挨拶を返さない人の心理とは

最終更新日:2017年5月31日

挨拶はコミュニケーションの基本なので、社会人になったら挨拶だけはしっかりしろと教わるものです。

しかし中には挨拶をしても返さない人もいますが、積極的に他人と関わろうとしない人もいます。

そこで挨拶を返さない人の理由や心理についてご紹介します。

1.挨拶をするのが面倒だと思っている

挨拶を返さない理由としては、挨拶をすることが面倒なのでしたくないと思っているのです。

挨拶だけで終わればいいのですが、その後雑談をしたり話をすることも多々あります。

他人との接点を嫌う訳ではありませんが、自分の時間がどんどん減っていくことが嫌だと思っています。

特に朝の貴重な時間をムダな話をして過ごすよりも、自分のための時間に使いたいと思っているのかもしれません。

このタイプの人は文科系の人に多く、自分の考えを優先してしまう人が多くなります。

体育会系の人ならばまずは挨拶が基本で叩きこまれるので、人と会ったら自然と挨拶をすることが体に染みついています。

人とのかかわりよりも自分のことを優先したいと思うので、挨拶をするのが面倒だという心理が働いているのです。

2.好き嫌いが激しい性格

自分が好きな人に対しては積極的に挨拶をしますが、嫌いだと思う人にはあからさまに無視をする人も多々います。

社会人になって仕事をする時には、自分が好きな人だけではなく、嫌いだと思う人とも一緒に仕事をしなければなりません。

そのため嫌いだと思う人にもとりあえず挨拶だけをしようと思いますし、後々トラブルになるのも嫌なので無視をすることもないでしょう。

しかし自分の好き嫌いの性格がはっきりしている人は、嫌いな人に対して一切口を利きたくないと思ってしまいます。

そのため自分が嫌いな人から挨拶をされても、完全に無視をして挨拶を返そうともしません。

特に上の立場の人が下の立場の人から挨拶をされた時に、嫌いな相手だと無視をして挨拶を返さないことはよくあります。

職場での立場の上の人が自分の好き嫌いによって、話したくないので挨拶を返さないで無視をしています。

3.人とのコミュニケーションが苦手

挨拶は人とのコミュニケーションの基本ですが、コミュニケーションが苦手な人は挨拶をすることも下手です。

人と接することが苦手なので、例え挨拶をしようとしても思うように挨拶をすることができません。

まず自分が挨拶をされるとは思っていないので、心の準備もできていません。

そのため突然挨拶をされでもとっさに挨拶を返すことができません。

人とのコミュニケーションができる人ならば、挨拶をされればすぐに返すことはできます。

しかし人とのコミュニケーションに慣れていないので、とっさに挨拶を返すことができません。

コミュニケーションが苦手な人は自分では挨拶を返しているつもりでも、声に出さないで心の中で返事をしていることもあります。

これは人と話をするのが苦手なので、いつも自分の心の中で気持を抑え込んでいるからこそ、とっさの時に声に出すことができません。

コミュニケーションが苦手な人は挨拶を返さないのではなく、返したくてもとっさに返すことができないのかもしれません。

4.合理的な考えを持っている

人と挨拶をすることは相手とコミュニケーションをとる手段として有効ですが、その人との接点がこの後なければ挨拶をする必要がないと考えているのかもしれません。

その日1日一緒にいる相手ならば挨拶をしても良いと思っていますが、空いたつをしただけでその後会うこともなければ、挨拶するだけ無駄だと考えます。

合理的な考え方を持っている人は、人によって挨拶をしてもいい人としても意味がない人を分けています。

その日初めて会った人に挨拶をするのではなく、その日一緒に仕事をする接点のある人だけ挨拶をすればいいと思っているのです。

社会人としての基本的な一般常識よりも、自分の合理性を貫いている人は自分の考えに従って挨拶を返さないのです。

5.朝は調子が悪く不機嫌

朝からテンションの高い人はほとんどいませんが、朝が特に苦手だという人は多いでしょう。

そのため朝は調子が悪く機嫌が悪いので、集中力が散漫になっていることも多いです。

人から話しかけられても頭がボーっとしているので、何を言われたか分からないことも多く、時間が経たないと本来の状態にならない人もいるでしょう。

挨拶を返さない人は朝で調子が悪かったり機嫌が悪いので、人と接したくないと思っています。

そのため人から挨拶をされても無視をしたり、または聞こえていても頭がボーっとして意味を理解していない可能性が高いです。

朝が弱い人は毎日のことなので、朝不機嫌な人にはなるべく近づかない方が良いでしょう。

挨拶を返さない人の心理を知ろう

挨拶を返さない人は自分のことを優先していることが多いので、一般的な考え方やマナーが通用しない人が多いです。

社会人としての常識を十分に理解していれば挨拶は絶対に返しますし、本来ならば自分から挨拶をするものです。

そのため挨拶を返さない人は常識が通用しないことが多いので、一般常識で相手のことを理解しようとは思わないようにしましょう。