絆は強いので、何かあったら助け合うこともできます。

地元に住んでいるだけで友達付き合いがそのまま継続できるので、住んでいて楽しいことが多いです。

わざわざ友達のいない都会へいくよりも、友達と仲良く地元で住んでいた方が楽しいと思っているのです。

2.地元が好きなので貢献したい

都会に比べて地方の地元は若者離れが進んだり、仕事が少なくて大変な地域もあります。

そのため昔から住んでいる地元に貢献したいと思うようになり、地元に残って仕事をすることで活性化の役に立ちたいと思っています。

若い世代が地元に残って仕事をするだけでも地元の活性化に繋がるので、昔から住んでいる大好きな地元に貢献しようという思いから、地元で暮らしたいという思いが強くなります。

実際に地元に住み続けると昔の仲間と協力することも多く、仕事やプライベートの面で助け合うことも多くなります。

いつかもっと地元が活性化してほしいという思いから、大好きな地元に住み続けるのです。

3.慣れた土地なので安心して暮らせる

自分が住み慣れた地元で暮らしたいと思うのは、慣れた土地だからこそ安心して住み続けたいと思えるからです。

子供の頃から住んでいる地元なら、いろいろな場所に行った思い出も多いでしょう。

普段は行かないような場所に探検に行ったりするので、地元では行ったことがない場所がないほど詳しく知っているものです。

そんな慣れた時に住み続けることによって、いつでも安心して暮らすことができると思っています。

何か困ったことがあれば友達を頼ることもできますし、お店を探す時もどこにどんなお店があるかもすぐにわかります。

例え不便な地域だとしても住み慣れているので不便さを感じることなく、安心して住み続けることができるという心理が働いているのです。

慣れない都会暮らしよりも、生活が大変でも地元で暮らした方が安心できるという思いが強くあるのかもしれません。

4.自分がやりたいことが地元でできる

地元を離れて都会に仕事をしにいくのは、自分がやりたい仕事が都会に行かなければできないので、働きに出ていることが多いのです。

そのため地元で自分がやりたい仕事が見つかれば、都会に働きに出ることもありませんし、慣れた土地で働き続けることもできます。

自分がやりたいと思える仕事が地元でできれば、そのまま住み続けることができるので安心して住み続けられます。

仕事を探して都会に出た時には、やはり知らない土地に住むのは不安が多きものです。

そのため地元に住み続けながらやりたい仕事が見つかるのがベストな選択肢なので、やりたい仕事があるからこそどこにもいきたいと思わないのです。

仕事はこれから何十年とやり続けなければいけないものなので、やりたい仕事が見つかることはとてもラッキーなことかもしれません。

それが慣れた地元で見つかればこれ以上安心して働き続けられる場所はありません。

5.都心へ行っても結局は地元の戻るとわかっている

地元を離れて働きに出たとしても、数年後にはUターン帰郷をして変えてくることになることをわかっているのかもしれません。

自分はできれば地元を離れたくないという気持ちを強く持っていれば、いずれは地元の戻りたいと思う気持ちは捨てられません。

そのためある程度都会の生活に満足したり仕事がひと段落した時に、地元に帰ろうと思うのです。

結局地元に帰るのであれば、初めから地元で何か仕事を探して住み続けた方が良いという気持ちが強くあります。

同じ仕事を続けた方が収入が上がるのも期待できるので、自分は都会へいってもいずれ地元に戻るという意思が固い人は、初めから地元に染み続けたいと強く思っているのです。

地元が好きなので離れたくない人たち

地元のずっと暮らす人の心理としては、結局は地元愛が強い人なので、楽しく地元で暮らし続けられることが一番の願いです。

仕事の関係で地元を離れるのは嫌だと思いますし、友達との関係を壊したくないという思いが強いほど、地元で働いて住み続けたいでしょう。

住み慣れた地元が一番居心地がいいので、地元愛を持った人ほど地元にずっと住み続けたいと願っています。