同棲する時にベストなベッドのサイズや選び方とは?同棲中に快適な睡眠をとるためにはベッド選びが最重要

同棲最終更新日:2019年6月9日

彼氏との同棲を考え家具や家電の購入を検討する際に、とても重要になってくるのがベッドです。

ベッドは一日の疲れを癒しリラックスできる空間だからこそ、ベッドの選び方は本当に大切です。

選び方を間違えてしまうと、どちらかの眠りを妨げてしまいストレスに感じてしまい身体の疲れが取れないなどの悪循環に陥ってしまいます。

そのため2人での新生活を気持ちよく迎えるためにも、ベッド選びは慎重に行いましょう。

そこでここでは「同棲する時にベストなベッドのサイズや選び方」をご紹介します。

2人で一緒に寝るなら、最低でもダブルベッド以上のサイズを選ぶ

同棲中にはセミダブルのベッドで2人で寝ているという声もよく聞きますが、セミダブルサイズでは2人用としてはやはり少し狭い印象です。

しっかりとお互いが身体を休めるためにも、ゆとりのあるダブルベッドかもしくはそれ以上のサイズのベッドがオススメです。

一般的なセミダブルベッドやダブルベッドのサイズは以下のようになっています。
セミダブルベッド:幅1220mm×長さ1950mm
ダブルベッド:幅1400mm×長さ1950mm

