だらだら残業をしない方法5つ

最終更新日:2015年10月12日

だらだら残業をしてしまうのは、目的意識が無い事が主な原因のようです。

毎日の目標を持つ事や、意識をして仕事に取り組む事で、だらだらした残業をしていで済みます。

だらだら残業をしないように意識をするには、どういった事に注意すれば良いのでしょうか。

1.時間管理をしてみる

毎日同じ会社に同じ時間で出勤をしていますが、自分がやっていることが何がどれくらいの時間が掛かっているのか分かっていない人が多いです。

出勤をしてからメールをチェックするとして、どのくらいの時間を掛けてメールをチェックしているのかも把握していなければ、時間をただ無駄にしているようなものです。

その日の気分や、仕事の量によって多少は時間の差が出ますが、毎日御ない作業をしているのであれば、ある程度の時間予測はできるはずです。

自分が行なっている業務内容を、どれくらいの時間を掛けてやっているかチェックしてみてください。

普段10分で終わる仕事が、30分掛かればそれだけ残業をしなければなりません。

同じ仕事を毎日同じくらいの時間で終わらせる事で、就業時間内で仕事を終わらせるように段取りを組めば良いでしょう。

一つの作業に時間が掛かったら、他の作業を短時間で終わらせれば釣り合いが取れるので、時間管理は大切です。


2.朝いつもより早く出勤する

毎日同じ仕事をしていますが、その日によって業務や作業が当然違います。

朝の時間にその日のスケジュールを決めて、それに沿って業務をこなしていけば残業をしないで済みます。

就業時間になってからその日の準備や予定を組んでいては、考えている時間だけ残業をしてければならなくなります。

就業前に今日のスケジュールや予定、メールチェックなど雑務をこなしていれば、すぐに本業の作業をする事ができます。

朝の時間はとても貴重で、他の人から連絡をもらう事も無いですし、比較的自由に時間を使う事ができます。

一日の予定を朝の時間で考えておく事で、トラブルなどで業務が予定通りにいかなくても、臨機応変に対応する事ができます。

なるべく就業時間内で仕事を済ませられるように予定を組んでおけば、だらだら残業など一切しなくて済みます。


3.スケジュール通りにやってみる

スケジュールを立てる時には、残業をする事を前提で予定を組む人はいません。

就業時間内で終わるように予定を組みますが、どうしても予定通りに仕事が終わらなければ、仕方なく残業をすることになります。

朝の時点で予定を立てたとして、その日にトラブルが起こる事や予定通りに行かないとは思っていません。

基本的には予定通りに事を進めていれば、だらだら残業を一切やる事はありません。

もし予定通りに事が進まなくも、緊急の用件以外ならば後回しにしてしまいましょう。

予定通りに仕事をしていくことで、時間が経つと解決策が思い出したり、新たなアイデアが生まれてくるかもしれません。

時間通りに終わらない仕事を何時までもやっている事は、集中力も切れて効率が悪くなります。

集中力が切れたことは一旦離れて、時間を置いてからまた集中して作業する事で仕事の効率も上がるはずです。


4.女子力をアップする

仕事と女子力は関係ないと思いますが、女子力をアップさせる事でだらだらした事とは無縁になります。

女子力とは、男性から見て女性らしさだったり、気遣いができる所を見られています。

女性のスタイルを維持するのでも、背筋を常に伸ばしていたり、落ち着いた品のある行動をとったり気を使っています。

女子力をアップさせる事は、自分のだらしない部分を無くす事だとも言えます。

もし男性にだらだら残業をしている姿を見られたら、女子力どころか女性としての魅力も下がってしまいます。

だらしない姿を見られたくなければ、普段の仕事もテキパキとこなす事で、残業をしなくても仕事を終えるように努力をしましょう。

そうすれば残業をしない分、プライベートの時間もしっかりとる事ができるので、更に女子力をアップさせることもできます。


5.プライベートを充実させる

キャリアウーマンを目指している人で、だらだら残業をしている人はいません。

そういった人でもプライベートはかなり充実している傾向にあります。

プライベートを充実させる事は、仕事をする上でもとても重要な事です。

職場で時間を考えずにだらだら残業までしていても、仕事の効率は上がりません。

退社時間があれば、その時間に合わせた仕事の予定を組んで終わらせる努力をします。

プライベートが楽しければ、早く仕事を終わらせて楽しみたいというモチベーションにも繋がりますし、また次の日からの仕事にもリフレッシュして臨む事ができます。

女性の立場では、職場で男性陣が残っているので帰れない様な雰囲気なのでだらだら残業をしている人もいるようです。

だからこそ自分は、自分の仕事をしっかりとして周りに認められるようになれば、どうどうと退社をする事ができます。

プライベートを楽しみたいというモチベーションがあるからこそ、仕事を頑張る事ができます。

だらだら残業をなくそう

だらだら残業は集中力も無くなるので、非効率的な仕事の仕方であると同時に、女性は周りの雰囲気から自分だけ退社する事ができないので、なんとなく残っている事が多いです。

仕事にはしっかりと目的意識を持つ事と、プライベートで楽しむ事ができるというご褒美があれば、だらだら残業をしないように工夫をして仕事に取り組む事ができるかもしれません。