堅物男性へのアプローチ法5つ

最終更新日:2016年4月12日

堅物の男性を好きになった経験はありませんか?日本の男性は恥ずかしがりやな人が多く、奥手で堅物な人が意外と多いんです。

でも、そんな人は奥手なだけに浮気の心配は少ないようですし、まじめに働いてくれる男性は結婚相手にと考えている方かたもいるのではないでしょうか。

そこで今回は堅物な男性へのアプローチ方法をご紹介します。

1.焦らずゆっくりアプローチ

堅物な男性は女性からのアピールに鈍感だったり、なかなか落ちずに女性をイライラさせてしまうことがあります。

でも、それは堅物で奥手な男性は女性の扱いに慣れておらず内心どうしていいのかわからなくて戸惑ってしまう場合があります。

そのため、堅物の男性相手に自分のペースでアピールして告白して傷ついてイライラしても堅物の男性は何が何やらわからないといった状況です。

彼が奥手で堅物の場合は彼のペースに合わせて、彼があなたのこと理解してくれるまでゆっくりとアピールを続けましょう。

彼があなたのアピールに気が付いて、ふつうの人の倍時間はかかるかもしれませんが、彼なりにあなたのことを考えた上で答えを出してくれるでしょう。


2.意思ははっきりと伝える

堅物の男性というのは時に「鈍感」を兼ね備えてしまっていることがあります。

「堅物」な性格で生きてきたせいで女性と関わる機会が少なく、女性側のアピールを「恋愛」ではなく「友情」と受けとってしまっていたり、まったく気が付かないで忘れてしまっていたりするのです。

そのため、堅物の男性にははっきりと意思を伝えることが必要になります。

ある程度デートを重ねたらはっきりと「好きです」と伝えておいた方がいいかもしれません。

堅物の男性に「察してほしい」を願うのは少し難かもしれません。

男性側から告白を望んでしまいますが、堅物男性の場合は女性側から告白をしてみたほうが早いかもしれません。

ただし、時期を急ぎ過ぎると堅物の男性は女性に対して「ほんとうに好きなのか?」と疑念を持ってしまうため、ある程度二人でデートをしたり、プライベートな話をしたりするような仲になって彼が心を開いてきたらにしたほうがいいかもしれません。

3.何度も行くつもりでアピールする

堅物な男性というのは、女性でいう「高嶺の花」のようなもので、一度の告白で必ず答えが出るということが難しいようです。

そのため一度断られても、また出直して告白するくらいの気持ちで挑んだ方がいいそうです。

告白やアピールをしたときに、彼が他に好きな人がいたりする場合は何度も告白しても可能性が低いですが、彼が恋愛に興味がなかったり特に好きな人がいない場合は時間をかけて彼を落としにかかりましょう。

何度も彼にアピールし続けることで彼が「ほんとうに自分のことが好きなんだ」と気が付くことができるかもしれませんし、信用してもらえるかもしれません。

堅物な男性は「軽い」女性のことが苦手なことが多く、男をコロコロ乗り換えたりしていると敬遠されてしまうでしょう。

ただし、気を付けてほしいのはアピールを積極的にする時に「ストーカー」にならないように気をつけましょう。

いくら好きだと言っても彼を追い回したり、断られても必要に迫ったりするのではなく常識の範囲内でアピールするようにしましょう。


4.彼をイラつかせないように距離は守る

堅物な男性というのは「めんどくさがり」な場合があります。

例えば、メールがマメに返せなかったり、SNSなどを全くやっていなかったり…。

そのため女性側からアピールするときに彼を「めんどくさい」と思わせないようにしましょう。

NG行動なのは「メールを連続で送る」「彼が反応しないと病む」などです。

特に、職場などでは仕事以外の無駄なことを考えることを真面目な彼は嫌う場合が多いですし、女性との恋愛が彼の中で「負担」になってしまえば、告白しても彼からOKをもらえなくなってしまいます。

堅物な男性は、女性の女々しさとうまく付き合う柔軟さを持ち合わせていない場合が多いものです。

堅物の彼にアピールするときはできるだけ「めんどくさい女」だと思われないようにさっぱりとした付き合いをイメージし、泣いたり怒ったりして彼を困らせないようにしましょう。

5.彼からのサインを見逃さないようにする

堅物の男性は自分の気持ちを表すのが苦手な人が多いそうなので、女性からのアピールに対しての脈アリサインを逃さないようにしましょう。

彼にアピールしている時に、二人だけのデートやプライベートな話をしてくれる・彼からのメールが増えるなどの脈アリサインを見逃さずに彼に告白などをして恋愛を進展させましょう。

一度タイミングを逃してしまうと堅物な彼はなかなかサインを出さなくなってしまう可能性があるため重要ポイントかもしれません。

堅物な男性へ効果的にアプローチをしよう

以上堅物な男性へのアプローチ方法を5つご紹介しました。

堅物な男性は落とすのが大変ですが、恋人になれば頼れるパートナーになって一生の伴侶になってくれるでしょう。

焦らずゆっくり頑張ってみてはいかがでしょうか。