家事手伝いって何する人?ニートとの差は何なのか

最終更新日:2016年2月13日

今、家事手伝いに憧れる女性がとても増えています。

今まで働いてばかりで家事を全くしてこなかったから、家できちんと家事を勉強してから素敵なお嫁さんになりたいと思う方が増えたことが背景にあると言われています。

ここでは、家事手伝いとはどのようなことなのかをご紹介します。

1.仕事へは行かずに家で家事をしている

家事手伝いとは、基本的に家で食事や洗濯といった家事をしている人の事を言います。

家事をしていても働いている人の事は家事手伝いとは言いません。

仕事へは行かずに家で家事を手伝っている人のみを家事手伝いと言います。

また、仕事として他の家で家事を手伝っている場合もお給料をもらっているので家事手伝いとは言いません。

家事手伝いというと、家で何もしていない人と思っている方もいますが、きちんと家事手伝いをしている人のみが「家事手伝い」と言うことができます。

何もしていない場合はニートと呼ばれます。

家事手伝いとニートの違いはそこです。

今、この家事手伝いに憧れる女性が増えています。

今まで家事をしてこなかったけど、結婚する時に男性と協力して家事をしたいから、家事をしっかりこなすことができるようになってから結婚をしたいと女性が思うようになったからです。

「今まで仕事ばかりでなかなか家事をする機会がなかったから、男性から「家事ができない女性はちょっと」と言われて全くモテなかった。

だから一年くらい家事手伝いで家事をしっかり勉強してから結婚をしたい」という女性が今とても増えています。


2.家事手伝いをあまりよく思っていない人も

家事手伝いの人の事を「家でだらだらしているだけ」とあまりよく思っていない人は多いです。

ですが、家事手伝いは家でだらだらしている人の事ではありません。

家で朝から夜までしっかり家の事をしている人だけが家事手伝いを名乗る事ができます。

家事手伝いの女性と結婚をした男性が「自分が働いている時に家の事を完璧にこなしてくれるから、仕事に集中できるようになった。

それに疲れている時や体調が悪い時にさっと食べやすいものを作ってくれたりと様々な事を察するのが上手く、本当に感謝している。

結婚をして本当によかった」と言うケースはとても多いです。

家事手伝いはとても大変です。

朝は掃除や洗濯、昼は晩ご飯何を作ろうか考えたり買い出しをしてから料理をして、夜は食器を洗ったり次の日のための準備をしたりと色々しているうちにあっという間に一日が終わってしまいます。

特に料理上手な女性は結婚をしてから男性にとても喜ばれるケースが多いです。

健康的でかつ美味しい料理が毎日作れる女性は男性からとても人気があります。

家事手伝いをあまりよく思っていなかった男性も、家事手伝いの女性が毎日美味しい料理を作れると聞いて「そんな事ができるとは思ってなかった、家事手伝いはすごい」と考え方を変えるケースは多いです。

3.花嫁修業の意味も

家事手伝いには花嫁修業を意味することもあります。

結婚が決まったり、本格的に婚活をしたい女性が一旦仕事をやめて本格的に花嫁修業をするケースが今増えています。

婚活等で花嫁修業をしっかりした事をアピールすることで、男性から「今まで支えてくれる女性がいなかったから適当で不健康な生活をしてしまったけど、きちんと家事ができる女性と結婚をすることで好きな女性と一緒に暮らすことができる上に今までよりも健康的で、かついつでもピカピカの家に住むことができる」と思ってもらうことができます。

やはり家事がしっかりできる女性はいつの時代も男性からとても人気が高いです。

家事手伝いとしてきちんと花嫁修業をするコツは家事は毎日きちんとこなすという事を忘れないようにすることです。

家事は毎日きちんと積み重ねる事で得られるものがたくさんあります。

特に料理は毎日きちんとすることで味付けのコツやどうすれば素早く、手間をかけずに作ることができるのかが感覚で分かってきます。

毎日きちんと献立を考え、しっかりと料理をするようにしましょう。

あまりに苦手な方は料理教室に通うのもオススメです。

基本からしっかり教えてもらうことができるのですぐ上達することができます。

掃除に関してはお風呂やトイレも自分でピカピカにできるように何度も練習しましょう。

自分で家中どこでも掃除できるようにしておくことでいつでも家中ピカピカにすることができます。

他にも裁縫やアイロンがけ等もきちんと勉強しておくと、家族の服のほつれをいつでも縫い直す事ができます。

家族の健康について考えたり、節約について考えるのも花嫁修業にはとても大事な事です。

家事手伝いのことを知ろう

家事手伝いとはどのようなことなのかご紹介しました。

家事手伝いを家で何もしない人と思っている方は多いですが、それは間違いです。

家事が何でもできる様に家事を手伝う人の事を家事手伝いと言います。

毎日欠かさずしなければならない家事はとても大変です。

ですが、家族のための家事はとてもやりがいがある大事なある作業です。

結婚をしたい女性は、スムーズに結婚後の生活をするために一度家事手伝いを経験してしっかり家事を覚えてから結婚をすることをオススメします。