膝枕をした時に一緒にすると喜ばれること8つ

最終更新日:2017年2月12日

膝枕は、一般的に親密な関係の間柄でしかみられない行為です。

膝枕をしてあげる関係になれれば、彼との距離が縮まった証と言えます。

単に膝枕をするだけでなく、どのようにすれば彼にもっと喜んでもらえる方法をご紹介します。

1.定番は耳掃除

膝枕をして、することの定番と言えば、耳かきです。

子供の頃、お母さんに、膝枕をして耳掃除してもらったことのある方も多いはずです。

近年では「耳かき専門店」のようなお店も出てきており、世の中一般的に見ても、それだけ需要があります。

そして、そういったお店で耳かきをする際に使用しているアイテムがあります。

耳洗潔などのローションです。

このローションは、綿棒にしみこませて使用することで、耳かきで掻くだけでは取れない皮脂や汚れもスッキリ落とすことができます。

これを使って彼に耳掃除をしてあげれば、きっと喜びます。

ローションだけでなく、色々と耳かきのグッズを揃えれば、彼もあなたも楽しくなります。

2.ヘッドマッサージ

耳掃除は不器用だから怖いという方には、ヘッドマッサージがオススメです。

特に、彼が頭脳労働の仕事をされている場合、頭が疲れているため、喜んで貰える可能性が高いでしょう。

ヘッドマッサージというと難しそうと感じる方も多いかもしれませんが、方法は簡単です。

まずは、彼の頭を優しく撫でてあげてください。

いいこいいこするようなイメージです。

次に、美容室などでヘッドスパをしてもらうときのようなイメージで、指の腹で頭を指圧してあげて下さい。

それだけでも、かなり気持ちいいです。

可能であれば、タオルなどにアロマオイルを浸して、目の上にかけてあげれば、彼は、リラックスして、この上ない至福のときを過ごせるはずです。

3.スキンシップ

ヘッドマッサージもハードルが高いという方は、ただ単に髪や首筋、おでこなどを優しいタッチしてあげるだけでも良いでしょう。

膝枕をして欲しいという男性心理は、甘えたいという気持ちの表れですのでそれに応えてあげる優しいスキンシップは非常に重要です。

赤ちゃんに優しく接するように、手を握ってあげたり、体をさすってあげたり、キスをしてあげると、さらに彼は喜んでくれるでしょう。

4.膝枕はスカートで

寒い冬には少々厳しいかもしれませんが、生地の薄いスカートで膝枕をするのがオススメです。

ショートパンツなどよりも、膝の柔らかさが心地よく、人肌のぬくもりが伝わります。

彼からしてみれば、少し手を伸ばせば、直接、肌に触れられるというシュチュエーションにテンションがあがることは間違いありません。

外では難しいかもしれませんが、お家デートのときは、ミニスカートを履いてあげることでさらに、彼は喜んでくれることでしょう。

5.男性は胸が好き

膝枕なのにどうして胸と疑問に思われるかもしれませんが、膝枕中に、何か遠くのものを取ろうとして、あなたが少し手を前に伸ばすと、彼の顔に胸が触れるハプニングもあります。

そういったハプニングを望んでいる男性は結構多いです。

自然なハプニングであれば、お互い恥ずかしくないですし、彼も喜んでくれます。

また、ハプニングではなく、ふざけて胸で彼を窒息させるのもオススメです。

これをされて怒る男性はおりませんので、是非、チャレンジしてみてください。

6.匂いは大事

意外かもしれませんが、膝枕のときに、男性は女性のデリケートゾーンの匂いを嗅ぐこともあります。

そんなときに嫌な匂いがしないようにケアしておくことが必要です。

薬用ソープやデオドラントで普段からしっかりとケアしておくことで、彼に匂いを嗅がれても、大丈夫なようにしておきましょう。

7.タイミングを考える

膝枕の効果が抜群なのは間違いありませんが、タイミングによってより大きな効果を発揮します。

彼が仕事や私生活で何か辛いことがあったときに、そっと膝枕をしてあげると、より一層、あなたのことを大きな存在に感じることでしょう。

辛いときこそ人肌が恋しくなるため、そんなときに、あなたの膝枕で彼を支えてあげてください。

8.長時間膝枕をする

苦行かもしれませんが、ただ膝枕をし続けるというのもオススメです。

膝枕をしながら、テレビを見続ける、編み物をする、読書をするなどです。

膝枕自体が大変心地の良いものなので、長時間膝枕するだけでも、きっと彼は喜んでくれるはずです。

ただ、膝枕も楽ではありませんので、なるべく足に負担のかからない姿勢を見つけることをオススメします。

膝枕で彼に喜んでもらおう

膝枕で彼に喜んでもらえるためにはどういったタイミングで、何を行えば有効かという内容を男性目線でお伝えさせていただきました。

男性が膝枕をしてもらいたくなるのは、甘えたいという気持ちが大きくあります。

彼との距離をより縮めるために、是非、ワンランク上の膝枕を実践してみてください。