嫌いな旦那をもう一度好きになる方法。一歩引いて夫を見てみよう

最終更新日:2016年2月28日

好きで結婚したはずの男性のことを嫌いになってしまう女性は多いものです。

そこには様々な問題があり、子育てを手伝ってくれないことの苛立ちや、大きな子供のように感じるなど、夫婦によって種類は異なります。

旦那を嫌いな女性がもう一度旦那を好きになる為には、どのような方法があるのでしょうか。

1.ダメ元で原点に戻って見直すことが必要

付き合い初めの事、結婚当初のことを改めて思い返す時間が必要となります。

現時点では嫌いな要素、頭にくる要素しか見つけられない状態に陥っており、急に好きになることが出来ない状態。

でも結婚したということは、好きという気持ちがあったから。

その気持ちを思い出したり、確認したりといった単純な作業が、自分の気持ちをリセットしてくれる可能性があります。

当時の写真をもう一度見直してみたり、どうして結婚しようと思ったのかといったように、好きだったころの時期に自分を持っていくのです。

「そういえばこんな所があったな」「こういう所が好きだったんだよな」そう思い返すだけでも、意外とスムーズにまた好きになれることもあります。

頭の状態がもう「嫌い」「嫌だ」という状態に洗脳されてしまっていて、旦那のやることなすことすべてが嫌になってしまっている可能性もあります。

そんなことしても無駄だと思っても、一度挑戦してみることをオススメします。


2.理想を追い求めず、良い所を見てあげる

結婚当初は、嫌いな気持ちは少しもなかったことでしょう。

むしろ一緒にずっと居たいという気持ちや、相手の悪い点が見えなかったりと、充実した結婚生活を送っていたはず。

ただ、嫌いという気持ちになってしまうのは、徐々に女性が旦那に求めすぎになっていることも考えられるのです。

優しかった旦那に今度は協力してくれることを期待したり、寝ることが好きな旦那がカワイイと思っていたのにそんな時間があるなら手伝ってという思いがでたり。

要は、女性側が旦那に期待するようになったり、理想を求めるようになって、嫌いという気持ちが湧いてくることは意外と多いです。

結婚当時は今の旦那が好きと言えたはずなのに、そんなに変わらない旦那の事を徐々に嫌いになっていくというのは、旦那に新たな期待を抱いているから。

それは旦那が悪いのではなく、女性が理想を追い求めるようになったからと言えるでしょう。

一度旦那に対して「こうなってほしい」という思いを捨てることは大事な方法。

理想が高くなれば高くなるほど、旦那が情けなく感じてしまったり嫌いになってしまったりということが起きてしまいます。

何も変化のない旦那であれば、女性側のこうした思いの変化によって、嫌いになってしまったという可能性があります。

期待せず理想を求めず、今の旦那のまま、結婚当初のように良い所を良いと言えるようになってみませんか?


3.自分に出来ないこと、やれないことに注目する

自分には出来ないことややれないことを目にすると、女性は「すごい」という尊敬の気持ちを少なからず持つようになります。

女性が出来ないことをすんなりとやって見せたり、自分には出来ないことに没頭している姿を見て、それを自分と比較することで尊敬の目を養うことが出来ます。

好きという感情を再度持つためには、男性がある程度自分より立場が上であるという意識を持つことが重要なポイント。

自分と旦那を比較すると、自分には出来ないことを旦那がスムーズに解決してくれる瞬間もあるはずです。

そういった面をきちんと見てあげるということは、気持ちをリセットするためには良い機会です。

普段頼りないと感じていたのに、実はさりげなく男らしさを出していたということもあり、その姿をただ見ていなかっただけの場合もあります。

自分と比較して良い所を見てあげること、放っておかないできちんとその光景を見ることは、また好きになる為には重要なことです。


4.距離感を保ち、自分のことも優先する

旦那のことが嫌いになってしまったという女性の中に、自分を犠牲にしていると感じる人が多いです。

自分は旦那のためにこうしているのに、自分は好きなことも出来ないのに旦那は好き勝手出かけているなど、自分を犠牲にしていることが原因となって旦那を嫌いになってしまうこともあります。

夫婦と言ってもずっと一緒にいなければならないということはありません。

むしろ一定の距離感はとても大切で、休日だとしても別々の行動をしてみたり、たまには旦那優先ではなく自分のことを優先してみるというのも、また好きになる為には必要な手段です。

自分を犠牲にしているという感覚が少なくなれば、自由を手に入れたような気持ちにもなれます。

義務感や責任感から、旦那の為に時間を割いてしまっていると、後にその旦那のことを嫌いになってしまうというパターンは意外と多いのです。

自分の時間を作り、自分を優先させ、リフレッシュするという時間はとても貴重なもの。

これによって心にゆとりが出来て、旦那に対して嫌いという感情がなくなっていくことも多いのです。

嫌いな旦那を見つめなおそう

好きだったはずの旦那を嫌いになってしまうということは、夫婦間ではよくある問題です。

始めのうちは「うちはそんなことにならない」と思っていても、倦怠期が原因だったり、一緒にいすぎることが原因となって嫌いになってしまう可能性は十分にあります。

もし嫌いになってしまったら、これらの方法を試してみてください。

そこには「好きで結婚した」という前提があること、ここを忘れてはいけないのです。

今出来ること、好きになる為に自分が試せることをやってみて、もう一度旦那のことを好きになれるようにすると、日々の生活も楽しく変化してくるでしょう。