中高年男性が苦手な時の対処法とは。おじさんと仲良くできるようになろう

日々の生活最終更新日:2018年9月5日

「中高年男性と接するのが苦手」なんて人も多いでしょう。

何を話していいのか分からないし、相手が何を考えているのか見当がつかないなんてこともあるでしょう。

中高年男性と接するのが苦手な時の対処法を知っていないと、もしかしたら人間関係をこじらせてしまうこともあるかもしれないのです。

1.「感じの良い人」という印象を与えるために挨拶は欠かさないようにする

中高年男性が苦手な時の対処法に、きちんと挨拶をすることを心がけるのはオススメです。

そうすれば、相手に対して「感じの良い人」という印象を与えることができて、関係を悪くすることがないからです。

中高年男性が苦手な時、こちらが気を付けていても、それが相手に伝わってしまうことがあります。

顔を合わせてもサッと視線を外してしまったり、挨拶もしないでそのまま通り過ぎようとしてしまうこともあるでしょう。

しかし、そういう態度は、中高年男性は特に嫌います。

自分の方が年上で、社会的立場も高いと思っているのに、何だかぞんざいに扱われたような気がして、イライラしてしまうのでしょう。

そうすると「マナーがなっていない」とか「目上の人間を尊重していない」などと、難癖をつけられてしまい、ますます苦手意識を持ってしまいます。

中高年男性が苦手だと思う時には、その気持ちを悟られないようにしつつ、好印象を与えることが、一番の対処法となります。

そのためには、苦手だと思う中高年男性には、意識的にきちんと挨拶をして、感じの良い人だと思わせるようにしましょう。

2.ある程度「中高年男性に受け入れてもらいやすいファッション」を心がける

中高年男性が苦手な時の対処法として、相手の目につかないようにすることが大切です。

そういう場合は、ある程度中高年男性に受け入れてもらいやすいファッションを身に着けるようにして、あえて目に留まらないようにしましょう。

中高年男性は、同じ年代の女性と比べてファッションに疎いだけでなく「保守的」であったりします。

例え中高年と言われる世代でも、女性なら「華やかな服装」と受け止めてくれる格好でも、中高年男性は「何だか派手だな」と、苦虫をつぶしたような顔をしていることがあります。

そうすると、ファッションだけでなく、その服を選んだ本人も「派手な人」という印象を持ってしまい、信用を得るのが難しくなってしまいます。

それだけでなく、いい加減な人間と勘違いされてしまい、何かにつけてからまれてしまうこともあるでしょう。

中高年男性が苦手な時には、相手の視線から上手にフェードアウトするようにしましょう。

そのためにも、変に目立つ服装は控えて、中高年男性に受け入れられるような、そんな恰好を心がけるのがベストな対処法となります。

3.聞き役に徹して相手を良い気分にしてしまう

中高年男性が苦手な時には、聞き役に手して相手をよい気分にさせるのが、とても良い対処法となります。

中高年男性は、色々と説明したりするのが好きな人が多いので、好きなだけ語らせてあげることで、とても良い気分になることでしょう。

話をするというのは、実は「気持ちがいい」ことです。

中高年男性は、今までそれなりに社会で過ごしてきて、物事に対して一家言持っていることが多く、意外と話し好きです。

彼らが語りだしたら、適度に相槌を打って聞いてあげることで、中高年男性はいい気分になることでしょう。

「おじさんの話を聞くのは面倒くさい」という気持ちもあるはずです。

しかし、下手に邪険に扱って恨まれたりするよりも、聞き役に徹して好きなだけ話をさせてあげましょう。

そうすることで、中高年男性を上手に扱うことができ、苦手意識も薄れていくはずです。

4.一人ではなく複数の人と一緒に接する

中高年男性が苦手な時の対処法としてオススメな方法に、複数の人と接するようにするという方法があります。

そうすれば、皆の後ろに上手に隠れることができて、苦手な中高年男性とダイレクトに話さなくてもすむでしょう。

苦手だと分かっているのに、一対一で中高年男性と話していると、何だか気づまりに感じてしまいます。

上手に会話が続かなかったりして、白けた雰囲気になり、相手の様子も気になります。

もともと苦手だということが分かっているのですから、できる限り自分一人で対応するのはやめておきましょう。

何人かで話していると、一人が話し出したことを別の誰かが引き継いでくれて、会話が盛り上がります。

そういう状態なら、いくら苦手な「おじさん」が加わっていたとしても、当たり障りがないように、大人の会話をすることができるでしょう。

苦手な中高年男性と二人っきりで話すことは、ますます苦手意識を強くしてしまうかもしれません。

うまく他の人も交えて接するようにすれば、きっとそこそこ楽しく会話をすることができるかもしれないのです。

5.どうして苦手なのかということを考えてみる

中高年男性が苦手な時の対処法として「どうして苦手なのか」ということを考えてみるようにしましょう。

そうすれば、自然と対処方法が見つかるはずです。

中高年男性が苦手だと思うのは、もしかしたら「上から目線」で話をしてくるからかもしれません。

そういう場合は、適度に会話をスルーしてしまうのが一番の対処法となるでしょう。

また、しつこくプライベートを聞いてくるような中高年男性が苦手なら、あまり深入りしないように距離をとるようにしましょう。

プライベートなことを話さないようにすれば、相手も会話のとっかかりがなくなり、あまり構ってくることはないはずです。

どうして中高年男性が苦手なのかそれが分かれば、きっとどうしたら良いかが分かります。

自分にとって一体何が「苦手」かということを理解することが、一番の対処法となります。

中高年男性が苦手でも上手に対処しよう

中高年男性が苦手だと思ってしまっても、彼らと全く接しないでいることは難しいでしょう。

職場や親戚など、どうしても接点が生まれてくるはずです。

そういう時には、避けてばかりいるのではなく、うまく対処することで、スマートな人間関係を作り出すことができ、もっと毎日を快適に過ごすことができるでしょう。

 

    「中高年男性が苦手な時の対処法とは。おじさんと仲良くできるようになろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く