「遊んでそう」と思われる女性の言動や行動

最終更新日:2015年8月2日

本命の相手とは別に異性の友人を持つ事は、珍しい事ではありません。

しかし気がつかない内の言動で、本命の彼に「遊んでそう」と思われる事は、避けたいところです。

ここでは、男性から「遊んでそう」と思われる女性の言動について、ご紹介します。

1.男性が求める事を知り尽くしている

まずは男性が求める事を知りつくしていると言う事が挙げられます。

例えばスキンシップで男性はドキドキすると言われていますが、やり過ぎのスキンシップやわざとらしいしぐさでは、遊び慣れている女性と言うよりも「頑張って好かれようとしている女性」「雑誌の情報をうのみにしている女性」ととらえられがちです。

しかし隣に座る男性に飲み物を勧める時にさりげなく肩に触れる様なしぐさであれば男性はドキッとしてしまいます。

それだけではなく、食事の席では全体にまんべんなく目を配りながらもおこがましくない、時々上目づかいも交えながら話してくる、お会計の際にもごちそうになる時のマナーが完璧である等、普段からも男性に慣れているのだろうとにおわせる行動が続く場合には、遊んでいる女性とみられがちです。

逆にお会計の際にぎこちなく「本当にごちそうになって良いんですか?」と困惑する様子や、バーや居酒屋さんに行き慣れておらず、オーダーの仕方やメニューについて質問する様子等、慣れていない様子を見ると、男性はこの女性は男性に慣れていないと感じるのです。

もちろん、普段から男友達が多い女性が友人から男性はこういう言動が好きだと聞いていたり、居酒屋さんやバー等男性同士が入りやすいお店に出入りしている等の理由も考えられます。

しかし直観的な考えを持つ男性脳では慣れた様子や男性を知り尽くした様子は、遊んでいる女性にイメージがつながりやすい為、注意が必要です。


2.いつも~しているという発言

次に考えられるのが、「いつも~している」「前は~していた」等、男性の影をちらつかせる発言をする女性です。

例えば、男性が主に好む様なお店や飲み屋街に「そこに良く行く」という発言や、男性着ているメンズブランドの洋服を見て、「前はそのお店も良く足を運んでいた」等という発言は注意が必要です。

男性が多く好む場所に出入りする女性と言うと、もちろん女性同士で出かけていたとしてもどうしても「他の男と行ったのでは」というイメージにつながりがちです。

そう言った発言が多くなると、普段から男性と遊んでいる女性と捉えられてしまうのです。

同じブランドが好きでその話で盛り上がりたいと思ったら、簡単な理由を添えることで相手を安心させる事ができます。

例えば、「兄がそのブランドが好きで、服を借りていた」「父がお酒が好きで家族で行った事がある」等、他の男性と遊んでいるのではなく、男性=家族であるということを明確にすることで相手の誤解を解きましょう。

同時に気をつけたいのが「男性って~だから」という発言です。

食事の席で「男性ってこういう料理好きですよね」「男性って~が好きじゃないですか」等、男性を知り尽くしたかの様に発言する事は控えた方が良いでしょう。

普段から多くの男性と一緒に過ごしているから男性の好みを知っていると思われがちであり、結果として遊んでいる女性と思われてしまう恐れがあります。

例え知っていたとしてもそう言った発言は控えるか、或いは「もしかして、男性ってこういう味お好きな人が多いですか?」と疑問形にすることが効果的です。


3.飲み会に積極的に参加する女性

会社でも、合コンでも友人どうしても、飲み会に誘われてすぐに参加する女性は遊んでいる女性と思われがちです。

お酒が好き=遊んでいるという訳ではなく、賑やかな場所が好きで人が好きな女性は誰とでも仲良くなれるというイメージや、又人との出会いを求めて参加しているのでは、と思われがちであるとも言えます。

また初対面の相手との飲み会での立ちふるまいも見られている事が多いでしょう。

会場に入ってきたかと思えばためらうことなく席に着き、メニューも見ずに飲み物を注文する女性、近くの人にやたらフレンドリーにあれこれ質問したり自分の事について話したりする女性、或いは料理が来たらすぐに取り分ける等積極的な女性は普段から男性の多い場所に出入りしている=遊んでいると思われがちであると言えます。

早くお開きになった会の後に「この後約束があるから」という発言も注意が必要です。

この発言だけでは「きっと他の男との飲み会に参加するに違いない」と思われてしまいます。

「どこに座ろう」「隣失礼しても良いですか?」「取り分けましょうか?それとも各自で取った方が良いですか」等、周囲に確認する事で慣れているという印象から、ぐっと周囲に気を使ってくれている女性というイメージに変化します。

次に別の用事が入っている場合は「友達の女子会がまだ続いているみたいですので、少しだけ顔を出して帰ります」等、「少しだけ」「女子会」等のキーワードを入れることで遊び慣れていると捉えられる事を避ける事ができると言えます。

遊んでそうと思われないように気をつけよう

男性から「遊んでそう」と思われる女性の言動についてご紹介しました。

自分では意識していなくても、飲み会や男性との会話に慣れていると感じさせてしまうことで遊んでいる女性ととらえられてしまいがちです。

遊んでそうと思われるとデメリットが多くなりますので注意していきましょう。