ドローイングでインナーマッスルを鍛えよう!やり方と効果を解説

ダイエット 自分磨き最終更新日:2015年5月31日

忙しく時間がない、という女性でもできる簡単なエクササイズとして、今、ドローインが人気です。
ドローインとは、呼吸に重点を置いたエクササイズで、ダイエットに非常に効果が高いと言われています。

では、どのようにしてドローイングを行えば良いのか、そして具体的にどのような効果が得られるのかご紹介します。

1.背筋を伸ばした状態であれば、どんな体勢でもできる

ドローイングの魅力は、「どんな体勢でも行うことができる」という点です。
仰向けに寝た状態でも良いですし、立った状態でも座った状態でもできます。

座った時も、椅子に座った状態・胡坐をかいた状態・膝を立てた状態、どれでも構いません。
仰向けに寝た状態・立った状態で行う場合は、足を肩幅くらいに開いて、リラックスすることがポイントです。

但し、1つだけ気をつけたいことは、「姿勢を正す」ということです。
姿勢を正さないままドローイングを行っても、なかなか良い効果に結びつきにくいので注意してください。

2.常にお腹を凹ませた状態でゆっくりと呼吸していく

ドローイングでは、「常にお腹を凹ませた状態で、ゆっくり呼吸する」という点が大切なポイントです。
普通は呼吸する際、「息を吸う時はお腹が膨らみ、息を吐く時はお腹がへこむ」という動きになりますが、ドローイングでは、息を吸う際もお腹を凹ませるのです。
なので、腹式呼吸とは少し違ったものになります。

まず、お腹を凹ませたままゆっくりと息を吸います。
腹式呼吸は一旦忘れ、むしろ、「吸ったものを胸に充満させる」というイメージで行ってください。

そして息を吐く際は、更にお腹を凹ませながら、ゆっくりと吐いていきます。
この時、お尻にも力を入れるようにすると、効果が倍増します。

最初はこの「吸う・吐く」の往復を、15秒くらいかけて行ってください。
慣れてきたら、次は20秒かけて頑張ってみましょう。
最終的には30秒くらいかけれるようになるというのが理想ですが、無理をせずに、地道に行っていきましょう。

3.呼吸をする際は、常に丹田を意識する

呼吸する際は、「ただ吸って吐く」だけでなく、丹田を意識することが大切です。
体の中心である丹田に、吸った呼吸を集めていき、更に、「体の中心から、呼吸が体外に出ていく」というイメージで行います。
丹田にはあらゆる「気」が集まっているため、ここを意識することによって、ドローイングの確かな効果が期待できるのです。

丹田を意識することによって、お腹の部分に適度な圧力がかかり、腹部を鍛えてくれます。

4.腹部のインナーマッスルが鍛えられ、ウエストにくびれができる

ドローイングを行うことによる最も嬉しい効果は、「ウエストにくびれができる」ということです。

ドローイングは、常にお腹を凹ませた状態で行うため、腹部のインナーマッスルが強化されます。
それによってウエスト部分も凹んでいき、くびれができるようになるのです。

ドローイングは、ストイックな腹筋トレーニングとは違うため、「ゴリゴリした男性的な筋肉の付き方」はしないという点が、女性には嬉しいポイントです。
女性の体特有の緩やかなラインをキープしたくびれが、ドローイングによって手に入ります。

5.体幹が鍛えられて、腰痛が減る

ドローイングを続けていると、インナーマッスルが鍛えられ、更には体幹も鍛えられます。
これは、「体を支える力が強化される」ということを意味します。
そのため、腰に無駄な負担をかけることが減っていき、腰痛の悩みが改善されるようになるのです。

腰痛は、体を支える力が不足しているため、腰に負担をかけながら生活していることによって起きるものです。
しかし、ドローイングによってその原因を解決してしまうと、徐々に腰痛の悩み方解放されるようになるのです。

6.ドローイングによって、無意識的にお腹を引き締める習慣ができる

ドローイングは、思いついた時に1~2回行ったからといって、劇的な効果が得られるわけではありません。
しかし続けていくと、嬉しい効果がたくさんついてくるエクササイズでもあります。

長い時間・多い回数を行う必要はないので、少しずつ毎日ドローイングを続けてみましょう。
これによって、無意識的にお腹を引き締めて生活するという習慣が、体に定着していきます。
そうすると、段々太りにくい体ができてくるのです。

ダイエットにドローイングの習慣を取り入れることで、リバウンドしにくい体を作ることもできます。

少しずつであっても続けることによって、確実に体が変わってくるのが、ドローイングの嬉しい効果です。

ドローイングを生活の一部に入れてインナーマッスルを鍛えよう

ドローイングは腹部のインナーマッスルを鍛えてくれるので、ダイエットや健康に大きく貢献してくれます。
又、腹部の真ん中の筋肉はよく使われますが、普段なかなか使うことのない脇腹の筋肉も鍛えることができるので、ドローイングは、腹部にあるあらゆる筋肉をバランス良く鍛えることができます。

1日10分程度行えば良いエクササイズなので、お手軽にできるのも魅力です。
ぜひ生活の一部に取り入れてみてください。

 

    「ドローイングでインナーマッスルを鍛えよう!やり方と効果を解説」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く