家族の長電話にイライラする時どうすれば良いか

最終更新日:2017年6月26日

家族がずっと長電話をしていると「もういい加減に電話を切ってほしい」と思うことがあります。

ただ、話している本人は、楽しんで会話をしているので、言い方に気を付けなくてはなりません。

家族の長電話にイライラする時の対処法を知っていれば、無駄な言い争いを防いで、長電話をストップさせることもできるでしょう。

1.家族が「長電話中に他の用事を済ませる」ようにする

家族鵜の長電話にイライラする時の対処法として「家族が長電話中に、他の用事を済ませる」ようにしてみましょう。

そうすれば、家族がずっと長電話をしていても、気になることがずっと少なくなります。

家族が長電話をしている時にそばにいると「もういい加減にしたら」と言いたくなります。

会話の内容が聞こえてきて「大したこと話していないのに」と、ますますカリカリしてしまうでしょう。

そういう時は、あえてそばにいないようにしましょう。

「あ、また長電話をしている」と思ったら、その間に買い物に出かけてしまったり、お風呂に入ってのんびりしましょう。

家族の長電話中に楽しいことをするようにすれば、時分自身も精神的にゆったりと余裕を持つことができるでしょう。

家族の長電話にイライラする時は、傍でずっと聞いていないようにするのが一番です。

そうすることで「まだ話している」とか「もう1時間も電話している」と、気になりすぎることがなくなるからです。

2.「ちょっと電話を使いたい」と言って電話を切ってもらう

家族の長電話にイライラする時の対処法として、もう電話を切ってもらうのが一番ストレスが溜まらない方法です。

そういう時には角が立たないように「ちょっと電話を使いたいのだけれど」と声をかけて、電話を切ってもらうようにしましょう。

長電話をしている時は、最初から「今日は長電話をしよう」と心に決めていることはそれほど多くありません。

たまたま何かの用事で電話をした時に、つい話が長引いているだけなんてことがほとんどです。

もしかしたら長電話をしている家族本人も、電話を切るタイミングを探っているのかもしれません。

そんな時に他の家族から「電話を使いたい」と言われたら、話している相手に「あ、じゃあまた今度」などと一言言って、そのまま電話を切ってくれることでしょう。

長電話をしているなと思った時、さりげなく「電話を使用したい」ということを伝えれば、よほど重要な話でない限り、その電話を切ろうとしてくれるはずです。

長電話をストップしてもらいたい時には、さりげなく家族に声をかけてみましょう。

そうすれば、きっとこちらに配慮してくれるでしょう。

3.「この長電話でストレス解消をしている」と理解を示すようにする

長電話する家族にイライラしているなら「この長電話が家族のストレス解消に役立っている」と思う様にしてみましょう。

そうすれば、長電話をしていることが無意味ではなくなり、もっと温かい目で見てあげることができるでしょう。

長電話の内容をそばで聞いていると、それほど意味があるとは思えない会話が続いていたりします。

他の人間からは「もう切ればいいのに」と思ってしまいますが、本人にとっては実はかけがえのない時間だったりすることもあります。

話している相手は会社の同僚だった李学生時代の友人だったりとまちまちですが、職場のちょっとした不満を言いあったり、昔の知り合いのことで盛り上がったりするだけで、何だか心がスッキリすることもあります。

もし長電話をやめてもらって、その分自分が家族の無駄話に付き合うこととなったら、其れもまた面倒に感じてしまうかもしれません。

この電話をすることで、家族はそれなりにストレスを解消しているんだと思う様にすれば、イライラする気持ちをなだめることができるでしょう。

4.具体的に「今月の電話代が〇〇円もかかっている」と説明して長電話をやめてもらう

家族の長電話にイライラするのは、いったいどうしてなのでしょうか。

もしかしたら長電話が原因で電話代がかさんでいるのかもしれません。

そういう時は、具体的に「今月の電話代が〇〇円もかかっている」と説明しましょう。

そうすれば、少しは自重して長電話を控えるようになるはずです。

たまに懐かしい友人と長電話をするくらいならいいのですが、年がら年中1~2時間も電話をしているようなら「いい加減にして」と言いたくなります。

毎月の電話代もそれなりにかかってしまいますので、家計にも打撃を与えてしまいます。

そういう事実を、もしかしたら家族は知らずに長電話をしているのかもしれません。

電話代がかさんで困っていることをしっかりと伝えれば、本人も反省して長電話をストップするようになるでしょう。

あまりにも頻繁に電話をするのは、家族としても困ってしまいます。

ただ、どうして困っているのかを具体的に伝えることで、状況を改善することができるでしょう。

5.「一緒にいる時にはもっと自分と会話をしてほしい」と伝える

家族鵜の長電話にイライラするのは、もしかしたら自分がないがしろにされていると感じてしまうからかもしれません。

そういう時は「一緒にいる時にはもっと自分と会話をしてほしい」と伝えてみましょう。

その言葉を聞けば、家族は「あ、悪かったな」と思って、長電話をしなくなるかもしれません。

毎日の生活が忙しくて、家にいる時にもあまり会話をする時間がないのに、二人でいる時にずっと電話をされていては、イライラするどころか腹が立つかもしれません。

そういう自分の気持ちを相手に伝えて、一緒にいる時には、できるだけ自分のことを見てほしいと話してみましょう。

長電話は楽しいかもしれませんが、自分と一緒でない時間にしてもらえばいいのです。

家族といる時には、きちんと家族の方へ視線を向けてくれるようにお願いしてみることが、ベストな対処法となるでしょう。

家族の長電話にイライラするのを防いでいこう

家族の長電話にイライラするのは、様々な理由があるからです。

どうして気分を害してしまうのか、その理由がはっきりと分かれば、きっともっと冷静に対処することができるでしょう。

家族の長電話にイライラするのは、もしかしたら自分の中に原因があるのかもしれませんね。