「たった20cmしか変わらないのか」と思うかもしれません。

しかしこの差は実はとても大きいのです。

実際に寝てみると、20cmの差がどれほど大きいかが分かってくるでしょう。

セミダブルベッドでは、まっすぐな状態で2人で寝ても違和感がありません。

しかしどちらかが横向きで寝たり身体を折り曲げて寝たりすると、もう一方の相手が身動きをとれなくなる可能性があります。

また、寝返りも打ちにくくなりますので、身体に疲れが残ってしまうことも少なくません。

特に身体の大きな人や体格のいい人ですと、窮屈に感じられるでしょう。

その点ダブルベッドですとそういったことが起こりにくいのです。

「ダブルベッド」というくらいですから、2人で寝ても特に問題はありません。

お互いの身体をしっかりと休めたければ、最低でもダブルベッド以上のサイズのベッドを選びましょう。

2人で一緒のベッドで寝ても、掛け布団は一人ずつ確保する

ダブルベッドで寝る場合、掛け布団もダブルサイズを買うことが多いでしょう。

しかし、2人で1つの掛け布団にしてしまうと、どうしても寝ている間にどちらか一方に掛け布団が偏っているということがよくあります。

「朝起きたら布団がなかった」「寒くて風邪を引いてしまった」などの事態になりかねません。

そのため、いくら大きなベッドに2人で寝るといっても、掛け布団は一人ひとりが持っているということをオススメします。

そうすれば、自分もしっかりと掛け布団にくるまって眠ることもできますし、深夜に掛け布団の取り合いになるようなこともありません。

また、夜中にどちらかがお手洗いなどに起きた場合でも、自分専用の掛け布団があると相手を起こさずにベッドに出入りできます。

掛け布団がそれぞれに一枚ずつあれば、相手に気を遣わず、眠りにつくことができるでしょう。

使い勝手の良いシングルベッドをダブル使いにしてみるのもあり

2人で一緒に寝る際のベッド選びはどうしても、ダブルサイズやクイーンサイズなどの1つのベッドで完結しようと思ってしまいがちです。

しかし、もう1つのオススメはシングルベッドやセミシングルベッドを2つ並べて、くっつけて使うことです。

ちなみに下記がシングルとセミシングルの一般的なベッドサイズです。

セミシングルベッド:幅850mm×長さ1950mm
シングルベッド:幅970mm×長さ1950mm

これらを2つ並べてくっつけるとそれぞれ、クイーンキングサイズに相当する大きさになります。

実は、シングルやセミシングルのベッドのダブル使いはとても使い勝手が良いでしょう。

例えば、引越しやベッドの移動をする際も、クイーンサイズやキングサイズのベッドですと別料金を取られたり、自分で移動させる際もひとりの力では難しかったりしますよね。

しかしシングルやセミシングルのベッドのダブル使いをしていると、いつでも二つをばらけさせることができるので移動が簡単にできます。

また、シングルサイズの布団セットでそろえると、布団を干す際なども簡単です。

女性でも簡単にできます。

ダブルベッド以上の敷き布団や掛け布団はやはり大きいため、干すのにもかなりの力とスペースが必要になります。

しかしセミシングルベッドやシングルベッドの場合はそれぞれを干せばよいので女性の力でも簡単にお手入れすることができます。

また、セミシングルベッドやシングルベッドは二人が別々になっているのが、見た目的に寂しくて嫌という人には、ベッドをくっつけたものの上にキングやクイーンサイズの布団をしくという方法もあります。

こうすれば、大きいサイズのベッドとして活用することもできます。

また、2人に子どもができたときは、大きくなった子どもにそのベッドを譲り渡して、自分たちは布団で寝るということもできますので便利です。

もしくは、セミシングルベッドやシングルベッドを二つ並べてから、その上からキングやクイーンサイズのベッドカバーをかけてしまうというのも簡単で良いですね。

こうすれば、布団の上げ下げなどの手間もなくなりらくちんでしょう。

こういった使い勝手の良さを考慮すると、シングルベッドまたはセミシングルベッドのダブル使いはとてもオススメです。

ベッドのシーツ、掛け布団カバーはリネン素材がオススメ

ベッドのシーツや掛け布団カバー、枕カバーなどには、リネン(天然麻)素材がオススメです。

リネン素材のいちばんのメリットは「洗ってもすぐに乾く」ということです。

一人暮らしや実家暮らしのときはベッドシーツなどをそこまで頻繁に洗っていなかったというような方であっても、同棲生活をスタートさせるとシーツや掛け布団カバーなどを洗濯する頻度が上がってくるでしょう。

なぜなら、一人で寝ているときよりも2人で寝ているときのほうがどうしても汗の量が増えてしまうからです。

そんなときにベッドシーツなどが乾きにくいととても苦労することになります。

洗い替えを買っておくのも手ですが、せっかくならその日のうちに乾かしたいですよね。

リネン素材は肌さわりもよく、速乾性があるのでとてもオススメです。

ベッド下部分に収納スペースがあるものを選ぶ

同棲生活を始めると、モノの量は二倍になります。

そのため、モノを収納するスペースがなくて、片付けが大変になることが少なくません。

そんなときにベッドの下部分に収納スペースがあると、とても役立ちます。

特に、ダブルベッドやクイーンキングサイズのベッドなどは、それだけでお部屋のスペースをかなり埋めてしまいますよね。

にもかかわらず、その下に収納スペースがないと、かなりのスペースを無駄にしていることになってしまいます。

限られたスペースを有効活用するためにも、.ベッド下部分に収納スペースがあるものを選びましょう。

最適なベッドを選んで快適な同棲生活を

2人での同棲生活を快適に過ごす為にも、自分のライフスタイルを考えた上でのベッド選びは大切です。

睡眠はとても大切なものですので、どちらかの眠りの質が悪いと、ケンカにも発展しかねません。

そうならないためにも自分たちにもっとも合うベストなベッドを選び、快適な生活を送りましょう。

 

    「同棲する時にベストなベッドのサイズや選び方とは?同棲中に快適な睡眠をとるためにはベッド選びが最重要」への感想コメント一覧

  1. 1. なおき2018/05/29(火) 10:47

    同棲してみて1と2は本当に大事だと思います。
    寝返りうてない狭さだと疲れがとれないし、冬なんか掛け布団とられて凍えそうに…
    3だけはスペース問題があって難しい、なにより同棲してるのに別々のベッドはちょっと寂しい気がします。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/11(月) 18:01

    かけ布団を別々にするのには、とても納得しました。
    シングル2つをダブルのマットレスで繋げるのも目から鱗でした。
    費用はかかりますが、後々の利便性を考えると、本当にいいかもしれませんね。

この記事への感想を書く