リスケの意味と使い方。仕事で使う用語を知ろう

仕事/ビジネス最終更新日:2018年2月28日

最近、会社など仕事の場において、リスケという言葉が頻繁に出てきます。

日常的に使われているため、ニュアンスで理解して意味をしっかり知らない人も少なくありません。

そこで今回は、リスケの意味と使い方についてご紹介します。

1.リスケはリスケジューリングの略

リスケとは、英語のリスケジューリングを省略した言葉です。

リスケジューリングとは、計画の変更や返済を延期するために都合をつけるという意味です。

もともとは金融業界で頻繁に使われていたようですが、その意味のひろさと汎用性の高さから、一般的なビジネスの場でも用いられるようになりました。

昨今では特に、スケジュールの見直しや納期の延期などに使われることが多くなります。

しかし、もともとリスケが使われるのは、かなり悪い状態の場合に使うのが定例なので、気軽に使いすぎると時に誤解を与える可能性があります。

特に金融業界などのお金に強い関わりや義務がある人たちにとっては、お金の返済の延期などかなり逼迫したイメージを与えてしまうそうです。

そのため、使う場面や相手を選んで使う方が賢明です。

一般的な職場では、お金にまつわる使い方よりも、スケジュールの変更や納期の延期の意味でもう少しラフに使われることが多いです。

リスケジュールでは言いにくいのでリスケと略して言いやすいのも、言葉がひろまった要因でしょう。

身内同士で使うぶんにはよいのですが、取引先や外の人にあまり気軽に使っていい言葉ではありません。

一般的な職場でも使い方を間違うと失礼にあたることがあるので、注意が必要な言葉です。

2.相手にお願いするときは十分気を付けて

リスケは基本的にスケジュールや返済や納期など、期限を見直すという場合に使われます。

自分の都合で計画の変更や納期を延期しなければならない場面で、いきなり相手にリスケします、などと言っては大変失礼にあたります。

敬語と一緒で、自分の立場を弁えて使う必要があります。

自分の都合で期限など計画が狂い、見直さなければならない時は謝罪とセットで相手にお願いしなければなりません。

「○○の事情によりどうしてもスケジュールどおりに出来ないことになりました。

申し訳ありませんが、リスケさせていただけないでしょうか」このように、自分の都合でリスケするときは、立場をわきまえて使う必要があります。

特に、立場が上の人や取引先などはラフな言葉だからこそ注意が必要になりますよ。

また、リスケは企画や計画の中止や破綻した時に使うものではありません。

あくまでまた予定を組み直して仕事を続ける時に使用しましょう。

また、お金や金融業界の人に対して使う場合は、主に返済や支払いが滞る場合に相手に相談する時に使います。

「○月×日までに返済が出来なくなりましたので、リスケさせていただけませんか」といった具合です。

これはスケジュールの変更でなく、お金の支払い期限や額についての相談ということになります。

3.日常的に仕事で使う場合

取引先や金融業界の相手でなく、日常的に仕事で使う場合も少し注意が必要になります。

自分の都合で仕事の納期に間に合わずリスケが必要な場合に上司に伝えるときには、取引先と同じように謝罪やお願いをセットで使いましょう。

「○月×日までの納期が△△の事情により難しくなりました。

申し訳ありませんが、リスケさせてください」納期やスケジュールが自分に一任されていて、あくまで報告のみが必要ならここまで丁寧にしなくてもかまいません。

立場や事情にふさわしい使い方をしましょう。

また、同僚などであればラフな使い方でもいいでしょう。

「○日の飲み会はみんな都合が悪いのでリスケしますね」「○○さんが休みなので、今日の会議はリスケしましょう」といった具合です。

仲間内での会話の場合は、かなりラフな使い方でも大丈夫です。

とても便利な言葉なので使いたくなりますが、いずれの場合も中止したり計画自体が無くなったという場合は使いませんので注意しましょう。

4.プライベートで使う場合

リスケはプライベートで使う場合もとても便利な言葉です。

お金の返済や納期の延期の意味はなく、ほとんどがスケジュールの変更や延期についての使い方になりますよ。

以前に延期になった飲み会を今週の日曜日に開催する場合は、次のようになります。

「延期してた飲み会、今週日曜にリスケしたからね」また、過去に日取りを決めないで飲み会を延期し、改めて今週の日曜日に開催することになった場合も次のようにリスケを使うことが出来ます。

「前にリスケした飲み会、今週の日曜日になったよ」同じような意味ですが、明確に企画や計画を中止しておらず、企画が消滅しない限りはリスケという言葉は臨機応変に使うことが出来ますよ。

リスケを使うときはビジネスの場では注意しよう

今回はリスケの意味と使い方をご紹介しました。

プライベートや仲間内で使う場合はとても便利なリスケという言葉ですが、ビジネスの場では慎重に使う必要があります。

リスケだけでなく、新しい言葉は正確に意味を知り齟齬が生まれないように使うためには注意が必要ですね。

使う相手や場面さえしっかりおさえればとても便利な言葉ですから、生活の中で上手く取り込んでみましょう。

 

    「リスケの意味と使い方。仕事で使う用語を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く