デートプランを女性が決めるメリット・デメリット

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

デートプランは男性が決めるもの、そんな時代は終わりました。

女性から「ここ行きたい」と言ったり、プランを決めてリードしたり、なんてことも多いのではないでしょうか。

女性がデートプランを決めることにはメリットもありますが、同じくデメリットも。

ここでは、デートプランを女性が決めることで考えられるメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

1.自分の好きな所に行ける(メリット)

女性がデートプランを決めることの最大のメリットはこれ。

男性任せにすると素敵な所に連れていってもらえる可能性もありますが、自分の趣味に合わない退屈な時間を過ごすことになる場合も。

せっかくのデート、やっぱり自分が楽しめる所に行きたいと思うなら、自分でデートプランを決めるのが一番です。

2.デートプランから自分の好きなことを知ってもらえる(メリット)

デートプランを決めるということは、自分の好きなことを相手に紹介することでもあります。

いつもは男性に決めてもらっていても、たまに自分のデートプランを織り混ぜることでどんなことを喜ぶのかが伝わります。

その結果、次からの男性のデートプランも変わってくるかもしれません。

3.自分のペースで動ける(メリット)

デートプランを決めた方が必然的にその日のタイムキーパー役を果たすことになります。

いつも男性のペースに合わせて慌ただしかったり、反対にのんびり過ぎてイライラしたりなんてことが多かった人なら、自分のデートプランに乗っかってもらうことでストレスを感じずに過ごせるかもしれません。

ただし、マイペースな男性の場合、それでもペースが合わず、予定どおりに動けなくてイライラが溜まることも。

そんな相手の場合は、あらかじめその日の予定を全て伝えておくのも手です。

4.デートプランに対する男性の反応が気になってしまう(デメリット)

自分の好きなことを盛り込んだデートプランにすると、気になるのが相手の反応。

退屈じゃないかな?無理して付き合ってくれてないかな?と一つ一つ気にして過ごしていると、せっかくのデートプランも楽しめなくなってしまいます。

気分屋の男性の場合、つまらない気持ちを顔に出され、デートが台無しになってしまう可能性も。

自分の好きなことと男性が興味のあること、両方盛り込むことが大切なのかもしれません。

5.男性が受け身になってしまう(デメリット)

女性がデートプランを決めることが多くなってくると心配なのがこれ。

決めてくれるのが当たり前、リードしてくれるのが当たり前、そんな風に男性が受け身になってしまうと、その楽さにあっという間に慣れてしまいます。気づけば全て女性にお任せ、の情けない男性に成り下がっている危険性もあります。

デートプランを交互に決めたり、自分の好きなことは一部にとどめ、その他のところは男性にリードしてもらう等任せきりにされないような対策が必要です。

自分が楽しめる代わりに面倒な事態が起きることも

女性がデートプランを自分で決めることは、自分が楽しめるデートになる可能性が高くなる一方で、かえって面倒な事態を引き起こす可能性もはらんでいます。

男性が決めるもの、女性が決めるもの、と固定せず、お互いに行きたいこと、やりたいことを出し合ってデートプランが決まっていく、そんな関係を築けるのが一番なのではないでしょうか。

いつも男性が決めているなら、時には「ここ行きたい」と提案してみたり、いつも自分が決めているなら「今度はあなたが立ててくれたプランでデートしたいな」と甘えてみるのも良いかもしれません。

 

    「デートプランを女性が決めるメリット・デメリット」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く