同世代が苦手・・・上手く付き合っていく方法

最終更新日:2016年1月29日

職場でもプライベートでも、同世代の人達とのかかわりをまったくもたないというのは、なかなか難しいことかもしれません。

でも、そんな同世代に対して苦手意識を持ってしまうという人もいるはずです。

そこで今回は同世代が苦手な時の対処法をご紹介します。

1.様子を見ながら少し距離を置く

同世代に対して苦手意識を持ってしまうと、色々な場で困ってしまうことがあります。

苦手だなと思いながら相手に対して接していると、自分自身もストレスが溜まります。

相手も心のどこかで、あなたの苦手意識を感じ取ってしまうでしょう、そういう時は、同年代の人達の様子を見ながら、少し距離を置くようにしてみましょう。

無理に関わろうとしても楽しくありませんし、苦手だと思っている心の中の気持ちが、思わぬことから相手に伝わってしまうかもしれません。

周りをよく見てみれば、職場の同世代の人達も、いつも皆で仲良くくっついているわけではないかもしれません。

苦手意識がある無しに関係なく、個人行動を好む人もいるでしょう。

職場などでは同世代の人達の様子を見ながら、彼らから浮かない程度に距離を置いてみましょう。

そうすれば、お互いに負担にならないですむ関係を作り出すことができます。

何となく同世代の人達に苦手意識を持ってしまったら、他の人達はどういう風に過ごしているのかということを良く見て、少し彼らから距離を置いてみましょう。

そんな対処法が、時には有効な方法となります。


2.相手の話を聞くようにする

同世代に対して苦手意識を持ってしまった時の対処法に「相手の話を聞くようにする」というものがあります。

苦手意識を持っている人に対しては、誰でもつい逃げ腰になってしまいます。

しかし、苦手だと感じる相手だからこそ、ちゃんと向き合って相手の話を良く聞くようにしてみましょう。

話すということは、実は快感を感じる行動です。

あなたは相手に対して「苦手だな」と思っていても、相手はあなたが話をじっくりと聞いてくれている時、良い気分になっているのです。

こちらが苦手意識を持っていても、相手が好意を持ってくれているような関係を作ることが出来れば、お互い苦手と思っているよりも、接していてはるかに気持ちが良い関係となります。

そうなれば、もしかしてあなたが心に抱えている苦手意識も薄らぐことがあります。

仮に相手が好意を持ってくれなくても、あなたの苦手意識がなくならなくても、会話をスムーズに進めることができます。

つまり、無難な人間関係を作ることができます。

苦手意識を持つ同世代に対して、できるだけ相手の話を聞くようにすることは、相手との関係性を改善するチャンスとなります。

「いやだな」と思って逃げていないで、少しだけ勇気を出して、相手と向き合うようにしてみましょう。


3.あまり接点を持たない

同世代に対して持ってしまった苦手意識が、どうしても消えない場合はどうしたらいいでしょうか。

そういう時の対処法は「あまり接点を持たない」ということです。

できるだけ相手との関係を改善しようと頑張ったりしても、やっぱりしんどい時はありますよね。

そういう時は、もう無理しないで出来るだけ関わり合わないようにするのも、一つの手です。

例えば、ランチの時間を少しずらして一緒に行かないようにしてみるとか、仕事中も私語は慎み、仕事に集中するようにしてみましょう。

ちょっと意識するだけで、関わりの多い同世代といえども、接点を減らすことができます。

その時気を付けたいポイントは「断る時は感じよく」という点です。

ランチに一緒に行かなくても、同世代の人達が出かける時に「行ってっしゃい」と明るく声をかけるようにしましょう。

無駄な会話は控えても、挨拶はちゃんと感じ良くするのが大切です。

あまり接点をもたないようにすれば、同世代が苦手ということを意識しないですみます。

上手に相手をクリアして、ストレスのもとを溜めないようにしましょう。


4.別の世代の人との交流を持つようにする

同世代が苦手というなら、あえて別の世代の人達と交流を持つのも、大切な対処法です。

例えば職場には同世代以外にも色々な年代の人がいるでしょう。

たとえ、人数的には少なくても、そう言う人達と良好なコミュニケーションをとるようにすれば、特に問題はないといえます。

上司や後輩など、職場には色々な人間関係があるはずです。

むしろ同世代でかたまっているより、年代を超えて色々な人達を接することができる方が、コミュニケーション能力が高いと思われます。

普通は共感しやすい同世代でまとまりがちですが、そうなると、他の世代から見て声をかけにくいと思われてしまうデメリットもあります。

同世代が苦手でも、他の人達と接することができれば、特に大きな問題ではありません。

他の世代の人達との交流は、あなたにとってプラスな関係となるはずです。


5.どうして苦手なのか原因を探ってみる

同世代が苦手という人は、どうして苦手なのかということを、一度考えてみるのも良い対処法です。

そうすることで、苦手だと思っていたことがそうでなくなる可能性もあるからです。

もしかしたら、同世代の人達の会話についていけなかったりするのかもしれません。

最近のおしゃれスポットや流行のファッションについて、自分が知らない話題だと、気後れしてしまってうまく話せませんよね。

スマートなコミュニケーションを目指したいと思っているのに、なかなかうまくいかない・・・それが原因で苦手意識を持ってしまったのかもしれません。

その他にも考え方や趣味の違いなどが原因で、気が合わないということは色々あります。

そういう時にどうして苦手なのか考えて、原因を見つけることができれば、もしかしたら苦手と思う気持ちをなくすことができるかもしれません。

苦手意識を同世代に持ってしまったら、どうして苦手と思うのか、それを考えてみましょう。

ひょんなことから、苦手意識がなくなるかもしれませんね。

同世代とも前向きに付き合おう

同世代の人が苦手な時の対処法をご紹介しました。

苦手意識はない方が楽ですが、もしそういう気持ちを持ってしまっても、あまり気にしないのも大切です。

相手とは程よい距離を取りながら、スマートな大人のお付き合いを心がけるようにしましょう。