カバンにこだわりを持つ人の心理。どのようなカバンを選ぶかで性格が違う

最終更新日:2016年5月3日

自分に必要となるものを持ち歩くために、カバン選びは大切です。

その人の個性がふんだんに表れています。

いつも同じカバンを持つ人もいれば、毎回会うたびに違うカバンを持っている人もいます。

カバンにこだわりがある人はどういう心理や性格を持っているのかご紹介します。

1.カバンのポケットの数や利用用途にこだわる人は、几帳面な人

カバンの中でも、ポケットの数が多いカバンで、そのそれぞれのポケットの使い道まで考えてから購入する人は、几帳面な人が多いです。

ビジネス用のカバンを購入する際に、その特徴はよく表れるでしょう。

いつも使用するボールペンをしまう場所や、定期券や名刺入れがすぐに取り出せる場所を常に考えています。

何より効率が重要です。

カバンの中をどこいったかなと探す時間がもったいないのです。

探す時間があったら次の仕事や行動に移りたいと思っています。

ポケットの数と利用用途まで納得できるカバンと出会えたなら、そのカバンがだいぶくたびれるまで使い倒すでしょう。

ポケットが付いているとはいえども、ボールペンや名刺入れを取り出したら、その都度ちゃんと元のポケットに戻します。

そのためこのカバンを選ぶ人はやはり几帳面でまめなタイプの人と言えるでしょう。


2.ポケットの少ないバスケットタイプのカバンにこだわる人は、大雑把で楽天的な人

ポケットの少ないカバンを選ぶ人は、基本的に細々としたものをカバンの中に入れることが少ないです。

細々としたものは一つの大きいポーチなどに収納してまとめます。

そのまとめたものをどんどんざっくりとカバンの中に入れていきます。

カバンの中で多少荷物が乱雑になっていても気にしません。

大きな入り口のバスケットタイプのカバンでしたら、口を開ければ荷物は一目でわかります。

カバンの中のどこかに荷物は入っているでしょうという楽天的な気持ちで、多少荷物探しに時間がかかっても気になりません。

使った後カバンに荷物をしまう際に、大雑把にしまいたいのです。

この特徴を持つカバンを使う人は、比較的明るい性格の方が多いです。

友達作りの参考になるかもしれません。


3.小さいカバンをこだわって使う人は、面倒くさがりな人

いつも小さいカバンしか持たず、常に必要最低限の荷物しか持ち歩かない人は、面倒くさがりな人が多いです。

余分な荷物を持ちたくない、余計なものを買いたくない、必要以上の消費はしたくないというタイプです。

ミニマムイズザベストという考え方の持ち主は、最近増えてきているでしょう。

自分の信念が強い人とも言えるでしょう。

これだけ情報を得ることが容易くなっている時代において、必要最低限の荷物しか持たないということは、確固とした自分の考え方を持っていて、周りの誘惑に安易に流されることがないということでもあります。

情報に関しても余計なものを持ちたくないのです。

自分がこうだと思う道とは少し違うかなということについては関心が薄いのかもしれません。

こういった考え方は今の時代を象徴しているように思います。

最低限の荷物を小さいカバンで常に携帯している人は、感性が新しい人です。


4.ブランドカバンにこだわる人は、自分を高く見せたい人

時代の趨勢に流されずに、常にパワーを放ち続けている有名ブランドがあります。

どの時代の人々をも夢中にさせてきたブランドカバンは、カバン自体がそのエネルギーとメッセージを発揮しています。

ブランドカバンを持つことは、ある種ステータスと言えます。

もちろん安い買い物ではありませんから、それなりにお仕事で稼いできたことの証でもありますし、強いメッセージ性のあるブランドカバンに負けないくらいのその人となりが問われます。

ブランドカバンを持つ人は、自分自身を高めようという意識の強い人です。

なにも人より高くなって自慢したいという意味ではありません。

自分自身の中で、一生懸命仕事に打ち込んだり、ブランドカバンがふさわしい人になろうと自分磨きに余念がなかったりします。

自分自身でモチベーションを高めているその姿は、周りの人にとっても良い影響を与えることもあります。

あの人ががんばっているのなら自分もがんばろう、素敵なブランドカバンが私もほしいし似合うようになりたいなど、周りの人のやる気に火をつけることができます。

ブランドカバンにこだわる人は、常に自分を高めようとしているひとです。

周りに1人でもそういう人がいたら、ぜひそのエネルギーを自分も浴びてみましょう。

持つカバンの種類で相手の性格を知ろう

カバンの種類は様々です。

どういった種類のカバンを持ってどういう使い方をしているかに注目して街を歩いてみるだけで、知らない人であっても、ある程度どういった性格の人なのかが見えてきます。

カバンから分かる性格診断とでも名付けられるでしょう。

今使っているカバンの種類や使い方を見直してみることで、新たな自分自身を発見することもできるかもしれません。