コンタクトレンズをしたまま寝てはいけない理由5つ

最終更新日:2015年9月4日

コンタクトレンズをしたまま寝てはいけないとよく言われますよね。

そうはいっても居眠りしちゃったり、気づいたらごろ寝で翌朝になっていた・・・ということもよくあることです。

そこで今回はコンタクトレンズをしたまま寝てはいけない理由をご紹介します。

1.角膜が呼吸できない

「コンタクトレンズをしたまま寝たとしても、目はつぶっているわけだから、目を休めているのではないの?」と思う人もいるかもしれません。

実は、ここに大きな間違いあります。

角膜という瞳にかかる透明な薄い膜があります。

この角膜は血管が通っていないので、栄養を取り込むことができない代わりに、空気中の酸素を取り入れて、それを代謝エネルギーに変えています。

各コンタクトレンズメーカーは、この性質を大前提に考えて角膜が長時間コンタクトレンズをつけたままでも酸素を取り込めるようにコンタクトレンズを開発しています。

寝ている状態では角膜にフタをしてしまっている状態ですので、角膜が酸素を取り込むのが難しくなってしまいます。


2.涙も出なくなるので目を閉じていても超乾燥状態

角膜へ酸素を運ぶのは、実は涙。

コンタクトレンズは簡単に説明すると、涙に挟まれて角膜の上に浮いているような状態で使用しています。

ですから、涙がなければコンタクトレンズは使えません。

涙は目に入ったごみなどを洗い流す機能はもちろんのこと、コンタクトレンズを装着した目の潤滑油のような働きもするのです。

この涙を出す器官である「涙腺」は、上まぶたの外側の内部にあります。

眠るときは上まぶたをとじるわけですから、コンタクトレンズをしたまま眠ってしまうとその涙腺を圧迫しますので、涙が非常に出にくい状態になり、非常に乾燥した状態になります。

3.目が傷つく

潤滑油の代わりとなる涙がなくなってしまえば、角膜にダイレクトにコンタクトレンズが触れてしまいますから、角膜に傷がつきやすくなります。

眠っている間、無意識の間に目をこすっていたら傷だらけになってしまいます。


4.失明してしまう可能性も

最近は、コンタクトレンズの性能が大変良くなったので、失明するケースもずいぶん減ったようです。

しかしコンタクトレンズと角膜が強くはりついてしまい、はずしたときに、一緒にはがれてしまったということもあるようです。

角膜は全部で3層に分かれています。

外側から順に、上皮、実質、内皮の三層で構成されています。

一番外側の上皮がコンタクトレンズの影響ではがれてしまった場合は、必ず眼科医に診断を受けましょう。

適切な治療を受ける条件であるならば、再生可能であるケースもあります。

検診などで、心配することはないと前置きされて「角膜に傷がついていますね」と言われる場合は、この上皮が傷ついていると言われているケースがほとんどのようです。

しかし眠っているときに無意識に目をこすってしまったり、うつぶせで寝てしまっていることがあります。

起きている間に加減できる力が眠っている間はできないわけですから、通常ありえない圧力や刺激が加わってしまうことがあります。

そしてその場合、上皮どころか内皮を傷つけてしまいます。

この細胞は細胞分裂を行わないため、再生機能がなく元通りにはなおりません。

多少生き残った細胞がカバーしてくれるものの、機能力は完全に低下します。

内皮は血管を持たない上皮への栄養を運んだり、上質と主にコラーゲンでできている実質の水分をコントロールしたりと、内皮がなければ上皮も実質も成り立たないといっていいほど重要な部分です。

重要な部分が機能を果たせなくなるということは=失明につながります。

5.感染症になることも

角膜の上皮に十分な酸素や水分がいかないということは、上皮の機能を低下させることを意味します。

涙は目の中に常にいる細菌から目を守る働きもしています。

栄養もなく、守ってくれるものもなくなってしまったら、もう細菌の侵入はあっという間です。

角膜が感染症に冒されてしまいます。

人間が免疫力の低下により風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなったりするのと同じ理由です。

コンタクトレンズをしたまま寝ている間に、枕や布団にすみつく菌が目の中に侵入してくる可能性もあります。

コンタクトレンズは寝る時につけないようにしよう

コンタクトレンズも、眼科医の処方箋なしで気軽に買える時代にもなりました。

しかし目の立場としてみたら「常に目の中に異物が入っていていい気分じゃない」と思っているはずです。

適切な使用方法で、快適なコンタクトライフを送りましょう。

もしどうしてもコンタクトレンズをしたまま寝てしまう場合にはメガネを着用するようにしましょう。