彼氏への独占欲が強い女性が抑える方法

最終更新日:2015年6月2日

仕事よりも私を優先してほしい。

いつでもどこでもかまってほしい。

他の女性を見ないでほしい。

彼氏ができると、ついつい独占欲が強くなってしまいますよね。

けれど、独占欲をそのまま彼氏にぶつけてしまうと彼氏にうざがられるだけではなく、最悪の場合別れにつながることも。

そこで、どうやったら独占したい欲求を抑えることができるのか、いくつかパターンをご紹介します。

1.趣味に没頭する

これは実践している人も多いですよね。

独占欲が強すぎる人に共通するのは、彼氏以外の趣味がないことです。

趣味がない人は、時には彼氏のことを忘れられるぐらい集中できる趣味を見つけてみませんか。

何も興味がない人はまずは部屋の片づけから始めてみるのもいいかもしれません。

物を整理することで気持ちの整理がうまくなったり、何より部屋が片付き居心地がよくなります。

料理にチャレンジしてみてもいいですね。

うまくいったときに達成感も味わえるし、結婚生活とも直結します。

料理はすればするほど腕もあがるので、おすすめです。


2.同じように彼氏大好きの人と交流する

彼氏を独占したい気持ちって、なかなか他人には言いにくいものですよね。

特に彼氏のいない女友達には禁句です。

でも、同じように彼氏がいて独占欲のある友人と交流すれば、客観的に自分を見つめる機会にもなり、気持ちも整理できてすっきりしませんか?自分と友人、どちらが独占欲が強いか比べてみるのも楽しいかもしれません。

ヒートアップして「あれ?自分何やっているのだろう」と少し心が落ちつくかもしれませんよ。


3.彼氏が着ていた服のにおいをかぐ

本当は一日中彼氏に抱き着いていちゃいちゃしたいところ。

けれど、現実的にはそれは不可能で、あんまりやりすぎては彼氏にうざがられるかもしれません。

そこで活用できるのは彼氏が着ていた衣服です。

これならだれにも迷惑もかけず、文句も言われません。

思いきり抱きしめて心ゆくまでにおいをかいじゃってください。

まるで彼氏と一緒にいるような安心感を味わえます。

ただし、誰かに見られないように気をつけてください。


4.ペットを飼う

独占欲は愛情が強い証拠。

その強い愛情を彼氏以外のペットに注いでみては?愛情が分散されて、彼氏にとっても自分にとってもほどよい距離が生まれると思います。

ペットを飼えない人は、大型ショッピングモールなどに併設されているペットショップに出かけてみたり、動物園で愛らしい動物と触れ合うのもいいかもしれません。


5.彼氏からありあまる愛情をもらう

独占欲が強い原因のひとつは「彼氏からの愛情不足」なのではないでしょうか?「私ばかり追いかけている気がする」「彼氏に好きと言ってもらえない。

本当に愛されているのだろうか?」などと心のどこかに不満や不安があると、どんどん独占欲が強まります。

例えば、一日一回は好きだよ的なアピールをしてもらったり、スキンシップをとってもらったり、一日の出来事を聞いてもらったりされるだけでも満足感は違います。

彼氏からかまわれている。

必要とされているという安心感が独占欲を弱めてくれるのです。

独占欲が強い彼女に困っている男性は自分から積極的に愛情表現をするといいかもしれませんね。


6.彼氏への愛情を紙に書き出す

なぜ彼氏のことが好きなのか、どういうところが好きなのか、そして彼氏とどういう関係でありたいのか、思いつくまま書き出してみましょう。

そして書きながら思う存分にんまり幸せな気分に浸ってください。

紙に書き出すと、まるで誰かに聞いてもらったような感覚になり気持ちがすっきりしませんか?その紙を彼氏に見てもらうのもいいかもしれませんね。

きっと自分が彼女からどれほど愛されているのかを知り、ますます大事にしてくれるかもしれませんよ。


7.ラブラブな恋愛映画を見て発散する

熱々でラブラブな恋愛映画を見て、まるで自分が主人公になったような気分に浸りましょう。

自分が言いたいセリフ、行動すべてを主人公が映画の中で実践してくれるのですから、たまった独占欲を発散させるのにはもってこいです。

映画を観終わったあとは、幸せ気分ですっきりしているのではないでしょうか?


8.彼にギュッと抱きしめてもらう

可能であれば、独占欲がわき出てきた時にギュッと抱きしめて気持ちを静めてもらいましょう。

彼のぬくもりを体いっぱいに感じて心を満たして充電しておきます。

ずっと一緒にいられなくても「充電したんだから」と自分に言い聞かせ、独占したい気持ちをおさえましょう。

一日一回はギュッとしてもらいたいですね。

独占欲を上手くコントロールしよう

実践できそうなものは見つかりましたか?
独占欲は愛情の現れですが、強すぎると嫌がられる原因にもなるし、自己満足の独占欲は自分も相手も傷つけてしまいます。

彼氏を独占したい気持ちはどんな女性でも少なからず持つ感情です。

自分の感情をうまくコントロールしながら彼氏とここちよい関係を築いていきたいですね。