カメラが趣味な人へアプローチする方法とは。写真やカメラをきっかけに恋を始めよう

恋愛アプローチ最終更新日:2018年4月28日

カメラが趣味な人へのアプローチ方法、それはどういうものがあるでしょうか。

カメラのことを聞いてみて、相手の興味をこちらに向けてみることがポイントです。

カメラが趣味な人は、カメラのことならきっと色々なことを教えてくれるでしょう。

1.カメラのどういうところが魅力的かを聞いてみる

カメラが趣味な人へのアプローチ方法、それは「カメラの魅力」を聞いてみることです。

カメラが好きな人は、きっと喜んで「こういうところが魅力的なんだ」と教えてくれるでしょう。

カメラが好きでそれを趣味としている人は、カメラの魅力について語りたいと言う気持ちを持っています。

そういう相手の気持ちを引き出すようにして、カメラについてあれこれと質問してみるようにしましょう。

きっと、今までに自分が感じたカメラの素敵なところを、色々と話してくれるはずです。

「良い写真が撮れたら最高なんだ」とか「自分は風景を撮影するのが好きで」という風に、一生懸命話しだしてくれるでしょう。

カメラが好きな人へアプローチするなら、カメラの魅力的なところを聞いてみるのが一番です。

カメラが趣味という人は、そのことを話したくてうずうずしているからです。

2.「今までに撮った写真を見せてもらえませんか」とお願いしてみる

カメラが趣味な人へのアプローチ方法として「今までに撮った写真」を見せてもらうという方法があります。

カメラ好きな人は、きっとたくさんの写真を撮影していて、それを人に見てほしいと思っているのです。

「どういう写真を撮影されるんですか」と聞いてみましょう。

そうすれば、自分の好きな被写体について、色々と話し始めてくれます。

そうしたら「その写真、見てみたい」と言ってみるのです。

きっと相手は照れながらも、次に会う時には写真を持ってきてくれるでしょう。

そうしたら「この写真、素敵ですね」とか「これはとてもキレイ」と、できるだけ肯定的な感想を述べるようにしましょう。

誰だって、自分が撮った写真を褒められたら嬉しいはずです。

きっと自尊心をくすぐられて、相手も幸せな気分になっていることでしょう。

カメラが趣味な人は、自分が撮った作品を見てもらいたいという気持ちがあります。

しかし、なかなか理解してくれる人がいないと、その写真は引き出しなどに入れたままになってしまいます。

それを見たいと言われたら、嬉しくないはずはありません。

さりげない風を装いながら、きっと何枚も見せてくれるでしょう。

3.「カメラをやってみたい」と言ってカメラを買うのに付き合ってもらう

カメラが趣味な人には「カメラをやってみたい」と言ってみるのも、良いアプローチの方法となります。

カメラを買いにいくのを口実にして、一緒に出かけるきっかけをつかめるでしょう。

カメラが趣味な人は、どういうカメラが撮影に向いているか、初心者には「このメーカー」がオススメといった、色々な知識やこだわりがあります。

そしてこれからカメラを始める人に、ぜひ教えてあげたいという気持ちを持っています。

カメラをやったことがないのに、適当にカメラを買ってしまうなんてという気持ちがあるので「カメラを買いにいくのに付き添ってもらえませんか」と言われたら、気軽に「いいよ」と言ってくれるでしょう。

たまたま時間が合わずに一緒に出かけられなくても、その人から「買った方がいいカメラ」の情報を聞き出すことができます。

カメラについてあれこれと教えてもらっているうちに、きっと二人の距離感を縮めることができるはずです。

カメラを購入した後は、今度は「使い方」について色々と聞くことができます。

相手の負担にならない程度に、カメラを上手に話題に出すようにして、二人で話すチャンスを作るようにしましょう。

4.「上手に写真を撮れるようになるには」ということを教えてもらう

カメラが趣味な人へのアプローチ方法は「上手に写真を撮れるようになるコツ」を教えてもらうということです。

カメラのテクニックについて聞かれれば、カメラが好きな人は「こういう時にはこうして」と、色々とアドバイスをくれることでしょう。

カメラが趣味な人というのは、いかにキレイに写真を撮ることができるか、そこに強いこだわりを持っています。

そういう人に「撮影のコツ」を聞いてみれば、きっといろいろと親身になって教えてくれるでしょう。

そういう時には、相手の知っている「知識」や「技術」をさりげなく褒めるようにしましょう。

「○○さんって、すごいですね~」という感じで言ってみれば、決して悪い気はしないはずです。

カメラが趣味な人は、カメラのことを話している時、とても楽しい気分になっています。

そしてそのカメラのことを理解してくれる人に「仲間意識」を持つのです。

カメラが趣味な人には「私もカメラのことをもっと知りたい」という感じでアプローチするのが、一番効果的と言えるでしょう。

カメラが趣味な人へアプローチしよう

カメラが趣味な人へは、カメラを上手に話題に出しつつ、相手のことを理解していくようにしましょう。

そして「私もカメラに興味を持っている」ということを示していけば、きっと相手の心の中に入っていくことができます。

いつかカップルになれたら、二人で同じ趣味を持つなんてとても素敵ですね。

そういう日を実現するためにも、少しずつ相手に近づいて、心をつかむようにしましょう。

 

    「カメラが趣味な人へアプローチする方法とは。写真やカメラをきっかけに恋を始めよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。