笑顔が気持ち悪いと悩む時に最高の笑顔を作る方法

最終更新日:2015年6月8日

悲しいかな、自分の笑顔というものはなかなか自分で見る機会はありません。

そんな自分の笑顔を見る機会があるのが「写真」や「ビデオ」です。

家族や友人と一緒に写った写真を見て、「自分の笑顔が気持ち悪い」と思ってしまったことはありませんか?

今回は、そう思ってしまったことがあるという人へ自分の笑顔が気持ち悪いと思ってしまう時の改善方法をご紹介します。

1.鏡で笑顔の練習をする

まずは「自分の笑顔」を客観的に見てみることから始めてみましょう。

微笑み、中笑い、大笑い、といったように、笑顔に強弱をつけて「自分が可愛く見える笑顔」はどういう感じなのかを見極めます。

チェックポイントは目と口です。

目の大きさがどのくらいあるか、口がどのくらい開いているかにポイントを置いて見てみるとわかりやすいです。

そこで、可愛いと思った笑顔を鏡を見なくても出せるように練習します。

そのうちに、目の角度や口角の上がり方などが感覚で掴めるようになってきます。

「人前で出したい笑顔」が鏡を見なくてもできるようになったら正解です。

自撮りをするなどして客観的に見てみることが大切です。


2.目を大きく見せる”目の運動”をする

「笑顔が気持ち悪い」と感じてしまう理由のひとつとして目の大きさが挙げられます。

一般的に笑うと通常よりも目は細く小さくなってしまうものです。

目がなくなる笑顔ほど可愛いものですが、自分では「気持ち悪い」と感じてしまうこともあるものです。

そんな時は「笑ってもデカ目」をキープできるように目を大きく見せる笑顔を習得しましょう。

そのためにオススメなのが”目の運動”です。

まず目を大きく見開いて3秒間キープ。

それを3回繰り返します。

その後目線を右、左、上、下と3回ずつ繰り返します。

それが終わったら目をクールダウンさせてあげましょう。

冷たいタオルを目の上に乗せて冷やしてあげると効果的です。

この運動をしてあげることによって目の腫れぼったさも解消されます。

3.口角の角度を研究する

自分の顔にまつわるコンプレックスとして「目」に次いで上位を占めるのが「口」です。

「自分の笑顔が気持ち悪い」と思ってしまう理由にも繋がっています。

笑うのに口を開けることで歯が見えてしまうので歯並び、色、歯の治療による金属等などコンプレックスが露出することにもなるからです。

また、笑うことによってできる”エクボ”が嫌だという人も中にはいます。

ほかの人にはチャームポイントに見えるものでも、本人にとってはコンプレックスである場合もあるのです。

それゆえ、笑う時にどのくらい口を開けても良いのか、口角はどのくらい上げても大丈夫なのか、あらかじめ研究しておくことをオススメします。

自分に合った角度を見つけておくと安心です。


4.普段から微笑むようにする

「笑う門には福来る」と言いますが、これはあながち嘘ではありません。

人間は幸せで楽しいから笑うのですが、例えばそうでない時、辛い時悲しい時でも笑顔を絶やさないことで脳は「この人は幸せなのだ」と認識し、アドレナリンが放出され”Happy脳”に導かれていきます。

とはいえ楽しくもないのに大笑いはできませんよね。

微笑みで良いのです。

疲れている時こそ意識的に笑顔を作ってみましょう。

そんなあなたの笑顔を見て、周りの人が手を差し伸べてくれることもあるはずです。

また、人間は真顔の人よりも笑顔の人のほうが親しみやすく好意を持ちやすいので、人間関係も上手くいくようになります。

いつも仏頂面でいる人より笑顔でいる人のほうが話しやすいですよね。

5.最高の笑顔を写真に収める

それでは、自分の可愛い笑顔はどういう顔ですのでしょうか?

この笑顔なら最高に可愛いと思える1枚を写真に収めて、その笑顔を目指す指標を持っていると良いでしょう。

イメージが持ちやすくなるからです。

こういう目の開け方なら笑いジワができない、若く見える等など自分にとってピッタリな「目標の笑顔」を知っておくことでそれに近づけることができます。

鏡で練習をしただけでは忘れてしまうので、いつでも見られるように写真に収めておきましょう。

スマホなどでもOKです。

自分が好きな女性有名人の笑顔を真似てみるのも良いですね。

自分が目指す目標があればそれに近づけることができます。

最高の笑顔が作れるようになろう

以上、今回は自分の笑顔が気持ち悪いと思ってしまう時の改善方法をご紹介しましたが如何でしたか?

たとえ自分では気持ち悪いと思ってしまっても心からの笑顔というものは見る人を幸せにするものです。

作り笑顔で目が笑ってない人よりもクシャっとした笑顔のほうが可愛いものです。

しかし自分ではどう見られているのか気になることもありますよね。

そんな時のために人から見た自分の笑顔がどう見られているのか客観的に知ることで自分自身が安心できます。

そのために一度自分の笑顔を自撮りして、最高の笑顔を作る練習をしてみては如何でしょうか?