男性をその気にさせるボディタッチ。自然に触って恋をゲットしよう

最終更新日:2015年5月8日

気になる男性へのボディタッチは、女性からのアプローチ方法として有名な方法の1つです。
しかし最近は男性側もボディタッチされると、「どうせ何かの恋愛テクニックの情報をそのままやっているんだろう」と見抜き、警戒してしまうようになってしまいました。

そこで、男性から警戒されずに、確実にその気にさせてしまうようなボディタッチのやり方をご紹介します。

1.気になる男性の隣に座って、自分の膝と相手の膝を何度かぶつけてみる

気になる男性がいたら、まずはその人の隣の席に座りましょう。
そして、少しだけ近めの位置に座ります。

一緒にいるときに何度か、あたかも偶然のように自然に、自分の膝と相手の膝をぶつけてみましょう。
これは、「ボディタッチとは感じられないボディタッチ」の方法の1つです。

隣に座っている人同士、膝と膝がぶつかってしまっても、大体の人はただの偶然だとしか考えません。
しかし、何度かその「偶然」が続くと、その男性は、膝が何度もぶつかる女性が徐々に「気になる存在」になっていきます。

これを行う際注意したいのは、「膝をぶつけるのは、1回につきほんの一瞬だけ」と意識してください。
それ以上膝をくっつけてしまうと、相手から警戒されます。

ちなみにこの方法は、狭い席などではより自然に行うことができます。


2.笑いながら肩や腕を軽く叩く

気になる男性と話が盛り上がってきたら、そのテンションのまま、相手の肩や腕を軽く叩いてみましょう。

この行為は「仲の良い者同士が行うこと」なので、自然に行うことが出きれば、相手も親近感を抱いてくれるようになります。

その時、「楽しい」ということが伝わるような笑顔も忘れずに付けてください。

ちなみに、叩く場所は、肩や腕限定にしておいた方が無難です。
他の体の部分は、男性が嫌がりかねません。

叩く時は「軽くポン」と行いましょう。
強く叩き過ぎると、「女っぽさのない人だ」と思われて、友達にはなれても、恋人候補からは外されます。

かと言って、女っぽくべたべたとした叩き方も、男性が警戒します。
あくまで「自然に、サバサバと」叩くようにしましょう。

3.大笑いした時は軽く抱きついてみる

このやり方は、相手の男性とあるていど親しくなってからしか使えない方法ですが、ある程度の信頼関係が2人の間にあれば、効果的な方法です。

2人が親しい間柄であれば、話している時、時にはお腹を抱えて大笑いすることもあるでしょう。
その時に、「いやだー、もう」と言いながら、相手に軽く抱きついてみるのです。

この時、「ぎゅっと抱きつく」ということはタブーですが、「軽く抱きつく」という程度であれば、欧米の挨拶代りであるハグと同じようなニュアンスで堂々と行うことができます。

しかし、これは2人の間にまだ緊張感がある時は絶対にやってはいけません。
男性も警戒しますし、「まだ親しくもない男に抱きつくなんて、この女性は、どんな男性にでもそのようなことをするに違いない」と思われ、大人としての信用もなくします。


4.すれ違いざまに体と体が一瞬触れ合うようにする

席を立ってどこかへ移動した時、ちょっとしたボディタッチ作戦を行うことができます。
それは、「すれ違いざまに、体と体が一瞬だけ触れ合うようにする」ということです。

1番この方法をやりやすいのが、「相手がトイレに立った時」です。
男性がトイレから席に帰ってくる時が、作戦決行の時です。

男性が席に戻ろうとしている正にその時、あなたも「私もちょっとトイレに失礼」と立ち上がり、男性とすれ違うシチュエーションを作りましょう。

そして、男性の体となるべく近づけるようなルートを通って、「あたかも偶然触れてしまったかのように」自然に体と体が触れ合うように動きます。

この時、ボディタッチが成功しても、そのまま素通りするのは感心しません。

「あっ、失礼しました」と軽く謝罪することで、相手から「女」として意識してもらうことに加えて、「マナーある大人である」という認識を持ってもらうこともでき、一石二鳥です。

5.何かものを取ってあげる時、相手の手に触れるように渡す

相手から遠くにあるものを取ってあげる時にも、ボディタッチのチャンスはあります。
ものを取ってあげたら、相手にそれを渡す時、「相手の手に一瞬触れるように計算して」ものを渡しましょう。

たった一瞬ではありますが、恋人同士でなければなかなかできない「手と手が触れる」という貴重なボディタッチができます。

これを実行するためには、「指先だけでものを持つ」という持ち方だと、相手の手に触れる確率が減ります。

なので、「手全体をなるべく使って」渡すものをしっかりと持つようにすると、相手の手に触れられる確率がぐっと上がります。

男性に警戒されずに自然にボディタッチをしよう

ご紹介した方法はどれも、「あくまで偶然のように、自然に行う」という共通点があります。

相手の男性から警戒されずにボディタッチするには、やはり「自然さ」が大事なポイントとなります。

女性側としては少々物足りない気もするかもしれませんが、男性は「一瞬だけ体が触れた相手」という存在を、女性側が思っている以上に覚えているものです。

それがきっかけで、男性から意識され始めるということも、決して珍しいことではありません。