愛とお金どちらが大事なのか。愛はお金で買えないは本当?

恋愛最終更新日:2018年4月28日

愛とお金、どちらが大事なのかというのは、人にとって永遠のテーマです。

どちらが大事かと言われて即答できる人はなかなかいないのではないでしょうか。

愛がなければ人は精神的欲求を満たすことはできませんし、もちろんお金がなければそもそも生活することができません。

あなたは愛とお金、どちらが大事だと考えますか?

1.愛が大事だと言われる理由

そもそも、人にはなぜ愛が必要なのでしょうか。

愛は必要、そんなの当たり前と思っている人はほとんどですが、その理由を明確に答えられる人は少ないものです。

私たちは生きていくうえで、大きな愛から、些細で小さな愛まで、いたるところにある愛に囲まれています。

愛にあふれる世の中で生きているのです。

例えば、家族と楽しく談笑し、母親が作ってくれたご飯を食べ、子供がいる人は子供をあやして寝かせ…など、よくある家族の光景は家族から家族への愛で成り立っているものです。

愛があるからこそ楽しく話し、愛があるからこそ家族にご飯を作るのです。

ここに愛がなければ、そのような光景は生まれないものです。

家族の光景でなくとも、職場、友人、見知らぬ人同士でのやり取りの中にでも些細な愛は存在します。

街を歩いていて、前にいる人が開けたドアを自分が来るまでさり気なく開けて置いてくれる、という気遣いも愛の一つです。

普段当たり前になっているやり取りの中で忘れがちになっていますが、私たちの生活は人と人との愛によって成り立っているのです。

愛がなければ私たちの暮らしは成り立たたないものです。

2.お金が大事だと言われる理由

お金が大事と聞いて、なんだか「汚い」「せこい」などあまりいい印象を持てない人もいるかもしれません。

しかし、お金は私たちが生きていくうえで絶対になくてはならないものです。

これは説明しなくてもお分かりの通り、単純にお金がなければ私たちは生活ができないからです。

今自分が眺めているパソコンも、パソコンを見るための眼鏡も、パソコンをしながらのどを潤すための缶コーヒーも、お金がなければ手に入れることができません。

私たちの身の周りのものは、基本的にお金を出して購入したものであふれています。

働いてお金を得て、そのお金で物を得なければ私たちの生活はそもそも成り立たないのです。

愛があれば私たちは精神的には満たされます。

しかし、精神的に満たされていてもお金がなくて飢えてしまうのであれば本末転倒です。

愛とは別の面で、お金も絶対になくては生きていけないのです。

3.愛が大事だと言う人の特徴

愛とお金、それぞれが大事で優劣はつけられないという意見は多いですが、愛の方が大事だと声をあげる人もいます。

そのような人は、なぜ愛が大事だと唱えるのでしょうか。

愛の方が大事な理由としては、人が生きていくために絶対に満たされなくてはいけない欲求は、物理的なものよりも精神的な欲求だと考えるからです。

貧しくお金がなかったとしても、人との寄り添いや愛ある助けがあれば人は生きていくことができると考えるのです。

そして、愛が大事だと言う人は「お金が大事」という考え方に対してひどく嫌悪感を示すところがあります。

お金は大事なのはわかっていても、お金で全て物を解決しようとする姿勢は意地汚いイメージをどうしても払拭できないからです。

4.お金が大事だと言う人の特徴

逆に、お金の方が大事だと言う人はどのような人なのでしょうか。

愛よりもそもそもお金がなければ生きていけないという人は、精神的な欲求や、目に見えない愛というぼんやりとしたものの優先順位を低く置く、現実主義的な考え方をする人が多いです。

確かに愛、思いやり、優しさなどの概念は目に見えるものではありません。

それよりもお金という目に見えてわかりやすいものの方が大事だと思うのです。

精神的に満たされていても、お金の前に人は無力なものです。

お金がなくても幸せ、と言う人がいても、いざ大金を前にすればそれに目がくらんでしまうかもしれません。

人はお金がなければ食料も、寝床も、衣服も手に入れることが叶わず、お金がなくても幸せという考え方のも限界があります。

お金の方が大事だと言う人は、ぼんやりとした精神的欲求を満たす考え方を否定する傾向のある現実主義な人が多いのです。

5.結論、愛とお金どちらが大事なのか

では、結論として、愛とお金はどちらが大事なものなのでしょうか。

それは、やはりどちらとも明確な答えが出るものではありません。

人によってそれぞれの主義主張で愛の方が大事、お金の方が大事と考える人はいますが、一般的にこの問題は人によって永遠の、究極のテーマです。

そもそも、愛は人の精神的欲求を満たすもので、お金は物理的欲求を満たすものです。

どちらの欲求も満たされなくては人は生きていけませんので、愛とお金、どちらが大事なのかは答えが出せるものではないのかもしれません。

愛とお金どちらが大事なのか

愛とお金どちらが大事なのか、明確な答えを持っている人はなかなかいないものです。

どちらもなくては人は生きていませんので、愛かお金、どちらかを優先して生きていこうとする考え方はそもそも辞めたほうがいいのかもしれません。

愛もあって、お金もある、そのように精神的にも物理的にも満たされる生活が送れるようにしていけることが、人として最も幸せな生き方だと言えるでしょう。

 

    「愛とお金どちらが大事なのか。愛はお金で買えないは本当?」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く