いつも適当な人にイライラしてしまう時の対処法

最終更新日:2016年7月31日

仕事や生活が適当な人を見ていると、何だかイライラしてしまいますよね。

「どうしてそうなの?」と、怒りたくなります。

でも、適当な人って、そういうこちらの気持ちを全然分かっていなかったりするんです。

適当な人にイライラして時の対処法を知って、ストレスを溜めないようにしてしまいましょう。

1.適当な人とは少し距離を置くようにする

適当な人にイライラしてしまう時の対処法でオススメなのは、その人と少し距離を置くようにしましょう。

適当な人とずっと接していると、イライラが止まらなくなってしまうからです。

適当な人を見ていると、やることがいい加減だったり、最後までやり遂げなかったりします。

その人の適当なやり方を見ていると、口出ししたくなったり文句を言いたくなってしまいます。

しかし、適当な人にイライラをぶつけてしまうと、人間関係にひびが入ってしまいます。

いくら適当な人だとしても、中が悪くなるのは避けたいですよね。

だからといって、何も言わずにそばにいると、こちらがイライラしすぎてストレスが溜まってしまいます。

そういう時のベストな対処法は、しばらくその人と距離を置くようにしてみるということです。

「この人って本当に適当」そう思ってイライラしたら、そっと距離を置くようにしましょう。

そうすれば、適当な人を見て怒りを爆発させるのを、上手に抑えることができるでしょう。


2.適当な人には「声がけ」する

適当な人に何かをお願いすると、いつまでも始めなかったり、やっているなようがどうも適当で心配になってイライラしてしまいます。

そういう時の対処法は、適当な人に「声がけ」をするということです。

適当な人というのは責任感がないので、頼まれたことに対してちゃんと取り組まなかったりします。

そういう様子をみていると、本当にイライラしてしまいますよね。

でも、適当な人は、意外と悪気がなかったりします。

いつもいい加減なので、その癖が出てしまっただけだったりします。

そういう適当な人には、イライラをぶつけるのではなく「あの件どうなった?」と声がけしてあげましょう。

そうすれば、適当な人は「あ、ちゃんとやらなくちゃ」と思って、真面目にそのことをやるはずです。

「どうも適当にやってるみたい」と感じたら、定期的に声掛けをしてあげることで、適当になるのを上手に防ぐことができるでしょう。

適当な人にイライラしてしまう時には、声がけしてみて、適当に物事を行うのをストップさせるのが、良い対処法となります。


3.適当な人の仕事をダブルチェックする

適当な人にイライラしてしまうときの対処法にあるのが、適当な人の仕事をダブルチェックすることです。

適当な人の仕事内容が不安でイライラしてしまうなら、もう一度自分で確認すれば「ミスがあるかもしれない」とイライラすることがなくなるでしょう。

適当な人と仕事を組んだ時、ちゃんとやり遂げてくれるのだろうか?と心配になってしまいます。

仕事に対して真剣な態度ではないので、一緒にやる人間はイライラが止まりません。

適当な人と組んだために、仕事にミスをすることになったり、納期に間に合わなくなったら大変です。

考えるだけでイライラして、血管が切れそうになってしまうでしょう。

そういう時、適当な人の仕事ををもう一度チェックしてみましょう。

そうすれば、仕事のミスを発見することができます。

ダブルチェックをすることは、仕事のクオリティーを上げるためにも有効な方法です。

適当な人のミスを発見できれば、修正すればいいですし、ミスがなければ早めに提出することができるでしょう。

適当な仕事をされてイライラするよりも、ダブルチェックを取り入れて、念のため確認するようにしましょう。

最初からそのつもりでいれば、きっとイライラすることも少なくなるはずです。


4.適当な人のことを「こういう人だ」と認めてあげる

適当な人にイライラしてしまう時の対処法でオススメなのが、適当な人のことを「こういう人だ」と認めてあげることです。

そうすれば、心の中のイライラを静めることができるでしょう。

適当な人を変えようと思っても、それはかなり難しいことです。

いくらちゃんとやってほしいといっても、なかなかこちらの思う通りに変わってはくれないでしょう。

そんな適当な適当な人に対して、厳しい批判的な視線を向けてしまうと、ますますイライラしてしまって、自分自身が疲れてしまいます。

それよりも「この人にはこういういい加減なところがあるんだ」と思えば、心が楽になります。

その上で、適当な人には上手に対応するようにしましょう。

適当な人は物事を仕上げるのが遅れがちだから、あえて「早めに締め切りを伝える」ようにして、時間に余裕を持たせるようにします。

そうすることで、適当な人を認めつつ、問題が起こるのを防ぐことができるでしょう。

適当な人のことを、こういうキャラクターだと認めてあげれば、相手も自分も気が楽になります。

それが適当な人にイライラしない、オススメな対処法です。

適当な人とは適切な距離感をとろう

適当な人は、けっこう沢山いるものです。

職場の同僚などが適当な人だった場合、付き合いを止めたいと思っても、それができないこともあったりします。

しかし、適当な人に対して上手に対処することで、こちらがイライラしたり、相手と関係性を悪くすることがなくなります。

適当な人への上手な対処法は、もしかしたら「大人の対応」と言えるかもしれませんね。